まとめの方で紹介しましたが、ついにホールの来店取材もバーチャルの時代がやってきたそうです。

バーチャル来店w「VTuber:七色れあ」登場

VTuberの「七色れあ」さんがバーチャル来店

 

僕がアレ(・・?っと思ったのはバーチャルLIVEの部分です。



 

 

初回なのに何故こんなにLIVEが盛況なの???

と思ったわけです。

開催初回なので客が期待して稼働良好なのは解りますが、彼らが期待しているのは台の設定だと思います。

シバターさんがパチ屋でサイン会をしても最初の頃はこんな感じでした。

この当時でもyoutuberとしての知名度は相当なものです。

一方で、七色れあさんが来店取材する前に存在を取り上げたメディアは少なかったと思います(僕のぱちとろ速報では取り上げましたが、出来て半年の中堅まとめなので)。

 

これはもう・・・

を疑ってしまうわけですw。

 

 

読者「前回怒られたばかりなのに、また訴えられたいのか?」

m(_ _)m
m(_ _)m
m(_ _)m
m(_ _)m
m(_ _)m
m(_ _)m

このブログは一般人がユーザー目線で好き勝手語っていますので、業界関係者の方々、何卒寛容な目でお願い申し上げますm(_ _)m抗議は問い合わせ窓口より承っております。

自分のスタイルを曲げるくらいなら更新をヤメルので、パチ業界から潰されるまでは皆様お付き合い下さい。

費用対効果は抜群だよね

雨後の竹の子のようにサクライターやパチスロyoutuberが増えました。

正直今どれだけの人が活動しているのか、僕も把握していません。

広告規制も年々厳しくなり、稼働貢献効果のデータも出揃ってきた今、彼らも生存競争に晒されています。

先日こういうツイートを見ました。

店側もそろそろ気が付いているわけですね。

チャンネル登録者1000人・フォロワー3000人でホール実戦動画を収録しているのは探した限りこのチャンネルだと思います。

TVスロユメさん

https://twitter.com/jugonslot

数週間前にアップされた動画の再生数見ると・・・です。

本当にこのチャンネルの事なのかどうか解りませんが、この方々に30万払っていたらぞっとします。

まだ若そうなのでこれからブレイクする可能性は十分あると思いますが、ホールからすれば高い金を払って先行投資する意味はありません(この段階だと演者側が先行投資する立場かと)。

一方で、バーチャルユーチューバーのバーチャル来店は色々な可能性があります。

「単価を下げて、その分だけ客に還元する」とアピールする事も可能です。

効果が薄まってきたら「新曲リリースLIVE」とか「新メンバー加入」とか、アイディア次第で色々目新しさを出せます

それが既存のサクライターとの違いです。

 

バーチャルyoutuberは零細ライターさんを廃業に追い込むのでしょうか。

「機械が人の仕事を奪っていく」参考事例になりそうな、興味深い一件です。






0