今年の台が出揃いましたので、毎年恒例「僕が気に入ったパチスロ台ベスト5」を発表します。

不二子 TYPE A+

ブログで一回も取り上げませんでしたが、今年最も気に入った台です。

初打ち時は仕組みがよく解らず、ちょっと触って「もういいや」となりましたが、ノーマルBIGの中身が分かると評価が変わりました。

参考:
パチスロ不二子 TYPE A+のノーマルビッグ中の楽しい打ち方。法則を知れば楽しさ倍増!!

デビルメイクライ3のシステムのイメージでしたが、実際はもっと複雑で、JACが確率変動する形でループします



弱JACのループにハマれば出ないですし、強JACをループさせ続けば大量獲得に期待できるシステムです。

枚数調整や強JAC滞在維持などの技術介入要素はありますが、己の引き次第で200枚になったり、400枚になったりします

そこが分かると楽しいです。

あとボーナス後にRTフラグを引けるかどうかのCZにも力が入ります。

スーパーBIGの性能が高く(400枚+特殊RT)出玉にメリハリのある設計です。

演出に関しては手抜きと言えば手抜きかもしれません。

3種類のモードの中ではクラシックモードの出来がいいです。

「演出頻度は低」という扱いですが、ガセ煽りもあるので案外間が持ちます。

A+RTではありますが、他の機種との差別化が出来ていますので、まだ打ったことが無い人は一度触ってみて下さい。

2位ディスクアップ

特に説明不要だと思いますが、本当に甘いというのが魅力です。

ビタ押し成功率50%のへっぽこメタボ教授でも気軽に打てます(´・ω・`)勝てるとは言ってない。

色んな人がランキングつけたら、どうせディスクアップが今年の1位でしょうから、ひねくれ者キャラじゃないですが、ひねくれてみました。

3位ルパン三世世界解剖

減るボーナス滞在時を通常ゲームにする事で、規制を回避した台。

演出が流用で手抜きの印象を持ってしまいますが、システム的にはスキがなく完成していて、手抜き台とは言えません。

規制を考えれば「とっちらかった台」になってもおかしくないのに、随所に工夫が見られ、パチスロ台として仕上がっています

1位の不二子もそうですが、出尽くしたと思われた5号機で、新たな可能性を提示した平和の開発者は凄いの一言です。

4位:クレアの秘宝伝3

スペック的には2の方が好みですが、通常時のカスタムがある分、3の方が楽しいです。

クレア2の不満点だった、特リプを引いたけどRTに全く移行しないのも改善しましたし。

あと立ち回りしやすいというのも良かったです。

4段階設定で中間がありませんし、コイン持ちに大きく設定差がついているので、後ツモする時には、ボーナス確率に騙されずスランプグラフからコイン持ちを逆算すれば概ね察せます。

5位:アレックス

あと一つ何を選ぼうと考えていたら、消去法的にこの台になりました。

派手さは無いものの、何故か無性に回したくなる時があります。

上手く褒められないのですが、他に挙げる台が無かったです。

 

今年は新台が出た数が少ないですし、僕がいる地域ではあまり導入されませんでした。

それはいい傾向なのですが、僕自身数えてみたら今年の新台を10機種しか触っていません。

ブログやまとめサイトをやっているので、なるべく多くの新台を触っておこうと心がけていますが、「車で2時間以上かけて打ちに行きたい」というような香ばしい台は無かったです(鬼若弁慶くらい?)。

来年は6号機が盛り上がる事を祈ります。






0