「萌豚星矢SP」と揶揄されるリゼロを、ガチ豚が打って参りました(´・ω・`)。

僕は見た目こそ萌え豚ですが、小説・漫画・アニメは全く見ません。

そのためコンテンツについてはどうこう言いませんが、星矢SPと同様に天井まで金を突っ込む作業となります。

純増8枚の「ゼロカラッシュ」については
うっひょ~(*´ω`*)
の一言です。

4号機の記憶が殆ど無い、僕には新鮮でした。



ラッシュの初当たりまで平均2時間くらいかかって、そのラッシュは僅か数分で終わります

これを打ち手がどう捉えるかと言えば「アリ」だと感じました。

僕は競馬が本業ですが、1つのレースの予想に1時間~1時間半かけています。

ブログで予想記事を書けば合計で3時間です。

でもレースは僅か1分や2分で終わります。

それでも楽しいので、20年くらい競馬をやっているわけ。

通常時はポイントを貯めて「CZ白鯨攻略戦を有利に戦う」という仕様で、天井までハマる事を意識した作りとなっています。

777Gの周期抽選みたいな感じです。

その一方で、ゼロカラッシュには「アツい部分が凝縮されている」という説得力があります。

こういうメリハリのある作りは評価したいです。

でもこの台は流行らないよ

しかし、ゼロカラッシュには致命的な欠点が存在します。

週の頭にこういうツイートをしましたが、

そのアンサーがコレ。

リゼロ、200ゲーム以内は殆ど当選しない?!(追記もあります)

コメント欄に頂いているように、短期出玉規制(400Gで220%)を回避するためにこういう作りになっています。

大まかに説明すると

・出玉を放出は最大でも150G~200Gくらいまで
・ラッシュの前後の200Gくらいは必ず通常ゲーム

こうする事により純増8枚で出続けても短期出玉規制に引っかかりません(実際は1/200000のフリーズなどで、2400枚取れる事もあります)。

言い換えれば、Hey鏡や蒼天やエヴァのような引き戻し区間を200Gに設定する事で保通協の試験を通しています。

ただしその引き戻し区間は「引き戻せるとは言ってない(期待値はない)」わけで、この情報が知れ渡ると稼働は落ち込むでしょう。

中古価格は100万を突破して、大都技研は強気ですが、

REゼロ、再販分も抱き合わせ台の購入が必要

大都技研「リゼロ中古転売したら増産分は売らない」

大丈夫でしょうか?

設定丸わかり仕様

1~200G区間がほぼ無抽選でも、設定に期待が出来るのなら回す人が居ると思います。

しかし、高設定は低設定と明確に挙動が違う仕様です。

具体的には星矢SPと同様に、高設定はCZ当選比率以上にラッシュへ入り、その分だけ期待獲得枚数も少なくなっています。

 

また、設定6の実質的な割は
Re:ゼロのホール出玉率データ

108%くらいとの事。

こういう作りになるのも理由があるようです。

つまり荒波仕様で高い機械割の台を申請すると、一定確率で保通協から雷が落ちるわけ。

「AT機の高設定は穏やかな仕様にする必要がある」事がユーザーに浸透すれば、低設定がより回されなくなるでしょう。

そういった感じで、リゼロに関しては一定の評価をしたいものの、6号機の発展に関して色々と課題が見えた1台となりました。






0