生き残るスロッターとは(前編)

以前から予告していましたが、この時期なので「スロッターはこれからどうすべきか」という話をします。
厳しい事、救いのない事を言うかもしれませんが、適当に受け流して下さいw(・∀・)。

まず「これからどうしようか」とか考えている時点で既に出遅れています。
消費税が上がる事は2年近く前に決まっていた事ですよね。

この2年間で何をすべきだったかと言うと
「ハイエナで稼ぎまくってお金を貯める」か
「パチスロ以外の事を覚える」か
のどちらかです。

自分は前者を選んで2012年に会社をヤメました。
2013年の春くらいまでは目論見通りだったのですが、この年の5月~9月はあまり他の人と差を付けられないような機種構成だったので、ホールに出る時間を削って自分のブログを大改装しました。今にして思えば、ブログを改装するのは1年遅かったと思います。

2014年4月は直ぐそこ

----------sponsored link----------


自分としては「これを読めば2014年は大丈夫」というつもりで集中講義2014を作成しました。
2015年以降に関しても「ある変化」が起こると予測してまして、それに対応すれば大丈夫だと思っています(変化とは何か?というのは予測が外れると恥ずかしいので確証レベルとなった時にお話します)。

少なくとも自分は
「最善を尽くせば、スロットのハイエナで当分やっていける」
と考えています。

でも5年先の事までは解りません。
他の食い扶持にも当然チャレンジすべきです。

まず最初に結論から知ってほしい

「あなたが得意とする事は何ですか?」
抽象的な事を言っていてピンと来ないと思いますが、
何より重要です。

この世の中には努力と労力だけで誰でもお金が稼げる事が1つだけあります。それは、

パチスロでハイエナをする事

です。

インターネットの情報を集めるだけで本当に稼げる分野はパチスロ以外に存在しません。

本来は労力だけで手堅く稼げるはずの「雇われて働く」事すら何かと難しい状況です。

つまりパチスロ以外で稼ぐなら才能・資質が必要になります(努力するのは当たり前)。
厳しい事を言いますが、才能・資質の無い分野でいくら努力しても食っていくのは不可能です。

手短なのはやっぱりパチンコ

集中講義でもお話しましたが、スロッターでも最低限のパチンコの知識は持っておくべきです。
ただパチンコで稼ぐとなれば更に別のスキルが必要となります。

平打ちで日当を稼ぐとなると釘を見たり寝かせを確認するだけではダメです。
技術介入で玉を増やす要素が不可欠だと思います。

自分の巡回先のブログでも最近はパチンコを打って日当を取っている方がいらっしゃいます。
例えばきまじめスロット専業者 ゆっきーの日常様ですが、トキオデラックスなど羽根物メインで立ちまわっているようです。
これは通常時の止め打ちなど他の打ち手に差を付けられる技術介入効果が高いという理由だと思います。
パチスロガチ侍様の元祖ハロープロジェクト、スルー締め強行突破も勉強になります。

どちらも店としては「打ち手に遊ばせてあげる」ぐらいの台を自分の技術で稼げる台に昇華させています。
というレベルの技術介入なので、昨日・今日の練習ではまず習得出来ません。

ちなみにメタボ教授は銭形で長期間にわたって捻り打ちをやってましたが、どの店でも注意されませんでした。
目立たず捻っていたわけではなく、捻っても出玉が増えてなかったのが原因だと思います(*´∀`)。
トキオデラックスの通常止め打ちにも挑戦しましたが、気を抜いた時はもちろん、そうでなくとも無駄球を打ち込んでしまいます。

「パチンコの技術介入に資質や才能が必要か?」
自分にはよく解らないですが、少なくともスロッターが簡単に転向出来るものではありません。

パチンコの潜伏拾いなら出来る?

期待値は大きく稼げそうですが現実はそこまで甘くありません。
何度かお話しましたが、潜伏で稼ぐには台のスペック、セグだけではなく演出の理解というのが必要です。
例えば「潜伏確変で一戸建てを建てるブログ」様の鉄拳潜確狙いの記事を見て下さい。

店側の一日の粗利が推定1万5千円くらいの扱いですから、これだけの知識武装をしてようやく稼げる台となります。演出に関しては書かれている通り、アザゼルモード最深部に再突入しても全く熱くないのですが、それが解るには実践を積み重ねるしかありません。

潜伏を拾うのに必要な演出情報はあまり出回りません。
それを理解せずに単発後の台を何も考えずに打つ人もいますが、ヤメておいた方がいいです。
しっかり情報を調べてから拾って下さい。

一方で、朝一ランプ狙いはセグさえ調べれば何とかなります。
最近は対策をする店が増えましたので、なかなか難しいと思いますが、即前兆狙いとかで朝一ホールに行くならパチンコのシマもついでにチェックしましょう。

朝一ランプを探している人がいるならその店は残っている可能性があると考えていいでしょう。

といった感じでパチンコについて簡単に触れました。

4円のパチンコの惨状を見れば察せると思いますが、スロットのベタピン営業より酷い回収をしている店ばかりです。住んでいる場所によってはどうしようも無い人もいるはず。
加えてパチンコを極めたとしてもそれで一生安泰なわけがありません。
そういった事を理解してパチンコにチャレンジして下さい。

内容的には折り返しですので、続きは明日お話します。

後編

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


----------sponsored link----------

4 Responses to “生き残るスロッターとは(前編)”

  1. ミスター山形 より:

    朝一ランプの期待値はかなり高いですね。
    最近気になっているのが
    4円の甘デジや1円のMAXタイプのランプをどうするかです。
    スロの宵越しで期待値2~3千円の台と上記のランプあったら
    どっちがいいですかねえ。
    今はとりあえず安定を求めてランプ行っちゃってますが。

    このポチ画像いいですねw押しときますww

    0
  2. はーすけ より:

    パチンコで日当15000以上を積み続けるのは厳しく、更に1日かじり付くように打つのが苦痛で仕方なかったので私はスロットに転向しました。
    初代沼銭形など捻り打ち全盛期は確変中が別格に面白かったですが、最近は減らさない努力としての止め打ちが主力ですよね。
    手段の一つとしては承認できますが、いやはや辛い選択と思ってしまいますねえ

    0
  3. カイト より:

    パチンコも導入しようとしている自分にとっては、
    勉強になる記事です。

    ありがとうございます。

    後編楽しみにしています^^

    0
    • メタボ教授 より:

      >>ミスター山形様
      自分も4円甘デジや1円MAXタイプを優先します。
      つまり朝イチから行くなら最初に足を運ぶのはパチンコのシマです。
      スロットの即前兆狙いというのは対策しやすいとうのと、自分は完全専業ではないので前日に下見が必要な立ち回りは時間効率が悪いのでしないという理由です。

      それとポチありがとうございますm(_ _)m。画像は10種類あってランダムに表示されます。気が向いた時に1つか2つ入れ替えるのですが、今月は入れ替えてないので、そろそろ何か作ります。

      >>はーすけ様
      そうですね(・∀・)。
      やはり改正の影響で電サポの1個賞球や2個賞球が可能になったのが大きいと思います。
      1個賞球の台なんて100%入る構造でいいと思うのですが、オリヘイの台とか鬼畜仕様です。
      1個賞球だと電サポ消化が早くなるので、ファイヤーダイナマイトキングといった潜伏狙い台は閉店期待値減少リスクが下がったので個人的には歓迎なのですが、技術介入をして稼いでいる人は死活問題ですよね。

      あとイベント規制も大きいと思います。
      本当に激アツイベント日ならスロットの設定なんか追うより期待値が明確に稼げるパチンコを打ってました。
      今は店の知識不足・調整ミス待ちという感じで、サービス台というのはあまり見ないのが残念です。

      >>カイト様
      「後編もお楽しみに(^O^)」と言いたい所ですが、ブロガー様にはちょっとだけ物足りない内容かもしれません(・_・;)。

      ちなみにパチンコはどのくらいのレベルか解りませんが、初心者からしっかり台を選べるレベルまで手とり足取り解説してくれるサイトはなかなか無いと思います。そこはおそらく有料情報の領域なんでしょう。自分はスカパーのパチンコ番組を見て覚えましたwww。そういう人はごく少数だと思いますが。

      あと参考サイトへのリンクが間違ってました。すみませんですm(_ _)m。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ