まとめの方でも紹介しましたが、とあるホール関係者の発言が炎上しています。

結構なモノのいいようです。



この人過去にも問題発言をしていて
一般人が「店長とか誰にでもできるだろ」と煽り、業界人たちが猛反発
ユーザーを見下している発言が多いアカウントです。

ただ、色々と特定出来る情報があったので「何処の店舗の人だろう?」調べてみると、麗都グループの人との情報です。

エリア長さん、スロプロ元気さんのブログの「絆全6じゃないよ」という書き込みに激おこだった模様。


モグ玄さんのブログ(http://mogugen.com/

当たり前の話ですが

一般ユーザーの分析
スロプロ元気さんの分析

該当日の来店取材
真取材:あつごろのレポート

どちらを信用すべきか?
と言えば、一般ユーザーの方に決まっています。

店から金を貰っているにも関わらず「外部の人間」という建前で調査した数字を信じる馬鹿は居るのでしょうか

先日書いた記事の通り、

パチスロライターの来店営業がダメな法的理由

店とサクライター側がやっている事は、景品表示法の優良誤認に該当し、詐欺の要件も十分満たしています。

店はネットにデータを公開している以上、ユーザーがどう解釈しようが自由です。

このエリア長ボスという人は「来店せずに出玉評価するのは客じゃない」と言っていますが、ユーザーはホールデータを見て来店するかどうかを決めています

ホール側からすれば、設定を入れても出ない時は言い訳したくなりますが、下手な言い訳はしない方が賢明です。

 

設定を入れても出ないのは
・ギャンブルである以上、たまたまである
・解析(機械割)情報が詐称
のどちらかとなります。

このご時世、設定6だろうが、解析がデタラメなら出ませんから、差枚情報が全てです。

設定を入れても出なかったら、翌日か次のイベントで出せばいいだけ。

 

でも、イベントで出す店が優良店ではありません。

設定を入れても情報がサクライター側に漏れていて、一般客じゃない人が打っている可能性も十分あります

実際パチスロライター動画で怪しい入場しているケースは沢山あるわけです。

 

パチ屋も商売なのですから回収がデフォルトなのは当たり前の話。

回収日が続いても、翌日以降に期待が持てるのが優良店です。

「ヤラセの取材データを見て来店して下さい」とか平気で言っちゃう店は早く潰れた方がいいと思います。

 

僕は普段から言っていますが、
「全国全店舗、同一基準で差枚を分かりやすく公開」
というギャンブルの胴元として当たり前の事が出来ない限り、パチ業界の復興はありません。

逆にそれを理解出来ないホール関係者は、とっとと退場を願う次第です。

追記:御本人様から「別のグループの人」コメント頂きました。






0