まつりばの初打ち感想は「大都技研はもう駄目かも」

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

目次

基本ゲーム性解説

一撃様ショールーム実戦

A+ARTタイプで、ARTへは基本的にボーナスを経由する仕様です。

----------sponsored link----------


通常時はベルやレア役でメーターを溜めて

まつりばメーター狙い

満タンになると高確抽選します。

高確中にボーナスを引くとART当選のチャンスです。

初打ち感想

2月に導入されてたものの設置が少なく、3月になってようやく初打ち。

先日マジカルハロウィン5のARTが現行機種最遅と書きましたが、「まつりば」はもっと遅かったですm( _ _ )m適当な事言ってスミマセン。

ARTの純増が0.8枚と
正直に書いてあるのは
好感が持てます(実際はそれより低そうですが)。

ただ、いつもの大都技研らしく
出るビジョンが見えない台です。
AT(ART)へ入れれば後は引き勝負
というわけではなく、
ART中の上乗せ関連にも
ある程度の設定差があります。

低設定には夢がありません。

「低設定を打つのが悪い」
と考える事も出来ますが、
液晶で設定示唆を殆どしてないのが駄目です。

事故が起きないスペックなら
設定狙いを意識して作るべきですが、
そんな事を一切考えてないように見えます。

独自版権で制作費が安いのなら、
台の販売価格を下げて
低設定を甘くしたり
低設定だとバレやすい仕様にして
ホールとユーザーに両方迎合すべきでしょう。

ホールとユーザー両方が望んでない台を出しても売れるわけありません。

それとこの台は何処かで見たようなキャラや演出ばかりです。

ジャッカスチームの方が
ゲーム性を含めて目新しさはありました。

そのジャッカスチームですら
1ヶ月持たなかったのですから
状況は深刻です。

おそらくこの会社は番長2の栄光を忘れられないのだと思います。

あのクソ辛い台で稼働が付いたのは
擬似ボーナス+ARTという
当時としては画期的なシステムだったからです。

しかし、魔法少女まどか☆マギカという
番長2ソックリの台が出た事により、
番長2がいかにボッタクリだったか
気づいたユーザーも多いと思います。

昔の出玉設計で台を出しても
今は通用しません。

今回のまつりばは、
マジカルハロウィン5と被る仕様
なのも苦戦の原因だと思いますが、
大都技研の台が全く通用してない現実を直視すべきです。

大都技研は「秘宝伝TheLast」という台を出す噂ですが、大都技研自体がLastでいいと思います。

天井・ゾーンハイエナについて

天井は777ゲームで無限ARTに突入です。

しかし、ボーナス確率は設定1でも約1/150と軽いのでほぼ到達しません。

メーター狙いも解析を見る限り、
あまり効果は無さそうです。

天井は設定変更後にリセットされるため、ハイエナ的には用がないでしょう。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

関連記事

機種解説記事

ブログ記事まとめ(スロットブログ&パチンコブログまとめ)様

メタボ教授パチスロ研究室新着記事

----------sponsored link----------

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ