何度かお話していますが、メタボ教授はお引っ越し中です。
専業の収支というのは腕も大事ですが、住む場所によっても大きく変わってきます。
4月以降厳しいと思われた方は引っ越しを検討してみて下さい。

前回がお部屋選びに失敗したので、今回はそれがないように十分注意しました。

前回失敗した理由

それはズバリ

無職

----------sponsored link----------


だった事です。

親元を独り立ちして4回目の引っ越しだったのですが、それまでの3回は学生(研究生)や社会人という肩書がありました。
初めて「履歴書空白状態の無職」という身分で行ったのですが、現実を全く知りませんでした。

不動産屋から
その身分じゃレオパレスしか貸してくれない
と非情通告。

結局その不動産屋が紹介してくれるレオパレス物件の中から選びました。
自分が気に入った地域から約15分も離れた場所に住むことになったのです。

後から知ったのはレオパレスが街の不動産屋に仲介料を払ってまで埋めようとする物件は当然不良物件。
だからレオパレスの支店に直接行けば、まだ他の選択肢があったようです。

新たな問題が

そんなこんなでレオパレスと契約したのですが、問題になったのはレオパレスが家具家電付きだということです。
自分は今ある家電を宅配便で新居に送るつもりだったのですが、一転処分しなくてはいけなくなりました。

粗大ごみ回収センターに電話すると
「それでは回収日の朝までに道路沿いに出しておいて下さいねJ( ‘ー`)し」

そう、粗大ごみの回収は自分で外に出さないといけません。家電宅配便で引っ越しするなら部屋の中まで回収しに来てくれますのでそこが違います。

泣きながら一人で洗濯機や冷蔵庫などを運び出しました。

住めば都なんですが

レオパレス伝説は色々聞きますが、壁が薄くて他人の生活音が聞こえる事はほとんどなかったです。
ただ両隣に借金の取立てが来ることがありました。

それも夜中にやってきます。
取立ての輩の声だけは何故かよく響きます。
借りてるのはメタボ教授じゃないですよお(´;ω;`)。

安眠妨害なので文句を言いに行こうかとも思いましたが、もしものための武器がありません。
メタボ教授は普段外食か半額惣菜なので包丁すら持っていません。

新しい部屋選び

スロ稼働の状況も悪くなり、違約金が発生しない1年経過を待って引っ越しを決意します。

メタボ教授の現在はやはり無職です(´・ω・`)。
レオパレスくらいしか貸してくれるところはありません。

ところが相互リンク先のパチスロガチ侍様の新居はUPされてた写真を拝見する限り1流の社会人が住むような物件でした。
「審査どうやって通しました?」を聞いてみたら通帳の残高を提出して家賃保証会社をつければレオパレス以外でも何とかそうです。

そこで自分も無職で家賃保証会社が使えそうにな不動産会社が何処か検索しました。
なるほど、案外あるようです。

でもここで一つ気付いた事があります。
家具家電がついてねえええええ(当たり前)。

レオパレスから他に引っ越す場合は一から家具家電を買いなおさなければいけません。
1年前に処分した洗濯機と冷蔵庫とTVを返してぇ(´;ω;`)ウッ…。

近い将来

少なくとももう一回消費税UPがやってくるわけです。
以前紹介したレートアップの普及状況も地域によって大きく違うはず。

マルハンは「外税トライアル」と呼んでいますが、他のチェーン店でも徐々に広まっているようです。
これらの事から状況が大きく変わって再引っ越しもありえると思います。

自分の場合、1年前に十分使える状態で処分した家電を再び買い直す気力は流石にありませんでした。
究極の選択肢である「実家に帰る」という可能性を考えてもレオパレスの軍門に再び下ります。

今日のまとめ

メタボ教授と同じような失敗をしないために

・仕事をヤメる前に次の引っ越し先を検討して、もし引っ越しするなら先に押さえておいた方がいい

・無職ならネットで検索して具体的なアパートを探すより、貸してもらえそうな不動産会社を探して店舗に行って聞く方が効率的。

・1年後・2年後に状況が大きく変わる可能性があるので、荷物は最小限に

といった事をオススメします。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----