今回はシバターさんが元スロパチステーションのなぎささんに苦言を呈した件。

シバターさんが語る経緯

・スロパチのなぎささんがシバターさんの所に入る予定だった

・ただスロパチステーションさんとの契約が来年5月まである

・もっと早く使いたいのでスロパチステーションさんに話すと「契約期間内は使わないで欲しい」



・その「契約書有効ですか?」と弁護士を通じて話すも、なぎささんは「迷惑をかけたので5月までは活動しない」意向なので5月まで待つ事に決定

・ところが、なぎささんからシバターさんの所ではやりませんとの連絡が

・シバターさん側としては来年5月からの来店もスケジューリングして、カメラマンも雇おうと準備していた。5月まではなぎささんにWEBでコラムを書いて貰おうとWEBを改装する予定だった(作業が遅れていて出来てない)。
こちらは大きな損害。
社会人としての最低限のマナーをまもって欲しい。

 

それに対してなぎささんの反論。

それに対してシバターさんが下記の内容を投稿した直後にツイッターのアカウントが凍結します。

その後インスタで、


兎味ペロリナさんの所でやる予定と暴露します。

動画を見た第一印象

シバターさんは話をかなり盛っているよね?
と感じたので、まとめ記事にはしませんでした。

契約書の有効性を突いた点は「とある仮面さんの件」の時に話した通り正しい対応ですが、契約が有効だったかどうかは結局解りません。

触れない所を見ると契約問題の解消がシバターさんのチャンネルに入る条件だった可能性もあります。

それとシバターさんは
「来年5月からの来店もスケジューリングして、カメラマンも雇おうと準備していた。5月まではなぎささんにWEBでコラムを書いて貰おうとWEBを改装する予定だった。」
と言っていますが、後出しの嘘にしか見えません。

広告規制も日々強化され、サクライターさんの予定も変わりまくっているのに、今から8ヶ月後の正式な段取りなんかしますかね?

逆を言えば、
来年5月からシバターさんのチャンネルで活動再開を発表して、既にWEBコラムを書いていれば、「なぎささんが悪い」と言えますが、まだ何も発表してない状態です。

後出ししていいなら、いくらでも盛れます

シバターさんが証拠として出すモノは、あのスクショだけですから、お察しです。

下交渉・内定を蹴られたくらいで誹謗中傷しているわけですから、スロパチステーションさんよりも悪質だと言えます。

挙げ句の果てには、「なぎさちゃんを潰すのが目的ではない」と矛盾した事を呟いているわけです。

シバターさんの動画を見て、その発言を信用する人が居る事に驚きました。

そもそも専属契約って必要ないよね

広告代理店と専属契約が無ければ、来店営業は不可能というわけでありません。

発注する店側からすれば、
・演者が来る事により集客が出来るから金を払って呼ぶ
・動画をyoutubeにUPすれば集客出来るから金を払って呼ぶ
・代理店の看板で集客出来るから金を払って呼ぶ
色々あると思います。

 

パチスロ動画演者さんでも代理店の看板が無ければ何も価値がない人と、自分の名前で活動出来る人とピンキリです。

相手がどのレベルであるか考えて交渉しないと、話はまとまらないでしょう。

シバターさんはそこを見誤ったように見えます。

 

別に契約書なんかいちいち結ばなくても
「2019年◯月◯日に◯◯店の営業をお願いします」
といった具体的な依頼を出して、了承を得ていれば法的に有効です。

他のチャンネルに所属するとなっても、その仕事だけはやってもらうようゴネれます。

 

シバターさんは「束縛したくないから契約書を残さなかった」と言っていますが、なら半年以上前に内定をキャンセルされたくらいでゴタゴタ抜かすのはおかしいです。

今回の件に関してはなぎささんにも非があると思いますが、一方的に悪いかと言えばそうは見えません。






0