ゴト情報ってどこまで信用出来るの?

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

今回紹介する記事はスロ板ラッシュ様の
【悲報】バジ絆、不正基板が紛れ込んでいた模様・・・しかも犯人が・・・
です(ちょっと前の記事ですが)。
バジ絆は9月頃にサブ基板交換という怪しい事をやっていて、その後も色々噂がありますが、それは好感作業員の犯行だったそうです。

「交換作業員の犯行だった!」

「バジ絆」の中継基板を不正なものと交換したのは「3点セット」交換作業者だったことが既に明らかになっています。心配していたことが起きてしまいました。

ホールさんが交換作業を依頼したのはメーカーさんです。人手の不足していたメーカーさんは大手販売代理店に作業要請しました。やむを得ないことですね。
メーカーからの依頼を受けた大手販売代理店さんもやはり人手不足でした。そこで、いわゆる「孫請け」を探したのです。もちろん、「遊技機取扱主任者」の有資格者であることが絶対条件でした。

----------sponsored link----------


そのようにして現場に派遣された作業員が犯人だったわけです。

「メーカーに依頼したから大丈夫!」
そんなホールさんの信頼は裏切られてしまいました。
人間性の問題でしょうか???
(中略)
またまた「バジ絆」から不正な中継基板を発見しました。
3台設置されていましたが、そのすべてが不正基板に交換されていたのです。
レントゲン装置を用いての検査では、不正なチップの存在がはっきりと確認されました。

きっかけは監視カメラの録画映像でした。
「3点セット」交換作業者の動きを不審に感じたホール様の注意力が功を奏したことになります。
しかし、まさか3台すべてが被害にあうとは・・・。

中継基板を筐体にビス止めし、ピンクのカシメキャップをはめてしまったあとでは目視での発見は無理と言わざるを得ません。
しかし、筐体に取り付ける前の基板であれば目視でのチェックが可能な場合もありそうです。
中継基板交換作業の直前の目視チェックの実施もお勧めします。100%の特定は望めませんが。

既に交換作業を終えたホール様、今すぐ録画映像をご確認ください。
「怪しい」と感じたら、今すぐレントゲン検査を!!
(中略)

通常ゲーム時での「バジリスクタイム」突入率が極端に上がる、しかし、その継続率が極端に低く 一向にメダルが増えない。

不正中継基板騒ぎの渦中にある機種でもありますから様々な憶測が飛んでいます。
それというのも、認定に伴う3点セット交換済みの台で「バグ」が発生しているからです。

「実は不正基板に交換されていて、何らかのセット打ちで変貌するのではなかろうか・・・。」

では、メーカーさんの対応というと。

「一部のパーツを交換することで改善します、全く問題ありません。」

実際にパーツ交換後に「バグ」は治まっています。

3点セット交換後に起きた想定外の不具合ということなのでしょうか。

出典は全て

毎日セキュリティ

というサイトです。

このサイトは昔からあるのですが、毎日色々なゴト情報が流れています。

「本当にこんなにゴトが起こるのだろうか?」
と正直怪しいと思っていたので、
これまでブログに取り上げる事はありませんでした。

上記の記事を見ても「交換作業員の犯行だった」という割にはバイオ5におけるエンターライズや原田運送のように捕まったニュースが出てきません。

メーカーや大手販売代理店が「遊技機取扱主任者」を手配したわけですから、大きな問題になるわけですし、逃げられるわけもないです。

「バジリスクタイム突入率が極端に上がる、しかし、その継続率が極端に低く 一向にメダルが増えない」
という症状だって、元々サブ基板で制御しているのに『一部のパーツを交換』で直るというのがよく解りません。

考えられる事は

このサイトはゴト師が作っている可能性です。

セキュリティ会社に調査の依頼をしたら、ゴト基盤を植え付けられるというオチも考えられます。

そもそも不正基盤やゴトというのはメーカー開発社員が製作段階で仕込めば絶対にバレないわけで、防ぎようがありません

台をどうこうするより、監視カメラで客の様子をチェックする方が重要だと思います。

 

ただ、メーカー社員が攻略法を仕込む事はこれから増えるはずです。

パチンコ・パチスロメーカーも台が売れず、リストラされる開発者もこれから多く出てくるでしょうから「それじゃあ最後に・・・」という事も十分考えられます。

そういったメーカーの元開発者が怪しい攻略法の販売をして、「詐欺ではなく本物だった」という事もあるのでしょうか(・∀・)。

それはそれで立ち回りとして難しい時代になりそうです。

-----sponsored link-----



スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ 個人ブログ

----------sponsored link----------

14 Responses to “ゴト情報ってどこまで信用出来るの?”

  1. まっさん より:

    こんばんは。

    このサイトについては僕も以前注目してました。
    教授はそういう見解ですか。
    言われてみれば確かにそういう見方もできますよね。
    さすが目の付け所が違います。

    でも、僕はちょっと違う見解で、ゴトの自作自演で不安を煽って商売してるんじゃないかと思って注目しなくなったんですよ。
    もう毎日のようにあれをしないと危ない、これを付けないといけない、こんな事があったあんな事があったと、次から次へと出てきます。
    最初は、真に受けてたのですが、段々いくらなんでもそこまでザルザルなものか?という疑問が出てきました。

    教授の言うところの
    「本当にこんなにゴトが起こるのだろうか?」
    と同意見です。

    で、僕は、ありもしないゴトをでっち上げて対策部品を売ったり、検査の依頼を受けたりしてるんじゃないかと思い始めました。
    検査なんかそれこそ、チョコチョコっと傷でもつけて「ほら、これやられてますよ」って言うのなんか簡単だと思います。
    一部は本当の事だとは思いますが、このサイト見るといくらなんでも多すぎるように感じます。

    それと、決定的な不信感を持ったのはこの記事です。
    http://blog.livedoor.jp/t__plan/archives/5146124.html
    中古の流通過程で不正改造された台の件ですが、ゴト師はどうやって設置店を知るのかという事で
    >>仕込まれた機種にGPS機能が付けられてるとの噂もありますが。
    という記述です。
    彼らは不正改造を見抜くプロで、多数の不正改造機を見てるハズなんですから、そんなもの仕込まれてたら見抜けないハズないと思います。
    それが、「噂もありますが」って意味が分かりませんでした。

    そもそも少し考えればGPS機能を仕込んだとしてもそれだけではどうにもならないと分かる筈です。
    そういう事を何も考えずにただ不安を煽るネタを思いついたら嬉々として記事にしているように感じました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>「僕は、ありもしないゴトをでっち上げて対策部品を売ったり、検査の依頼を受けたりしてるんじゃないか」
      現実的にはそんな感じだと思います(ゴト基盤を植え付けられるというのは言いすぎましたw)。
      GPS機能についてもおっしゃる通り怪しいと思います。
      筐体の中で厳重に封印された基盤付近にGPSを仕込んでも、GPSの電波を衛星が拾えるのでしょうか(・∀・)。

      1+
      • まっさん より:

        >筐体の中で厳重に封印された基盤付近にGPSを仕込んでも、GPSの電波を衛星が拾えるのでしょうか(・∀・)。

        そこですよね。
        GPS自体は1チップなので百歩譲って仕込めたとして、まず受信アンテナが必要です。
        さらに測定した自位置を送信するには送信アンテナが必要です。
        それを分からないように仕込めるとは考えられません。

        そもそもホールの中の筐体の中でまともに自位置が測定できると思えませんし、測定したとしてどこにどうやって送信するんですかね?
        まさかの携帯会社の網?
        携帯会社の契約が必要です…っていうか、すぐ足が付きますw
        人工衛星経由?
        どれだけデカいアンテナが必要か?屋内の筐体内から通信できるのか?
        考えたらわかりますよねw

        1+
  2. スタドラ打ちたい より:

    昔、パチ屋でバイトしてましたがそもそも裏基盤扱ってるのが○○商会みたいな代理店だったしセキュリティ会社が元ゴト師の会社でしたね。

    0
    • メタボ教授 より:

      確かにゴト師もそういう稼ぎ方をした方がリスクは低いと思います。

      0
  3. 末期の名無しさん より:

    4号機AT時代から打ってる人なら何でもアリな業界ってのはわかりますよね。
    有名なコピー打法から、インディジョーズ小役判別(=AT突入確率アップ)、島唄1枚ビタBB直撃、クレージーレーサー次回BBまで続くAT強制打法、サムライスピリッツ強制スーパーBB変換、ビッグシオストック判別、大ヤマトストック判別、沖縄サイコー嵐ガセ前兆からモード天井推測攻略、ゴールドX小役抜き…これに小役抜きやらボーナス強制やら入れるとコメント欄が幾らあっても足りません。
    自分が実際やったのは数える程度ですが、様々なメーカーがやらかしてますよね。

    5号機になってからこういった話は殆ど聞かなくなったけど、じゃあ仕込みやバグが全く無くなったのかとなると何とも言えません。
    開発者の方々は解析知ってる以上、お小遣い稼ぎ程度に新台時期に稼いでるんだろうな…ズルいとは思います。

    0
    • メタボ教授 より:

      おっしゃる通り、そういった意味でパチスロ開発者が羨ましいです。
      山佐は確実に開発者が小銭を稼いでいてクロでしょうね。
      一方で「試打をしてないだろうし、そもそもホールでパチスロを打ったことあるのか?」と思えるような台を作るオリヘイ開発者はシロですw。

      1+
  4. 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。

    この会社、怪しいか?と言われれば、この会社に限らずゴト対策を請け負っている会社は全て怪しいです。
    10年以上前の話ですが、ゴト対策と称して不正基盤を付けられた店舗を知っています。(今は存在していないセキュリティ会社です。毎日セキュリティではありません)
    ただ、セキュリティ会社を信用しきってはいけませんが、ゴト対策が必要なのも事実ですので、自社で判断して行うのがベターだと思います。

    尚、今回の絆の件につきましては、以前あった蒼天等の基盤交換とは大きく異なる部分があります。
    実はここが一番の問題だったりします。

    蒼天等の機械は、全ての基盤交換作業を、JSS(メーカーで作る設置確認等を管轄、依頼している組織)主体で行っています。
    ここに登録されている販社・取扱主任者は、何らかの問題が発生するとペナルティが非常に大きい為、不正がやりにくい。
    そして、交換する基盤は、交換作業を行う者が持って行くorキッチリと封印された基盤が指定運送会社で運送されました。
    更にJSSより、〇月〇日に△△と言う者が交換に伺います。と事前に連絡がありました。

    ところが、絆の場合はそのあたりの管理が無茶苦茶でした。
    先ず、JSSのような組織に所属していない、得体のしれない孫請けに依頼してしまっている事。
    交換部品が封印も何も無い状態で段ボール箱でホールに直接送られている事。
    〇月〇日に行きますという連絡のみで、交換当日まで誰が来るかも判らない。

    こういった杜撰な対応をしたばかりに、運送途中で不正基盤に交換する事も可能な事から、例えユニバーサルの人間が交換したとしても、不正基盤に交換されてしまう可能性を生み出してしまいました。
    つまり、孫請けが不正を行ったとしても、最終的に誰が犯人か誤魔化せる状況になってしまったんです。

    勿論、不正基盤を仕込んだ奴が悪いのですが、ユニバーサルの未必の故意と言っても過言では無いと思います。
    幸いにもうちのグループ店には、孫請けの聞いたことも無い奴が交換に来た実例はありませんでしたし、念のためのレントゲン検査でも不正基盤は見つかりませんでしたが、ホール側の立場からしても、本当に有りえない穴を平気で作る会社なので、勘弁してよ…と言うのが本音です。
    レントゲン代、請求したいくらいです。
    請求しても絶対に払いませんがね!

    2+
    • メタボ教授 より:

      なるほど、この記事で紹介した事件自体は架空ではなく実際に起こっていたわけですね。
      その点はお詫び訂正いたしますm( _  _ )m。

      ユニバはこれだけホールに迷惑をかけていても殿様商売をしている事にオドロキました。
      9月の中間決算に無理矢理詰め込んだようにも見えなくな無いですが、数字みた感じ無理なく進めてもゴミテカが思ったより売れなかった分の穴埋めは十分出来たはずですが・・・。

      0
      • >なるほど、この記事で紹介した事件自体は架空ではなく実際に起こっていたわけですね。
        その点はお詫び訂正いたしますm( _  _ )m。

        読み直していて言葉足らずを発見しました。
        実際に起こったかどうかは確証を持って言い切れません。
        以下の通り、修正させていただいた上、お詫び申し上げます。

        >ゴト対策と称して不正基盤を付けられた店舗を知っています。

        この部分ですが、その対策会社が濃厚ですが、他の者の犯行の可能性も否定出来ないので、確定では無いです。
        例えば店長などの役職者が内部犯の場合、カメラ録画をその日だけ停めるとか、何らかの作業をしている様にみせて仕込む事も可能だからです。

        こういった不正対策は中々に骨が折れます。
        現行犯では無いので、犯行が明確に判るような録画でも無い限り、逮捕まで至らないケースが殆どです。
        しかも内部犯だった場合に、警察に被害届を出そうものなら、ホール側の人間が不正を行ったという事と受け止められ(確かにホール側の人間が不正を行っているが、あくまでもホール自体は被害者である。)ホールが行政処分を受けた実例もあります。
        ※これは裁判で最終的に警察が負けましたが、判決前に営業停止処分を受けており、ホールとしては営業停止中の利益とユーザーの信用を落とす結果になりました。

        更に以前ならゴトられない様に、インシュロックや封印シール等でホール独自の対策が行えましたが、今は警察がうるさいので、インシュロックや封印シールでのゴト対策は、不正改造と同じ違反と見なされます。

        そう言う意味では、ゴト師もメーカーも警察もグルなんじゃないか?と思ってしまいますねw

        内規変更当時は「ゴトられない」と言う前提だった5号機ですが、全然やられまくってます^^;)

        0
        • メタボ教授 より:

          >>「ゴト師もメーカーも警察もグルなんじゃないか?」
          www。
          6号機ではそれが改善されればいいのですが・・・。

          0
  5. 倒産じぃじ より:

    明けましておめでとうございます(^^)

    セキュリティ会社自体が利益目的で誤情報を流す事は少なからずあります。過去にもあった記憶があります。

    このセキュリティ会社どうこうではないですが、【レントゲン推し】は総じて怪しいです。

    もちろんそれで防げるものもあるのかもしれませんが、成果例がうやむやなので信ぴょう性に欠けますよね。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>「セキュリティ会社自体が利益目的で誤情報を流す事は少なからずあります」
      こういう商売って信用が大事なのに酷い話ですよね。
      レントゲンもどこまで解るものなのでしょうか。
      尿管結石を見るためにレントゲンを取ったときに医者から
      「脂肪が邪魔でよく解らないですね~」
      と言われた記憶があります(´・ω・`)。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ