にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

日本国内のパチンコ・パチスロが駄目なら海外へ。

企業なら当たり前の考えだと思いますが、この度フィリピン市場を開拓する企業が現れました。

AAD 「フィリピン版パチンコ機」披露(娯楽産業協会)様より引用
アジア・アミューズメント開発(株)は11月25日、帝国ホテルにおいて、フィリピン新遊技場展開記者発表会を開催した。

席上、11月23日に地元フィリピン市より遊技場営業許可がおりたところから、12月中旬にオープンの運びとなったことを報告。設置するフィリピン版パチンコ遊技機を披露した。

----------sponsored link----------

筐体は、高さ180センチ位で、盤面部分は大型液晶、操作部分は電動ハンドル型の操作部の他、パチスロのレバー、3個の停止ボタン、ベットボタンなどを装備。パチンコ風、パチスロ風、ビンゴ風のゲームが選べ、ポイントは専用ICカードを挿入して、遊技できる。

本来は、日本のパチンコをそのまま輸出して、新たな市場創造を目指す試みでスタートしていたが、様々な輸出入の障壁があるところから、現地法人によるフィリピン新遊技場というアプローチで、約2年余をようし、このほど具現化できたことを発表した。

フィリピン

フィリピンパチンコ

フィリピンカジノ1

フィリピンスロット

『本来は、日本のパチンコをそのまま輸出して、新たな市場創造を目指す試みでスタートしていたが、様々な輸出入の障壁がある』とあるのは何とも残念な話です。

日本人観光客向けにハイレートパチンコ・パチスロというのはアリだと思いますが、実際の所は難しいのでしょう。

一方で現地の人向けだと日本のパチンコ・パチスロが受け入れられるかどうかも未知数ですし。

逆に来日観光客向けに店を出してはどうか

パチンコ業界も近年急増する外国人観光客を取り込みたい所ですが、その敷居の高さからなかなか難しいのが現状です。
そこでアンテナショップという形で海外にパチンコ体験スペースを作ればどうでしょうか。

外国人観光客で一番多いのは台湾だそうです(日本に来る観光客数の国別ランキング!え?1位は中国じゃないっ?)。

昨年は280万もの方々が台湾から日本にやって来ました。

台湾にもいちおう日本のパチンコはありますが、超旧式の機種で遊戯方法も少し違います。

日本の最新パチンコで遊んでみたいという潜在的需要はあるはず。

換金が出来ない「体験スペース」なら参入障害も少ないはずなので、実現性はあると思うのですがどうでしょう。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事