パチスロの年末年始はヤバそうですね

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

パチンコ違法機の撤去期限が迫っているので当然と言えば当然ですが、これから年末にかけてパチスロの新台にめぼしいものが無いです。

今週も何軒かの店のバラに凪のあすからが導入されただけ・・・

打ってみたいのですが、スランプグラフが死んでて「無駄に金を捨てたくない」という思いからまだ手が出ていません。

今年のビッグタイトルは月末に出るバジリスク3が残るだけ。

----------sponsored link----------


もちろん導入初日から打ちに行くつもりですが、問題は同じ日にパチスロ火曜サスペンス劇場が入ることです。

並び順の店で朝イチ先頭を確保する予定ですが、バジ3じゃなく火サスのシマに向かうデブを見たらそれはメタボ教授なので、そっとしておいて下さい。

12月に入ると「ハルヒ」と「犬夜叉」といった有名アニメタイアップ台が出るものの、パチスロとしては未知数となります。

個人的には麻雀格闘倶楽部2やドリスタの続編に期待していますが、バラで導入されるかどうかも怪しいです。

1月になるとシスクエ・エウレカ・モンハン・弱虫ペダルと出てくるので、それなりに盛り上がるはずですが、今月末のバジリスク3がコケると年末年始はお通夜状態になると思います。

理解に苦しむ話

話は少し変わりますが、先日こういう記事を見ました。

WEBグリンベルト様より転載

検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の速やかな回収撤去に向けて、全日遊連が日電協に対し、回収対象遊技機をパチスロ機に入れ替える場合の値引き等の優遇措置を要請していたところ、これまでにパチスロ機メーカー2社から協力の意向が示されていることが分かった。

全日遊連によると、新台の値引き等で撤去協力する意向を示しているのは、山佐とネット。両社とも回収対象遊技機の撤去に伴い、自社パチスロ機を設置した場合が条件。12月末までの納品案件が対象となる。

パチンコ違法機撤去してスロのシマに入れ替えるなら、そこに入れる新台購入費用をお値引きしますよ~といった話です。

これは要請する全日遊連がアホだと思います。

スロットの5.5号機の新台を買うお金があるなら、パチの適法機を買うに決まっていますよね。

パチのシマを潰す意味が解りません。

もちろん、「新台を買うお金が無い」ホールは沢山あるでしょう。

今あるMAX機を中古のミドルに置き換えようにも、来年には「昔のミドルも違法機だ」と言い出す可能性があります。

そのため、「当面安心して使えるパチスロの中古台に入れ替えよう」と考える店も出て来るはずです。

そういった店の負担を軽減するために、
コインサンドやメダル計測器を作るメーカー、中古販売業者に特別値引きをお願いするのが普通だと思います。

更にお金が無いホールのために、ベニア業者にもお願いしておいた方がいいでしょう。

 

メーカーに要請すべきはパチンコ違法機の製造責任だけであり、山佐やNETのようなスロットメーカーに何かをして貰うのは違うと思います。

-----sponsored link-----



スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ 個人ブログ

----------sponsored link----------

12 Responses to “パチスロの年末年始はヤバそうですね”

  1. まさ★ より:

    ども、まさ★です。
    業界として全体が連携して変わらないと無理でしょうね。
    川上のメーカーだけが暴利を貪り川下のユーザーに来る頃にはカラッカラの砂漠ですからね。メーカーの出荷に対する規制、例えば台単価規制とか…なんかやらなきゃもう無理ですね…

    3+
    • メタボ教授 より:

      本来はお客であるユーザーや小売であるホールの意向が反映してするのが普通だと思いますが、本当残念な業界ですよね。
      まあ5.9号機でスロットは本格終了するはずなので、ホールやメーカーやスロメディアがバッタバッタ倒れて、それからだと思っています。

      0
  2. 以前にも書いた事がありますが、この業界の上の人間はダメ人間ばかりです。
    既得権を手放したくない連中ばかり!
    まさに日本の政治家と同じ。

    業界の未来を考えるなら、全日も日工組も日電協も全ての団体の上の人間を全て変えた方が良い。

    どの様な方法で徴収するか?は議論が必要ですが、パチンコ税は業界側から率先して政府に対して導入を進言するべきだと思います。

    ※以下はあくまでも仮です。
     交換時の手数料式のパチンコ税を進めている訳ではありません。

    仮に交換時の手数料1%を税金として納めるとしても、1店舗で最低でも1日に1万円程度の金額にはなるでしょう。
    全国の店舗数が約12000件なので、1日の税金が120,000,000。
    年間で、43,800,000,000ですよ。
    しかも最低でもこれくらいになります。
    恐らく1兆円くらいにはなると予想出来ますので、これを餌に合法化を迫る。
    というか仮に交換時の手数料でのパチンコ税導入であれば、既に換金を認めた事になるので、その時点で既に合法化です。

    業界の将来を考えるなら、これくらいやらないといけません。

    あっ!本題の機械ですが、恐らく期待出来るのは、麻雀格闘倶楽部2と、ソフトオンデマンドくらいですw

    0
    • メタボ教授 より:

      合法化云々というのはカジノ法案で出てくる話なので、また法案に進展があれば改めて記事にするつもりなので読んでやって下さい(・∀・)。
      ただ2ヶ月ほど前あれほど色んなスロットサイトで「カジノ法案の審議入り」と騒いでいたのに、何も進展がありません。
      いつもの事なのでこのブログでは取り上げませんでしたが、また近い将来進展はあると思います。

      それと、確かに年末年始の一番の期待はパチンコのソフトオンデマンドとなりそうです。
      僕も大いに期待しています。
      正月の帰省時に両親と一緒にパチンコを打ちに行きますが、何も知らない両親が誤って座らないか、それだけが心配です。

      1+
      • >正月の帰省時に両親と一緒にパチンコを打ちに行きますが、何も知らない両親が誤って座らないか、それだけが心配です。

        何も知らなくても、引き付けられるように座ったなら、それは「血」だと思います(笑)
        メタボ教授の親御さんですから

        0
        • メタボ教授 より:

          調べてみると火サスのパチンコも出るそうなので、そちらの方に座る事を祈ります^^;。

          1+
  3. 匿名 より:

    設定2メインのaタイプある店があればきちんと攻略して打つのでなんとかなります。
    aタイプの合間にハイエナ(ボーダー高め
    でやっとりますので。

    兼業でも月10
    時給換算で2000は行くのがもう一年続いとるから多分大丈夫じゃろ。

    このまま穏やかな台が増えて欲しいわ

    1+
    • メタボ教授 より:

      間違っても「会社辞めて専業なら30万~40万稼げる」なんて考えないで下さいね(^o^)。

      1+
  4. 末期の名無しさん より:

    きつめのコメントになりますが、
    山佐にしろネットにしろ便乗して売り込みしてるようにしか見えませんね
    ネットは多少導入されても2ヶ月以内に低貸しか撤去、山佐はキンパルが多少入った位で後は殆ど導入すらされてません
    そうなってるのは明らかに店に導入費用が無いのとは別の問題だと思いますよ

    後、山佐はキンパルの通常ストック確率と設定変更されたらストックがどうなるのかを公表しなさい
    いつまで打ち手を騙すような機械を作るんですか

    0
    • メタボ教授 より:

      まあ単なる在庫処分の売り込みにしか見えないので売れないでしょうね(・∀・)。

      キンパルのストック・・・。
      ツチノコか何かでしょうか。
      導入当初は勝手に1/2000くらいだろと思っていましたが、全く見なくなりました。

      1+
  5. 匿名 より:

    教授!
    スロットの12月撤去の話はどうなってるのでしょうか?
    結局立ち消えなんですか?
    絆だけ大丈夫になったとか、話が迷走していてわかりません!
    教えてください!

    0
    • メタボ教授 より:

      そういえば他所では「スロットの12月撤去」という記事も見ましたね。
      おそらく全くのデタラメなので、このブログでは取り上げませんでした。
      過去記事で書いたとおり、12月までに「高射幸性のスロットは50%以下」というホール目標はあります。
      とは言ってもクリアしていない店をこちらの地域では見ません。
      来年12月の目標である30%をクリアしている店も多いです。
      それだけ、ジャグラーが偉大であり、撤去目標なんて大した事が無い数字だと思います。

      1+

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ