にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

北電子が外国人をターゲットとした動画番組を作ったそうです。

ニッカンスポーツ様より引用
北電子は、パチンコ・パチスロ動画サイト「ジャンバリ.TV」にて、外国人をターゲットとした番組「Welcome to Japan」の配信を開始した。

同番組は、毎回「日本の文化」と「パチスロの楽しさ」を伝えるというもの。
全編英語で放送されるが、日本語字幕も付いている。第1回は大阪を舞台に粉もの(お好み焼き・たこ焼き)、大阪城、殺陣を紹介。また、パチスロに挑戦するシーンもある。












俺の借金全部でなんぼや
大阪を紹介する前に3店方式換金を紹介せんかい



マルホンや奥村とは違ってお金に余裕がある北電子の慈善事業をどうこう言う気はないですが、本気で外国人をパチスロの世界に誘い込みたいならもう少し考えろと言いたいです。

詳細なパチスロの打ち方の解説は当然いると思います。

自分はブログ創設期に全くパチスロをやった事がない人を対象に
パチスロ初心者向けの始め方口座
というコンテンツを作りましたが、日本人でも全くの初心者ならこれだけの事につまずくと予想出来ます。

外国人がパチスロを打つとなると更に言語の壁があるわけですから、普通に考えれば無理ですよね。

3店方式換金を紹介出来ないなら

外国人観光客向けの景品を置くのは最低限やるべきです。

今、外国人に売れている日本の最新お土産ランキングを発表!!

爪切りとか弁当箱というのは意外ですね。

てっきり

伝統工芸

伝統工芸傘

といった万枚出しても貰えそうにない伝統工芸品が人気だと思いました。

秋葉原も景品を工夫すれば外国人を取り込めるのではないでしょうか。
ショーンホワイト

ただ現実はパチンコのパの字も知らない欧米人よりパチンコに近い文化がある韓国人や台湾人を取り込むのが簡単だと思います。

「テラシグマ(笑)は時代が早すぎた」

と将来振り返る日が来るのでしょうか。

通訳サービス

それに関連して、東京都のパチンコホールが外国人向けの通訳サービスを導入するそうです。

グリーンベルトWEB様より引用

東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)は定例理事会で、多言語の通訳サービスを行うブレインプレス(株)と新規共同購買事業の契約を行うことを決議した。
事業内容は「東京パチンコ通訳サービス」で、店舗に外国人が来店し、店舗スタッフが会話に困った時、専用電話の通訳オペレーターを通して、外国人とコミュニケーションを図るというもの。
同社によると、対応する言語は、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語。12月からはタイ語をスタートさせるほか、来年以降は対応言語を増やすという。
通訳料金は、都遊協傘下店舗ではあれば1店舗あたり月額3000円。契約店舗に応じて都遊協には事業収入がはいる。

通訳する人は当然パチンコ・パチスロの事を知らないと話にならないわけですが、どうやって人材確保するのでしょうね(・∀・)。

それはさて置き、都遊協が外国人対策に本腰を入れる事によりこの流れは加速するものと思われます。

一方で、北海道を主軸にチェーン展開しているイーグルグループは訪日外国人の取り込みについて、このような事をするそうです。

パチンコ倶楽部様様より引用

まず各台に、英語、韓国語、中国語により遊技説明を記したファイルを常備する。
また各言語に対応した従業員を配置する。
店頭呼び込みでは、この3カ国語で記したコミュニケーションカードを使用する。さらに、近隣のホテルと連携し、宿泊する外国人にホールを観光地として紹介してもらう計画としている。

「宿泊する外国人にホールを観光地として紹介してもらう」というのが新たな一歩です。

外国人にパチンコ・パチスロが打てる環境整備は最初のステップであって、実際の集客につなげるにはパチンコの存在自体を知ってもらう必要があります。

もちろん、近隣のホテルとの提携だけではまだまだ不十分です。

外国人へのアプローチ

以前フィリピンにパチンコを輸出するとの事だがという記事で「アンテナショップという形で海外にパチンコ体験スペースを作れ」と書いたように、外国人に存在を知ってもらってこそ初めて効果が生まれます。

直ぐに結果を出したいなら、日本旅行を予定する外国人が情報集めをする時に行き着くサイトへの提携&広告出稿が一番効果が高いはずです。

もちろん、旅行者だけではなく在留外国人に向けたアプローチも有効だと思います。

在留外国人がパチンコを知るのは大半が「日本人に教えられて」というパターンなので、これまで特にプロモーションをする必要がありませんでした。

しかし、その日本人が
「最近はボッタクリ過ぎ」
とパチンコを打たないわけです。

ゆえに在留外国人へも何かしらのアプローチをしないと、駄目だと思います(ボッタクリをやめろという説)。

外国人観光客が年間1300万人、在留外国人が約200万人と言われています。

外国人御用達ホールとして独占的な集客に成功するホールは現れるのでしょうか。