にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

東京では広告規制が更に厳しくなるそうです。

遊戯日本様より引用

有名人招致(雑誌ライター取材含む)の店内告知に関し、最近になって、行政側が東京都内ホール及び東京都遊連に対し、その行為をNGとする指摘を行っていたことが分かった。

これまで有名人招致に伴う告知に関しては、原則的に事前及び当日を含めて禁止とされていた一方、店内で来店に伴う注意喚起程度の告知はやむを得ないとされてきた。
しかし、最近になって当日の店内告知についても行政側より都内のホールが指導を受けたケースが発生。そこで、東京都遊連が行政側に「来店当日の店内告知や注意喚起」「近日来店予定」等の告知について確認したところ、改めて「ことさらに特定の日を想起させ、著しく射幸心をそそるような行為に抵触する可能性がある」と指摘を受けた。

----------sponsored link----------

この指摘を受け、東京都遊連では、傘下組合員ホール向けに発行している「健全化センターだより」(10月4日付け)を通じて今後、上記の告知をしないこと、出玉系イベントを想起させる内容の全ての媒体広告(メールやインターネット上の広告、ブログ、ツィッター、LINE、専用アプリ等含む)を行わないよう注意喚起した。

この件に関し、ある都内のホール関係者は「店内での告知が一切出来なくなることで、ライターイベントのニーズも減っていくのではないだろうか」と話している。

何だよそれ・・・(´・ω・`)

『有名人招致に伴う告知に関しては、原則的に事前及び当日を含めて禁止』なのに、「来店当日の店内告知や注意喚起」「近日来店予定」はセーフという解釈自体がおかしいです。

「とっとと営業停止にしろ」
と思うのですが、
こんな店は山ほどあるから
まずは注意喚起しているのだと思います。

何ヶ月か前にマルハンが雑誌・ライター来店営業を止めるという記事を書きましたが、一転して雑誌・ライター来店営業再開という噂も出ています。

 

雑誌・ライターの来店営業は無駄な経費を使って、店舗間の客移動を促すだけです。

パチスロ業界全体にとって何もプラスにならないので、どんどん禁止すればいいですが、まだまだ抜け道というのが存在します。

例えば、パチスロライターと店は建前上つながってないわけですから、1GAMEさんのように、堂々と告知してガンガン煽る事も可能です。

「パチスロライターが駄目」だけど「パチスロブロガーならOK」という超理論が出てきてもおかしくありませんし。

打ち手側の情報に偽装する

これがパチンコ広告規制の最大の抜け道です。

ちょっと前の話ですが、日本一稼ぐスロット、パチンコブログ様が、大阪のパチ屋の設定が入る店の情報を高値で販売して物議を醸しました。

僕の考えとしては「パチ屋の情報を集めるのは手間と時間がかかる」ので、こういうのを高値で販売するのもアリだとは思います(信頼性の問題はありますが)。

折角なのでメタボ教授も都内の設定が入る店の情報を販売させて頂きます。

はい、何が言いたいか解りますよね。

都内のパチンコ屋の皆様、1店舗あたり広告料20000円でどうですか?

要は『打ち手側が発信する有料情報』としてイベントカレンダーをばらまくのが、広告規制における最大の抜け道です。

メタボ教授のスロット情報なんて誰も買わないと思いますが、売れる本数は大した問題ではありません。

何本売れようが、広告効果のために後で爆サイなどに情報をバラ撒きますから。

 

有料情報だからこそ、受け手が感じる「情報の信頼度」が増すわけです。

そして有料情報だからこそ、広告規制を回避出来るわけです。
 

念のために言っておきますが、メタボ教授は店舗情報販売をやらないですよ(・∀・)。

日本一稼ぐスロット、パチンコブログ様はこういう事をやらずにガチの店舗情報かと思いますので、パチ屋は他の敏腕スロッターに頼み込むしかありません。

そうですねえ・・・

適任は夏目五郎さんでしょうか。

彼の公式チャンネルのトップはこのような動画になっていました。

まだyoutuberとして頑張っているようです。

夏目五郎さんが「稼げない」と心が折れて、
ブログやyoutubeが消えて無くなる前に
パチ屋は交渉してみてはどうでしょう。

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です