最近では
ミクちゃんガイア専用のパチスロ「ミクちゃん(フル攻略で104%)」が話題となっていましたが、

フル攻略で104%のミクちゃん、1週間5台合算で5万枚

フリー打ちでも出玉率100%「ミクちゃん」のホール実戦動画

こういう台って増えないのでしょうか。

 

昔からダイナムはPBブランドの台を導入していていますが、
https://www.dynam.jp/pb/



他に普及しない理由が解りません。

 

ミクちゃんのようにグループ企業の名前を冠した台はアピールするのに絶好かと思います。

 

新台というのは

本来なら、リゼロみたいに「打ち手の想像外」を盛り込んだ台である事が望ましいです。

この夏に出てくる鉄拳4の筐体も凄いことになっています。

 

こういう台をPB独占供給は無理でしょう。

ただ、「打ち手に驚きを与える新台」って年に数機種も出ていません

 

別に液晶なんて無くても、ギャンブルの体をなしていれば客は打ちます。

パチンコ屋に客は何をしに来ているのか?
を考えれば当たり前の話です。

抱き合わせポイント制で全く稼働しない台に付き合うよりかは、PB化を進めたほうがいいと思います。

リゼロだって抱き合わせ台を買ってない店でも入手する事は出来ましたよね。

最近ではこういったツイートが話題になっていました。

ホール側が舐められている証拠です。

こういったパワーバランスを変えるためにも、ホール側主体の台という選択肢が増えるべきだと考えています。

責任の所在

先日このような事がありましたが、
ザクザク七福神、BIG確率詐称、ベル確率詐称、機械割詐称で山佐が隠蔽

山佐は案の定ダンマリです。

 

我々ユーザーに対する責任は誰が取るのでしょうか?

これまではメーカーが雑誌経由で情報を流し、雑誌は「独自情報」という建前で有耶無耶にして来ました。

しかし、それが通用する時代ではありません。

ユーザー側の情報収集精度は5年前と大きく変わっています。

 

そういう意味でもプライベートブランドの台の意義は大きいはず。

何故なら台の嘘情報は店が責任を取ることになるからです。

逆に考えれば、店が責任を持つ事で、一定の信用を得られるわけ。

そういった発想が広まって欲しいと思います。






0