今回紹介するのは「2-9伝説」様の

「AT初当たり1回あたりの期待値を出す」

パチスロで本当に勝っている人は「他の打ち手に差をつける要素」を探しています。

この方はそれだけではなく
「他のギャンブルやブログ運営との兼ね合いバランス」
が外から見て素晴らしいです。

他のギャンブル種目を経験している人は「2-9伝説様から学ぶべき事はパチスロの立ち回り技術だけじゃない」という事に気づくと思います。

----------sponsored link----------

今回の記事はハイエナのシミュレートを雑誌に掲載されるよりも早く知るために必要な考え方です。
ところが1箇所訂正すべき箇所があります。本文を見てみましょう。

「1000円32回転、AT初当たり1/200、機械割95%」
という条件だけで計算すると。

AT1回あたりの平均投資が
32/200=6.25 6250円(おそらく200/32の間違いだと思います)

機械割が95%なんで
6250×0.95=5937.5=296.875枚

どこが間違っているか普通の人は解らないと思いますが、機械割95%というのは少し意味合いが違うのです。機械割(ペイアウト)というのは

「払い戻した枚数÷機械に入れた枚数」

で計算されます。

例えば5000回レバーを叩いた場合、入れた枚数は5000×3枚です。
ゆえにその場合の機械割(ペイアウト)は「払い戻した枚数/15000枚」という計算になります。

ところがここで一つ数字のマジックが存在します。上記の式は初当たりを引くと1ゲームも回さずに獲得枚数が払い戻される時の計算方法です。

ART機、AT機は平均100回転以上させて払い戻します。実はその最中のリプレイを3枚投入、3枚払い戻しと計算するのです。

といってもサッパリ解らない(文章が下手なので伝わらない)でしょうから実際にAT一回あたりの獲得枚数を正しく計算してみましょう。

例題に近い条件として攻殻機動隊を取りあげます。
解析は下のサイトを参照にします

攻殻機動隊解析

コイン持ちを1000円あたり30ゲームだと仮定すると、先述の計算式なら

206.8/30=6.89

6.89×0.971=6.69K

つまり攻殻機動隊のAT一回あたりの期待獲得枚数は6.69k×50枚で334枚となります。

が、重ねていいますが、この計算は間違いです。

攻殻機動隊の場合は機械割がほぼ100%である設定3を参照すれば簡単に計算が出来ます。まず設定3の場合

192.9/30=6.43で、初当たりまで6.43×50枚投資が必要になります。

それでペイアウトが100.5%ですから6.43×50枚×100.5=323.1枚が期待獲得枚数です。

設定1は設定3よりセット数の抽選が僅かに冷遇されていますので、設定1の獲得枚数はおそらく320枚くらいになるはずです。

この差はどこから生まれるのでしょうか。実は攻殻機動隊の設定1のペイアウトを0.971と捉えるのが間違いなのです。設定1と設定3の当たる確率を比べてみると

192.9/206.8=93.27

単純計算で93%の払い戻ししか受けられません。

機械割りと乖離したとても低い数値のように見えますが、リプレイを3枚投入3枚獲得と数えればメーカーの公式発表通り97%払い戻された事になります。検定では0枚投入の0枚獲得と算出するのですが、メーカー側は嘘を世間様に公表しても何らペナルティは無いですので。

これが数字のマジックの正体です。3枚投入3枚獲得で機械割を算出するのは攻殻機動隊のサギーだけでなく、どこのメーカーもそうしています。

このようにAT機やART機の獲得期待枚数の計算は

設定1で初当たり一回にかかる投資枚数×(0.90程度)

になります。自分で期待収支を概算する人はご注意下さい。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。