今回はこの件、

業界関係者さんのツイートに大崎一万発さんが噛みつきます。



日曜朝のハリーですらこんな老害発言しないのに、どれだけ炎上するのだろう(・∀・)とニヤニヤしながら見ていましたが、反対意見に100人組み手状態で大乱闘をしていました。

ちなみに僕と同じ考えなのがこのツイートであり、

「ライターや来店演者は俺に敬意を払え」というのならまだ解りますが、そうじゃない業界関係者に「自ら割って入った分際で文句言うのは身勝手」と言うのは常軌を逸しています。

発言の真意はこのように述べていますが、

「自ら割って入った分際」という発言が問題の本質である事を認識されてないようです。

しかし、その一方でパチ業界においてネット関係にいち早く種を蒔いて来たのが大崎一万発さんであり(Twitterも僕が始める遥か昔からやっています)、そういった意味では来店演者やライターだけではなく、ネットで活動しているパチスロ関係の人は一定の敬意を持つべきだと考えています。

本題

さてここからが本題。

大崎さんのファン?がこのような暴挙に及びました。

これについては大崎さんがやったかどうかは判断しかねますが、相手(TYPE-XXXX)さんの個人情報を調べて流してないですかね?

つい先日もこういうツイートをされてましたが、

広告取引や銀行取引に直接影響する情報を暴露する事は、社会常識のある人なら絶対にやりません

「ガイド以外の他社を潰す」という信念があるのかもしれませんが、無道Xさんの件もありますし、今回の件も「相手の個人情報は晒していません」と言われても「そうですよね」とはならないです。

僕はブログで何度も「信用の積み重ねが大事」と言っていますが、こういう事を意味します。

番組などで拝見する限り、大崎さんが陰湿な嫌がらせをするとは思えないですが、トラブルになった時は分が悪いです。

それくらいパチンコ業界には陰湿な人が多いというのが問題だと考えています。

大崎さん曰く、匿名でモノを言うのは脱法行為と同類との事で、

その後もTwitter界隈では、匿名での発言の是非が議論されていましたが、

何故匿名で発言しなければいけないのか?

という視点がゴッソリ抜け落ちています。

モラルハザードや触法行為をやっている来店演者の連中、それを使うホール関係者などは正体を名乗っていますが、彼らのアンチは常識人であり、まともな人間なので、嫌がらせをしないだけです。

何故なら、実力行使に出ても個人的なメリットはなく、リスクが大きすぎるので。

その一方で触法行為をやっている連中は既にリスクを取っているので、嫌がらせくらい朝飯前です。

 

僕もこういう事がありました。

1GAMEのてつさんが、僕の本名を知っているのは事実となります(住所までは教えてないですが、違法に調べたようです)。

だてめがねさんは「名誉毀損で訴える」と脅して来ましたが、別に間違った事は言っておらず、上記のツイートを見て危険を感じたので謝罪して身を引いただけです(事実、僕が批判した仮想通貨の取引所のアフィリエイトにも規制が入って終了しています)

1GAMEの批判記事をここ4年くらい書いてないのも、身の危険があるからです。

僕個人だけでなく、家族の身まで危険に晒すわけにはいきません。

そのため1GAMEの批判記事は今後も書かない予定です。

1GAMEのてつさんに聞けば僕の個人情報は解りますが、漏洩は絶対にヤメて下さい。(まずは警察に相談する予定)。

NGT48の事件を見ても解るように、悪意ある個人情報の漏洩は本当恐ろしいです。

 

そういえばブログのコメント欄がよく荒れているパチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋様もこんな事をおっしゃっていました。

「法律遵守などの正論を述べれば、陰湿な嫌がらせを受ける」から匿名で語る業界人の方も多いはずです。

 

匿名が駄目なのは「捨て垢や単発で責任を取らず、妨害工作目的で書き込むから」であり、排除すべきは陰湿な妨害工作となります。

一方で、僕のように同じペンネームで長年一貫した主張を発信している人は実名・顔出しする必要はあるのでしょうか。

もちろん、匿名でも発言の責任は取る必要がありますので、今回の記事に問題があるようでしたら問い合わせ窓口よりご連絡下さい。

「実名・顔出しの方がいい」という意見も否定はしませんが、それならモラルハザードや触法行為をしている連中を排除して、自由に議論できるようパチンコ業界を健全化して下さい






0