今回紹介する記事はパチンコスロット勝ち組への道様の

山佐が今度はタイムクロス2やキン肉マン3をレンタルプランで出すようです

という記事です。

今回はすでに通常の新台販売で導入済みの3機種、「タイムクロス2」「キン肉マン3」「ウィッチマスター」の3機種の中から自由な組み合わせで合計3台以上からレンタルできます。

レンタル開始は8月21日からです。

通常の新台販売で購入したホールとはタイムラグがありますが、それにしても1ヶ月40000円/台で設置できるというのはホールにとって非常にありがたいことです。

(中略)

今回の3機種は新台としての販売台数はどれも伸びていません。現状で山佐の機種は稼動実績が少ないので、実は出来のいい新台を作ってもほとんど売れないという現象に陥ります。タイムクロス2とかはそこそこ稼動も良好ですし、もうちょっと売れても良かったと思いますがね…。

そこでメーカーの実績と信頼を回復するために、まずは導入店舗を増やすことを最優先とした販売方法をとったということでしょうね。

でもこれをやっちゃうと、「どうせ後からレンタルが出るんでしょ」と思って余計に新台は売れなくなることも考えられますね。いっそのこと山佐はレンタル専門のメーカーとして頑張ってもらいたいですねww

レンタルプランは寿命の短い機種にとってはホールのメリットが多いですが、各メーカーがレンタルをやり始めて、すべての新台がレンタルになのことは困ります。500台設置ホール全台が1ヶ月40000円/台のレンタルだったら総額2千万円の機械代が毎月かかりますからね。そんな金額は払い切れませんww

やはり寿命の長い機種というのはホールにとっての最高の財産になるということですね。

確かに導入してもらう事を優先するのはアリだと思います。

タイムクロスもキン肉マンもウイッチマスターズも人気の旧内規スロットを押しのけてまで設置するような台ではありませんが、他メーカーの新台よりかは出来がいいです。



入ってない店も沢山あったので、その穴埋め戦略として山佐は考えたのでしょう。

新台好きの反応はどうなるか

「新台だから設定が入っている」と考えている客層は少なからず居ます。

先日書いた記事(ハイパーリノ初打ち感想)に

既に客が飛んでるというより、初日から座ってませんよw

というコメントを頂きましたが、本当その通りで、設定の無い台は新台好きも座りませんよね。

最近は新台でもベタピンで運用する店が増えたからか、そういう層ですら見切りを付け始めました(新台が代わり映えしないどころか、年々手抜きが目立っているという理由もあると思いますが。)

レンタルで導入してもおそらくベタピン放置だと思います。

ベタピン放置店のタイムクロスの差枚を見ると打てたモノではありませんが、それでも設定を使うことはないでしょう。

それで7-9月の駆け込み手抜き新台とどれだけ渡り合えるか?注目してみたいと思います。






1+