昨日まとめサイトでこういう記事をあげました。

オフミー・スロパチステーション共同で新番組「オフトーク」を立ち上げるも炎上

詳しくは上記記事を見ていただければと思いますが、

概要
→「ぱちんこ広告協議会」という来店営業広告代理店の組合組織が「ゾロ目の日のイベントを自粛」を決定

→オフミーさんとスロパチステーションさんが共同で「オフトーク」という動画番組を制作



→ゾロ目の日に放送して、「番組スポンサーの店舗がこの日アツいのでは?」と視聴者に想像をさせるのが目的

→自主規制により、その日はイベントが開けないので、「番組の集客効果は抜群」とアピール

→スポンサー料金は30万円の予定(最初は20万)

→それらが書かれた営業書面を大崎一万発さんが晒して、遠回しに苦言を呈する

→放送の延期(中止)を発表

問題の本質

オフミーさんとスロパチステーションさんが
ぱちんこ広告協議会の所属(株式会社ジーズ・株式会社DUO)であるにもかかわらず、このような営業を行った点にあります。

ゾロ目の日にイベント自粛するけど、動画番組で煽るのはセーフ

とか小学生の言い訳です。

 

もし仮に抜け道的な事をやるなら、広告団体組織とは関係ない会社を立ち上げるのが定石となります。

その手間すら惜しんでいる事に驚きました。

「こういう事をやっても、会社に対するリスクは0」と考えているからこそ出来る行為です。

本当、この業界のモラルはどうなっているのでしょうか。

 

対応のまずさ

ちなみに協賛しているホールは下記の通りです。

http://offtalk.jp/
茨城県稲敷郡
アムズツインパーク

茨城県土浦市
麗都ARAKAWAOKI

茨城県つくば市
麗都HIRATSUKA

茨城県常総市
麗都水海道店

群馬県前橋市
マルハン前橋天川大島店

埼玉県深谷市
ミスターパチンコ深谷店

東京都台東区
オリエンタルパサージュⅣ

東京都豊島区
マルハン池袋店

東京都新宿区
マルハン新宿東宝ビル店

東京都大田区
楽園蒲田店

東京都大田区
レイトギャップ平和島

神奈川県横浜市
PIA横浜モアーズ店

愛知県北名古屋市
東宝プラザ師勝店

愛知県一宮市
マルハン木曽川店

愛知県名古屋市
マルハン中川店

愛知県名古屋市
メガコンコルド1220
名古屋みなと23号通り店

大阪府泉南市
ハイパーアサヒ泉南店

大阪府高槻市
P.E.KING OF KINGS高槻店

兵庫県加古川市
キコーナ加古川店

福岡県福岡市
ワンダーランド小戸本館

福岡県福岡市
ワンダーランド香椎II

福岡県糟屋郡
ワンダーランド福岡東店

上記の内容を知りながら広告費を払った店側にも重大なモラル違反があったと言えるでしょう。

そもそも、炎上しているのに、クライアントの名前をHPから24時間以上消さなかったとか凄いですよね。

他の分野じゃ考えられません。

そういえば、このオフトーークの初回ゲストはすろぱちくえすとのだてめがねさんでした。

 

という事で、昨日だてめがね先生に
「知っててオファー受けたのですか?」
と遠回しにお聞きした所、

無視された上に、関連ツイートは全て削除。

クロという事でよろしいですね( ̄ー ̄)ニヤリ。

それに関連して、オフトーーク側は大崎一万発さんに削除依頼をしたそうです。

このご時世、一度表に出たものを削除しても全く意味がありません。

大崎さんの

「中止にしたら悪いことしてた自覚ある」

「突っぱねたらカッコ良かった」

というのは社会の本質をよく解った発言だといえます。

 

具体的に説明すると、オフトーーク側の正しい対応は

・非を認めた上で、きちんと謝罪する

・突っぱねて、大崎さんを攻撃した上で、強行開催する

の2択です。

書面が出た時点で、この選択肢しか残っていません

削除しても無かった事にはならないのです。

やろうとしている事は問題ない

僕自身はいつも
「サクライターのホール実戦風動画」や「建前外部の出玉取材」はギャンブルの胴元として論外であり、景表法の優良誤認や詐欺の要件にもあてはまると言っているだけで、パチスロのトーク番組でホールを宣伝するのは特に問題ないと考えています。

 

所属団体の自主規制をガン無視したのがダメなだけで、

「○日はオフミーの日」

「○日はスロパチステーションの日」

と独自に制定して、番組を作ってホールスポンサーを集める事に異論はありません。

サミーが3月31日を一般社団法人日本記念日協会に記念日として申請するのと本質的に一緒ですから。

 

今回の件については、そこを整理してから議論して欲しいと思います。

 






0