という事で今回はパチスロAKB48のお話です。
お題のようにボーナス後に即ヤメする人を見かけるようになりました。

天国の可能性を追っても概ねプラマイ0だというシミュレート結果が出たからだと思います。

ただシミュレートというのはあくまでシミュレートです。正確な計算をしているわけではないですし、シミュレートの条件が違うと大幅に結果が変わって来ます。

実は雑誌のシミュレーションは133ゲームまで回しています。
ご存知のように設定1のボーナス後天国Bの移行率は0%です。
おそらくシミュレーターは編集部で細かくいじれないのでしょう。

現実は133ゲームまで回す必要なんてありません。

----------sponsored link----------

「逝くぞ」→「20」→「47」となるのが大体125ゲーム前後です。
そこで止めればシミュレート値より約200円得をします。

ちなみにスタンバイゾーン中に強レア役を引けば、推しメンチャンスが潜伏している可能性があります。その場合は抜け後2~3ゲームくらい様子を見ましょう。

また、108ゲーム付近でスタンバイモードに移行しなかった場合でも120ゲーム付近から騒がしくなって140ゲーム過ぎで当たる事もあります。シミュレーションは上記のようなケース(推しメンチャンス潜伏中や本前兆中)でもきっちり133ゲームでぶった斬るはずです。そして実践上は設定1以外の可能性もあるわけです。ゆえに天国ループを追えばそれなりに結果は望めます。

まあ期待値があると言っても1回プラス数百円程度の約50%ループなので大した期待値ではありません、選抜ボーナス後に「頑張って行こう」と言われれば期待値マイナスの可能性もありますので、即ヤメでも構いません。

しかし、ART後やじゃんけんボーナス後など次回示唆ボイスを確認出来る状態でもないのに、何も考えずに数ゲーム止めする人も多いです。

即ヤメOKなのは時間効率が悪いという理由であり、実際の所は目の前に数百円のお金が落ちているわけです。一旦席を離れてホールを一周していい台が落ちてなければ続行するのが正しい立ち回りだと言えます。

ぶっちゃけ期待値+1000円以上の台がポンポン落ちているような甘い状況ではないですよね。

ちなみに0ゲーム止めよりも64ゲーム止めなど天国途中の方が期待値が高くなります。ART・ボーナス後に一旦離席してそのような台が落ちていれば慎ましく持ちコイン移動しましょう。

そして90ゲーム~120ゲーム手前でヤメられた台も十分チャンスがあります。

この台は本前兆が20ゲーム以下の時があるからです。普通は108~125あたりが偽スタンバイ前兆なのでその法則が崩れた台はアツいです。ここの区間は結構拾えるので目を光らせて下さい。

0ゲーム止めが落ちていた際、打つ台がなければ拾ってもいいと思いますが、前回の当たったボーナスを確認しておきましょう。選抜ボーナス後止めの台は流石に前任者が見切ったと考えるべきです。

あとメタボ教授は恥ずかしながら9月に入って知ったのですが、AKB48はサプライズボタンを2回押すと通常画面が見れます。北斗のようにコインを入れる必要がありません。ハイエナ時にいまだにコインを入れている人が多いので念のため。

まあAKB48のボーナス・ART後即ヤメ出来るほどのナイスなハイエナ台の登場が待ち望まれます。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。