今回はこの件、
【朗報】2月のホールの売上高が前年比106%

ググって調べるとこんな表も出てきました。

経済産業省 特定サービス産業動態統計

出典:https://jp.gdfreak.com/

6%増というのは、「昨年の2月が酷かっただけ」という見方も出来ますが、来店取材イベントが各所で強化された2018年下半期以降は概ね下げ止まって前年比プラスとなっています

「イベントが規制されたら業界が終わる」とか言っていた演者さん、息をしてますか(・∀・)



もちろん、イベントやっていたホールの稼働は下がったはずですが、地域全体で見ると横ばいになるのは自然だと思います。

何故なら、煽りイベントが無くなったのを理由にパチンコ・パチスロから足を洗う人は殆どいないからです。

ヤメていった人は

寧ろ来店取材イベントに行っても勝てなかったから足を洗ったケースの方が多いのではないでしょうか。

来店イベントに行ったら、「サクライターの指定台」、「軍団がやりたい放題」と不快な思いをする事もあるわけです。

それで負けてしまったら、やってられません。

また、こういうツイートも見ました。

おっしゃる通りだと思います。

法律を犯した上で、パチスロファンに迷惑までかけている事を、演者さんやその信者の方々は解っているのでしょうか。

 

僕は別に演者が駄目だとは言っていません。

いつも言っているように、店の許可だけ得て動画を撮影し、youtubeで広告収入を稼ぎつつ、グッズを売るのは何の問題もないわけですから。

「店から金を貰った上で実戦するのは詐欺の要件を満たすので駄目」だと言っているだけです。

一方で、1プレイヤーとしてパチスロ動画をやっているyoutuberさんには、今後も「パチスロ業界を盛り上げる」ために頑張って欲しいと思います。






0