にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

先日、知り合い経由で
大学生スロッターの方とお酒を飲む機会がありました。

話を聞くと非等価になって困っているそうです。

ハイエナしかして来なかったので
設定狙いは苦手とおっしゃっていました。

激アツのイベントに
朝一から突撃しようにも
大学の講義があるので行けない
との事です。



確かに講義の空き時間でも出来るハイエナだからこそ、パチスロを打っていた大学生も多いはず。

メタボ教授の大学時代

技術介入全盛期で
前の夜から店の前に並んで
朝から晩まで高設定の台をブン回す
のが基本の時代です。

打ち終わった後は
居酒屋で朝まで飲むという
化物みたいな人もいらっしゃいました。

そんな生活をしていたら
大学の講義に行けるわけありません。

メタボ教授はパチスロをあまり打たず
土日開催の競馬が中心だったので
大学の講義はサボらず行きました。

1回も単位を落とした事が無いですし、
成績評価もほぼ80点オーバーです。

無職である今言っても
虚しいだけですけど・ω・。

もし仮にパチスロにハマっていたら
卒業して無かったかもしれません。

その頃は5号機になる事すら決まってなかったので、大学を中退してパチプロになっても「将来何とかなる」という認識でした。

一方で今の若いスロブロガーを見ると
留年した人は居ますが
中退した人を見た記憶がありません。

大学を中退してスロプロになっても
将来は無いわけですから
当たり前の話だと思います。

つまり、朝一から高設定を狙うというのが
立ち回りのメインになってしまうと
僕らオッサン世代が思う以上に
大学生はパチスロを打たなくなるはずです。

個人的には朝から高設定を狙うよりも
夕方から高設定のハイエナ
を推奨しているわけですが
出来る地域は限られます。

店からすれば
「ハイエナをする人は客では無い」ので
減ろうが問題ないかもしれませんが、
ホールに居る人がどんどん減っていくのは残念で仕方ありません。



スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

メタボ教授パチスロ研究室新着記事