ファイナルファンタジー「ブレイブエクスヴィアス」というソーシャルゲームが大炎上しています。
【悲報】スクエニのソシャゲ、身内に最強アイテムをこっそり送るつもりがユーザー全員に送ってしまい炎上wwwwwwwwww

 

このゲームの放送に出演する演者さんに裏で極秘にレアアイテムを送るつもりが、ユーザー全員に配布してしまいました

 

ソシャゲ放送の演者さんというのは主にyoutuberであり、運営側ではありません。



 

youtuberは自分で金を払ってガチャを回している「立ち位置」となっています。

あくまでyoutuberはユーザー側です。

 

何かどっかの業界でよく見る手法ですよね(*´∀`*)。

つまり、今回の事件をパチスロで分かりやすく例えると、

「サクライターに打ってもらう台番指定メールを、うっかり店のメール会員さん全員に送ってしまった」
の一言で通じると思います。

スクエニの対応

緊急メンテナンスでゲームを停止して、ユーザーからは当然アイテムを回収しました。

そして、運営側の言い訳がまた酷いです。

 

 

「ユーザー側を装った演者に配った」のではなく、「TVCM撮影用」と言い訳しています。

しかし、このゲームは武器を装備してもグラフィックに影響しないそうですwww。

最強の装備を渡して、何を撮影するのでしょうか。

そもそも、CM撮影用アカウントなら開発チーム内で出回るものであって、「ご確認下さい」という書き方にはならないと思います。

 

パチ業界も酷いですが、下には下が居る事を知りました。

今後ユーザー側がどういう対応に出るのか楽しみです。

世界的なガチャ規制

ガチャ(ルートボックス)に課金するゲームへの規制が世界的に議論されています。

ルートボックス騒動の各国動向まとめ。射幸性ビジネスを巡る論争が行き着く先は自主規制か、あるいは法的規制か

 

考え方は世界各国でバラバラです。

「人気ゲーム」も「賭博に対する理解」も国によって違うので、結論が異なるのは当然だと思います。

ただ、世界的な議論になっている以上、日本も更なる規制は避けられないでしょう。

日本の場合は課金を促しやすい「コンプリートガチャ」は既に規制されているものの、ガチャの中身はユニバのパチスロ台と同様にやりたい放題です。

ユーザー毎にガチャの確率を変えるのは朝飯前だと思います。

今回のような課金を煽るための「優良誤認放送」を行っているのも、FFだけではないはずです。



パチ業界が出来ること

以前こういう記事を書きました。

パチスロ市場がスマホゲームに食われている本当の理由

スマホゲーとパチスロというのは本来共存出来るものですから、「ユーザーを奪っている」という認識は間違いです。

正しくは
「パチスロに使う予定のお金を、スマホゲーに前もって押さえられている」
となります。

キャリア(携帯会社)決済やクレジットカード課金の影響は想像以上に大きいです。

実際この記事を書いた後に、ZOZOTOWNのツケ払いというのが始まり、2ヶ月先の収入まで押さえにかかります。

そして支払えなくなった人が続出し、問題となっていました。

パチ業界はギャンブル依存症で叩かれていますが、スマホゲーの重課金者だって立派な依存症です。

パチ業界側はそこの部分を上手くアピール(ステマ)すべきだと思います。

ガチャゲーのキャリア(携帯会社)決済・クレジットカード課金を徹底攻撃すべきです。

プリペイドカード決済のみにすれば、ガチャゲーは健全化するでしょうし、パチ業界にも恩恵が大きいでしょう。






0