神戸にある「スロットバスターズ」というホールで下記のようなサービスが始まるそうです。

http://blog.livedoor.jp/slotbusters/archives/25908010.html

今や「人類総発信者」の時代

ネットを使えば誰でも世界に情報発信が可能

ことパチンコパチスロに限定してみると



やっぱり映像の説得力といいますか

動画の力ってのはとても大きい

そこで!

スロバスは!!

こんな事はじめちゃいます~~

365日いつ何時でも

スマホに限らず本格的な動画撮影OK

例えば

・プロの方で収録先が見つからないので

どこかホールを探している

・これからプロを目指してるけど

動画撮影の練習がしたい

・編集を学ぶために素材の動画を撮りたい

・全くの素人だけど個人的に動画撮影した

・えらい特化ゾーンに入ったんで記念に撮りたい

などなどあらゆるニーズに対応すべく

機材も店舗で貸出致します~~

いつでも

だれでも

手ぶらでも

「気軽に動画撮影できるお店」

こんな感じで始めたいと思います~~

勿論、想定される難しい点は出てきますけど

やりながら色々ルール化していこうと思っとります~

ちなみにスタートはGW頭の

4/28~

ご希望の方はスタッフもしくは

DM等で連絡ください~~

ご質問もお気軽に!

 

過去このブログでも「一般人に動画撮影を許可すべき」という記事を書きました。

パチスロホール実践動画がツマンナイので改善方法を提言する

この記事から2年半経ちましたが、徐々に増えていきそうで何よりです。

先の記事に書いた通り、サクライターはギャンブルで勝負している顔つきじゃありません。

何のリアリティも無いです。

時代はサクラ実戦ではなく、ガチ実戦を求めています

こういうホールが増え、誰でも気軽にホール実戦動画が撮影出来れば、面白くない人は淘汰され、全体のレベルが上がるでしょう。

 

機材なんて貸し出す必要はない

ただ気になったのは「機材を貸し出す」という部分です。

僕は止めた方がいいと思います。

あくまでお客の一人としてフラットで扱った方がいいです。

サクライターの扱いと一緒に考えてはいけません。

 

サクライターのやっている事が何故駄目かと言うと、


パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋)様

普通に法令違反であり、メンバー扱い不可避だからです。

一般人の口コミとの区別は
「店とつながっているかどうか?」
であり、言い換えれば
「店から金銭の支払いがあったかどうか?」
がボーダーラインだと考えられます。

とは言え、機材の貸出というサービスが「広告宣伝目的の提供」だとみなされる可能性も十分あるでしょう。

そのため、先の記事で書いた通り

店側としては撮影許可を与えるだけで
あくまで一般客と同じ扱いでOK。

ギャラも交通費も出さなくていいです。

が正解となります。

これだと法律に触れることなく、宣伝する事が可能です。

 

撮影トラブル

実際やる場合、起こりうるトラブルは予め対策しておく必要があります。

未経験者の僕が思いつくだけでも

1、撮影用三脚を立てると通行の邪魔になる

2、他の客の顔が動画に映り込むケース

3、撮影NG機種(著作権問題)・BGM使用料の問題

といった感じです。

特に3のケースが厄介となるはず。

店はノータッチで個人の責任で撮影して貰うのが無難です。

 

実際やってみると他にも色々な問題が出てくるはずですが、上手くいってくれる事を祈ります。