パチまとめの方でも昨日紹介しましたが、設定付きパチンコは残念ながら釘が付くそうです。




今までのゲージとあまり変わらないようです。

これには「残念」の一言。

はっきり言って「パチンコは完全終了」だと思います。

何のために設定を認可して貰ったの?

違法釘曲げを排除するためでしょうが(´・ω・`)。

4円パチンコが壊滅的な理由って、業界関係者の人は解っていますか?

「打つ価値が無いと誰でも分かる釘調整だから」

その1点に他なりません。

実際、台粗利やホール割はパチスロと比べてトンデモない数字が出ていますよね。

あんなの「遊戯」でも「遊技」でも「賭博」でも何でもなく「搾取」です。

おじいさん・おばあさんですら、それに気が付いているからこそ、ジャグラーのシマに逃げています。

パチスロ稼働の落ち込みが少ないのは5年前・10年前と比べてもボッタクリ度は変わってないからでしょう。

当たり前の話ですが、パチンコをパチスロと同レベルの割(粗利)にしなければ右肩下がりはずっと続きます

メーカーは何をやっているのでしょうか。

釘が無くなっても

ボッタクる方法はまだあります。

クルーン台の傾きで悪さをするのは、ご存知の通り。

いずれ、傾きを遠隔操作出来るシマも登場するでしょう(もうあるかもしれないですが)。

また、球の通り道に付着物やオイルを塗って、勢いを変える方法もあります。

そのため、釘を無くしただけでは問題は解決しません。

でもとりあえず、釘を無くさないと何も始らないでしょう。

メーカーは、釘を排除して台粗利1日5000円以内の台を作るべきですが、「それじゃホールが買ってくれない」と寝言をいいそうです。

ユーザーとしてはパチンコを打たない事で「NO」を突きつけるしかありません。

そういう選択肢が無いのが悲しい状況だと言えます。

追記、画像が違うと連絡がありました。
お詫びして訂正いたしますm(_ _)m。