にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

先日こういう記事を見ました。

遊戯通信WEB様より引用

ジョイコシステムズとパチンコビレッジ、さらに最新のIT技術を用いた広告配信システムを開発するフリークアウトの3社は10月1日、スマートフォンの位置情報を利用するパチンコホール向け顧客動向分析システム「PS-CIM」の本格運用を開始した。

システムは、フリークアウトが保有しているスマホの位置情報データをパチンコホール向けの分析ツールに応用するというもの。保有データは、フリークアウト製の位置情報を取得する機能が付加されたアプリをダウンロードしているスマホの情報となり、2016年9月現在で約500万人分にのぼり、年内には約1,000 万人分を予定している。

----------sponsored link----------

スマホの位置情報のみで解析できることから、従来のような会員登録作業が必要ない。また、スマホ保有者の行動データなので、自店の来店情報はもとより、どの競合店にどのくらい足を運んでいるかも知ることができる。さらにスマホのインターネット閲覧履歴などからそのスマホ保有者の年齢・性別での顧客分析も可能。夜間の一定時間にスマホの位置が動かない場所を解析することで保有者の生活圏も詳細に推定できるなど、従来の会員カードシステムとは異なる切り口によるユーザー動向分析が行える。

オプションとして、このビッグデータを利用したスマホ向け広告配信サービスも提案。自店からの距離や最寄り駅の利用者、自店と競合店を併用しているユーザーなど、会員のみならずあらゆるターゲットや属性に対してピンポイントの広告配信ができるという。宣伝・広告手段は、ユーザーのスマホで閲覧されているサイト上のバナー広告となっている。

何かしらのアプリで利用規約に同意して
位置情報の取得の許可をしちゃうと
パチ屋に情報が流れる可能性があるわけですね。

グーグルも昔、同じように個人情報の取扱で問題になりましたが、特に罰則も追加規制もありませんでした。

個人情報云々の問題はあると思いますが、アプリの利用規約に同意する方が悪いというわけです。

少し遅かった?

先日から記事にしています通り、広告規制が強化されています。

[blogcard url=”https://metabopro.com/patiya/”]

[blogcard url=”https://metabopro.com/eigyouteisi/”]

ライター来店などのイベント情報を
メール会員になってない人にも
ピンポイントで広告配信出来れば
効果は高かったはずです。

しかし、今後はイベント告知の規制が徹底されるようなので、難しいと思います。

スロッカスの位置情報

って何の価値になるのでしょう。

例えばメタボ教授の一日の生活は以前記事にした通り、何も無いです。

[blogcard url=”https://metabopro.com/suroni-to/”]

こんなスロッカスの位置情報データを集めてきても、仕方ありません。

位置情報を分析しても、現実的には
・客の住んでいる範囲
・パチンコ店に行く頻度
くらいしか解らないのです。

そのデータをどう有効活用しましょうか。

パチンコ業界に必要なデータは「客のお金の流れ」です。

・一ヶ月に負けられる金額

・勝った金をどれだけパチンコに使うか(再投資率)

・どれだけ酷い負け方をするとパチを引退するか

あたりはおそらく細かく分析出来てないと思います。

スロットを電子マネーやクレジットカードで打てたら分析出来るわけですが・・・

fukei

おまわりさんが許してくれないですよね。

まずは取れるデータから

細かいデータが取れない以上、
儲かっている店の真似事をするのが自然だと思います。

ただ、その結果が現在の状況です。

ここ数ヶ月は売上が前年比2桁%のマイナスを記録しています。

マイナスの原因をちゃんと分析出来てないから右肩下がりが止まらないわけです。

「新台に客が付かないから」

と誰もが口々に言います。

じゃあ
デッドオアアライブ、
ブラッドプラス2、
まどマギ、
北斗を入れずに
浮いた数千万の予算を使って
客に還元し続けたらどうなるか?
を実験すべきです。

体力があるチェーン店なら
1店舗くらいそういう実験をしても大丈夫のはず。

取れるデータすら取ろうとしないから
何時まで経っても
前に進まないのだと思います。



スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ
お世話になっているブロガー様
メタボ教授の巡回先一覧