昨日からこういう記事が話題になっています。

ギャンブル依存症の疑いがある人が全国に約70万人いるとの推計を、厚生労働省が29日に発表した。カジノ開設に向けた検討が進むなか、ギャンブル依存症対策は海外に比べて遅れているとされ、厚労省は「実態をふまえて、相談機関や医療機関の整備などを進めたい」としている。

ギャンブル依存症の調査は過去に何度か行われたが、今回は初めて全国規模の面接調査となった。研究班は「より実態を反映していると思う」とする。

調査は5~9月、無作為に選んだ20~74歳の1万人に実施。4685人が回答した。「ギャンブルで負けたとき、取り戻そうとして別の日にギャンブルをしたか」「やめようと思っても不可能だと感じたことがあるか」など12項目について過去1年にあったかどうか聞き、点数化して判定した。

その結果、依存症が疑われる20~74歳の人は全国に0・8%、約70万人いると推計した。男性は1・5%、女性は0・1%。調査で依存症が疑われた人の平均年齢は46・5歳。1カ月の賭け金は平均約5・8万円で、約8割の人はパチンコ・パチスロに最もお金を使っていた。



また、生涯のうちに一度でも依存症だった疑いのある人は推計3・6%(約320万人)。同じ判定基準で調査した海外の例では、1~2%以下の国が多く、日本は比較的高いという。

調査を担った国立病院機構久里浜医療センターの松下幸生副院長は29日の会見で「電話調査の国が多いなど、調査方法が異なるため比較は難しい」としたうえで、「日本では外国より(パチンコなど)ギャンブルが身近にあり、いつでも利用できるという環境の違いが影響している可能性はある」と指摘した。
出典:朝日新聞様より

『1カ月の賭け金は平均約5・8万円』ってどういう定義なの?

という話をパチンコ界隈でも競馬界隈でも見かけました。

ギャンブルに詳しい人なら、絶対にそんな書き方はしないはずです。

資金を循環させている以上、自分の掛け金を知る人は殆ど居ませんので。

また、FXや相場だと「掛け金=口座に入れた金額」という解釈となり、他のギャンブルと比較するのは不可能です。

 

そこで、大元の文献を見ましたが、
http://www.kurihama-med.jp/news/20171004_tyousa.pdf
説明が無い所を見ると、やはりギャンブルに詳しくない人が行った研究だと言えます。

それと調査の数字に疑問を持ちました

皆さんの周りのギャンブル中毒者を見て下さい。

大抵の中毒者はパチンコ・競馬・競艇・麻雀・FX・宝くじなど複数のギャンブルに手を出しています

調査結果によると、ギャンブル依存症の大半は
「パチンコ・パチスロに最もお金を使っていた」
と書いてありますが、レートに上限のあるパチンコパチスロが8割も占めるわけがありません

そこの考察が抜け落ちている以上、調査の妥当性が疑わしいです。

 

治療しなくても治るのでは?

大元の文献の表

から面白い解釈をしている方が居ます。


諏訪東京理科大学 篠原菊紀教授

 

確かに調査の数字は「依存症対策をしなくても、勝手に治る」という裏付けになっています。

大半の人が自然治癒する症状を「依存症」と定義するのはおかしな話です。

 

以前書いた結論と一緒ですが、ギャンブル依存症の定義すら出来てないのに、対策を実施しても意味がありません。

無駄なお金が「ギャンブル依存症対策」という実態のないモノに消えていくのが残念に思います。




スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ
お世話になっているブロガー様
メタボ教授の巡回先一覧