るきの先生(パチスロガチ侍様)がこんな事をつぶやいていました。



初期の記事を覚えて頂いていてありがとうございますm(_ _)m。
https://metabopro.com/post-2020/

おっしゃる通り、地域選びって収支に直結する一番重要な要素ですが、近年は語られる事が少なくなりました。

これは

・非等価地域が多くなり、気軽に他地域を調査しにくくなった

・パチンコパチスロの先行きが不透明なため、引っ越しする費用と手間を回収できない可能性もある

・設定狙いメインの場合、軍団など集団で戦ったほうが有利なので、単身で引っ越しという選択肢はない

といった理由があると思います。

特に立ち回りの変化は大きいです。

上記の記事を書いた時はまだまだハイエナオンリーで喰える時期でした。

設定狙いの地域差

ハイエナの地域差というのは基本的に拾いやすさの違いです(客レベル・稼働率・リセットが評価基準など)。

台は日本全国一緒ですから、ハイエナしやすい機種があればそれだけで喰えます。

最近Twitter界隈だと「絆の0スルーの狙い」が議論されていますが、

これって、日本全国のバジリスク絆が同じ基盤であるから議論として成り立つわけです。

 

一方で設定狙いだと「店の設定の入れ方」というブラックボックスの部分を考えないといけません

僕は東京が非等価になって以降、都内のホールに入った事がないのでよく解りませんが、朝イチの抽選で引き子に2000円を払ったり、日当10000円で打ち子を雇うのが未だに信じられないです。

2000円で数人引き子を雇っても、必ず狙い台に座れる番号が当たるわけではないはず。

打ち子に打たせる台を取れなかった時も困るはず。

でも実際にそういう人が居る以上、成り立っているのだと思います。

僕は別世界の人間です。

軍団・打ち子・引き子、何それ(・・?という地域に住んでいます。

期待値が見える化さんの調査だと
設定付パチンコで設定6が打てる店「239店舗」を公開【ヴァルヴレイヴW】
僕は一生パチンコの設定6を打つ機会がないでしょう(ヽ´ω`)

サザンの設定Cですら存在しない地域です。

メリハリの設定を入れるより、中間設定を多く混ぜる方が正解だと考えている店も多いので、ボッタクリとは言いません。

しかし、設定6をツモとか都市伝説だったりします。

そんな地域で設定狙いをするなら、後ツモで低設定を一切打たないのが基本です。

中間設定の誤爆を避けるには、ハナビやクレア3など中間設定が存在しない機種が設定狙いの軸(店評価の軸)となります。

 

また、高設定に座っても粘らず余裕で空くので、自分で掘るという発想はNGです。

・確定演出が出ても気が付かずに解らずに席を立つ

・高設定だと解っていても専業じゃ無いので、時間が来たら帰る

の2種類のパターンがあり、
小役カウンターで数えている人ですら後者だったりします。

空いても誰も座らなかったりしますので、ベガ立ちして待つ必要はありません

スマホを構えた時点で高設定確定画面かプレミアフラグかマイスロの取得ですから、それに気がついた時だけコソコソと見に行きます。

 

もちろん、それで飯が喰えるかと言われれば微妙な話です。

少なくともハイエナとの併用は必須であり、実際僕はスロ生活者を引退してアフィカスを名乗っています。

ただ、僕より上手いスロッターなんて沢山居るでしょう。

地方で荒稼ぎしている人もいるはずです。

機種関係の話は全国統一でいいのですが、設定狙いに関してのノウハウは地域差が大きいと思います。

引っ越しで地域変更がやりにくい今だからこそ、日本各地を渡り歩くスロプロ(情報発信者)が居てもいいのかなあと感じました。






0