競馬関係、パチスロまとめ開設作業、年末進行が忙しく、先週からあまりスロ稼働が出来てませんが、スキあらば打ってみました。

 

感想としては、液晶付きノーマルタイプが不足している現状としてはアリだと思います

筐体が流用なので、ノーマルには珍しく「ミニリールタイプ」です。

そのため、リーチ目ズドンみたいな台ではありません。

無難に「小役重複+プチRT」がメインの仕上がりとなっています。



 

プチRT移行についてはクレアの秘宝伝に似た仕様です。


(画像は一撃様より転載)

 

つまり、「通常リプレイの3ゲーム以内」と「ベルの次ゲーム」に特殊リプレイを引いてもRTには行きません。

その状態でRTに移行すれば、それはボーナス後RTです。

その法則を知っていると少しは楽しんで打てます。

RT抽選滞在の状態が比較的把握しやすいのはいいです。

追記:コメント欄よりご指摘頂きましたが、厳密にはこういう挙動になっているそうです。

パキスタン様より
NGゾーンは上書きがないのでリプベル次ゲームでも種無しRTはありますよ!
リプで3ゲームのNGへ入る➡️2ゲーム目にリプを引くと5ゲームまでNGへではなく3ゲームでNGは終わります

あとレバーオン時に発生する「キュウべぇチャレンジ」がなかなかいいです。

キュウべぇチャレンジ発生時の打ち方と期待度!!中押し1確目が面白い!!(楽スロ様)

ミニリール仕様だから出目軽視かと思いきや、出目でアツくなれる要素もちゃんと用意していました。

駄目な点は

プチRTの演出がまどマギ2で不評だった前兆を流用している点だと思います。

演出で一番重要な部分ですから、しっかり作らないと駄目です。

そこだけでもオリジナルにしておけば、「手抜き台1確」の評価から逃れられます。

液晶が折角タッチパネルなわけですから、プチRT時の演出も色々な事が出来たはずです。

結局まどマギ2の焼き直し台としか評価されないでしょう。

ノーマルタイプとしては十分合格点であるだけに、そこが残念だと感じました。