11月の頭から飛行機で関東に、一旦実家のあるうどん国に帰ってその後は原付で中国地方を回って来ました。

出稼ぎに出る理由は

「一つの機種を集中的に打つ状況(今回はウルトラマンウォーズ)だと行く店が偏ってしまう」

「導入台数が多い地域で打った方が稼げる」
といったかんじです。

そして色々な地域を回って再確認した事は
どの地域にいてもやる事は同じ。拾えるホールと拾えないホールとをしっかり見極めるのが重要
です。

----------sponsored link----------


ただ地域によって微妙な違いはあります。
今回はそれについて書きたいと思います。

客層の分類については前回お話しました
3種類の客層を見極めれば一流のハイエナスロッターになれる
に照らしあわせて解説します。

「本当に勝っている人」

スロットを打つ暇があり、情報収集もしっかりしているのは大学生だと思います。
彼らが生息する店かどうかを見極める必要があるのです。

地方だと基本は「偏差値50以上の大学から半径5KM以内の店では拾えない」と考えて下さい。半径5KMというのは自転車で行ける距離という意味です。

大学生で車を使ってエナ稼働するには
1,パチスロを覚える事
2,車の免許を取る事
3,車の購入と駐車場を確保する事
の3つの高いハードルがあります。

私が大学時代にも車でスロを打ちに行く友達はいましたが、少なくとも大学3~4年生にならなければ出来ない芸当だと思います。
そのため大半の地方大学生スロッターはチャリ移動です。

彼らの行動範囲は避けるようにしましょう。

大都市でも基本は一緒なのですが、電車で移動がメインとなるのでキャンパスから半径◯◯KMという手法は使えないと思います。
電車で通学している場合はその定期券で下車出来る駅周辺も稼働範囲になるのです。

ゆえに
大学通学では使われにくい路線の駅周辺が穴場になる
と思います。

メタボ教授は東京人ではありませんので具体的にどこがいいかは解りませんが、今回の出稼ぎでは文京区・豊島区・新宿区・千代田区・台東区のホールは避けました

グーグルマップで「大学 キャンパス」と検索してみれば東京の人でなくても何となく察せますよね。

「自称勝ち組」

大半はガッツリ働いている社会人です。
ゆえに地方も大都市も変わらないと言えば変わりません。

特に語ることはありませんが、地方だと「昼と夜」、「平日と土日」の稼働率の差が激しいとも考えられます。

「養分様」

前回もお話しました通り、行方を突き止めるのは難しいです。

ただ養分様は基本金欠ですから5スロの優良店があるとそちらにおられたりします。
地方だとダイナムゆったり館や信頼の森がこれに当たります。

都市部の5スロ事情はよく知りませんが今回の出稼ぎでは20スロ6枚交換の過疎店で多くお見受けしました。
6枚交換なのでボーダーは厳しく見積もらなくてはいけませんが、ウルトラマンウォーズで言えばREG4回500ハマリとかREG5回250ハマリとかが落ちていたのでそれなら問題なく打てました。

要は
「養分様が受け皿になるような店は何処にあるのか?」
という事をしっかりチェックして下さい。

以上が出稼ぎのご報告です。
稼働内容や収支は皆様にとってメシマズなので省略しますが、年を越して春を迎えるまでの生活費や固定費を確保出来ました。

今週からは打つ時間を専業レベルからヘビーユーザーレベルに落として当ブログの第2期工事に入ります。
第1期工事(9月)みたいにブログが閲覧出来なくなるようなエラーは出さないと思いますが、お見苦しい点がありましたらご容赦願います。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


[list cat=”134″ num=”5″]