本日、まとめの方でこういう記事を紹介しました。
麻雀物語と麻雀格闘倶楽部の口喧嘩ワロタwww
面白い動画だと思います。
知ったのはこういうツイートを見たからです。
 



topbuzz

まとめのライブドア側の広告でよく出ているので、僕もよく目にします(現在はtopbuzzからBuzzVideoに改名)。

調べてみると、中国系のアプリで動画を投稿すればお金を貰えるというシステムです。

「youtubeの人気動画を転載して稼ぎましょう」とゴミカスアフィリエイターが煽っています。

著作権侵害の審査が(意図的に?)ユルユルなので、漫画村みたいな状態になっているわけです。

「投稿者が勝手に転載しています」といった形で、運営元は悪くないという立ち位置となります。

グーグル(youtube)側がブチギレそうな案件ではありますが、youtubeもまた全く同じようや立ち位置です。

コピペパクリ動画の宝庫となっています。

そのため、強弁姿勢を取るとブーメランが突き刺さる可能性もあります。

 

実際にアプリをDLしてみましたが、パチスロ動画が多数転載されていました。

投稿者が出来ること

10年ほど前でしたか、「ニコ動⇔youtube」の転載が盛んだった頃も同じような事が起きていました。

著作権侵害申請を出しても、なかなか通りません。

何故なら運営からすれば抗議申請した人がホンモノの著作者なのか断定出来ないので。

例えばyoutubeに投稿された動画の著作権は投稿者にあるわけですが、youtubeのページを見ただけではその投稿者の身元がはっきりしません

第3者から見てyoutubeの投稿者と著作権侵害申請者が一致させる必要があります。

 

一番確実なのはtopbuzzにクリエイター登録して、自分で投稿する事だと思います(youtubeアカウントとの連携が可能みたいです)。

もっと言えば、独自ドメインで公式HPを立ち上げて、投稿先にリンクを貼るのが理想となります。

僕の場合はここが公式ホームページであり、まとめやTwitterが外部連携サイトという形です。

コピペ対策というのは色々大変だと思います。

しかし、オリジナルのコンテンツを発信出来る人が一番上に立つのは10年後も100年後も変わらないでしょう。

今回紹介したインパロンさんが、今後もっと評価される事を祈りたいです。

ブログもやっているそうで

ギャンブルをもっと楽しくするインパロン

過去記事見てみると、「競馬にも手を出してみたい」と書いてあります。

競馬動画の世界は、パチスロに比べてレベルが滅茶苦茶低いですから来ればいいです。

僕自身も競馬まとめサイトが落ち着き次第、競馬動画をやる予定。

競馬界への受け入れ体勢は色々と準備していますので、才能ある人には競馬界にどんどん参入して欲しいと思います。