にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

先日【悲報】パチスロの小役優先制御やボーナス中のART抽選が自主規制へ
という記事を上げましたが、
肝心な事を書き忘れたので追記しております。

「有利区間を表すARTは、設定によって変化しない完全確率で抽選すること」
という事は

ARTが当選する天井は駄目になります(RTは不明)

まだ正式発表じゃ無く
確定ではありませんので念のため。

----------sponsored link----------

ただ、完全確率抽選とは
「前回の試行に関係なく毎回一定である確率」
という意味なので、
ゲーム数解除や天井は無くなる
覚悟をしておいた方がいいです。

それとは別に「3000枚獲得したらARTはリセット」という噂も出ています。

パチンコパチスロドットコム様より引用
ART関連では、「ART突入への抽選は完全確率とすること」「ART突入及びART中の上乗せやモードアップ抽選に設定差を設けないこと」「ARTの滞在割合は、17,500ゲーム消化した場合で7割未満とすること」「ARTは1,500ゲームまたは、3,000を純増枚数で割ったゲーム数を越えて継続してはならない」「ART終了時及び設定変更時は、必ずART性能に影響を及ぼす全ての変数を初期化すること」等といった内容が検討されている

上乗せ型ARTは
実質的に作れなくなりそうです。

もちろん引き弱のメタボ教授には関係ありません・・・。

ゲーム性崩壊

吸い込みの天井を無くして
出玉の天井を付けた台

とか誰が打つの?

「割が一緒なら問題ない」
と考えている人も
居るかもしれないですが、
サイトセブンの出玉率チェックをしている
プレイヤーってどれだけ居るのでしょうか。

たとえ実機械割が一緒であっても
一般プレイヤーの視点だと
「ゲーム性崩壊で単なる搾取」
としか感じないと思います。

メーカーは何も考えずに自主規制したのか、それとも警察の言う事がコロコロ変わっているのか、ホールやユーザーにきちんと説明すべきです。


スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

メタボ教授パチスロ研究室新着記事