「パチンコメーカーの不手際により台を撤去」と書かれたポスターが出回る事が決定

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

違法機撤去までのリミットが迫ってきています。

新台を入れずベニア板を入れる場合に貼るポスターを、全日遊連(ホール側の団体)が用意したそうです。

遊戯通信WEB様より引用

全日遊連は9月27日、各都府県方面遊協に「回収対象遊技機の回収・撤去後の対応について」と題する文書を送付し、回収対象機を回収・撤去した後、新たな遊技機を入れずにベニヤ板等でふさいだり、外枠を残して遊技盤を取り外すなどの対応をした場合における統一表示を作成したことを知らせた。

----------sponsored link----------


%e3%83%aa%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b9

9月16日に開催した全国理事会で、出席者から統一表示の要望があったことを受け、執行部と各委員長との合同会議で作成した。

来店客などに告知するための「組合からのお知らせ」では、「現在、全国の組合員ホールでは、遊技機の過度な入替を控えております」とし、遊技機を回収・撤去した後に遊技機を入れずにベニヤ板等でふさぐ場合があることに理解を求めた。

また、ベニヤ板やガラス面等に貼付する「統一表示」では、「この台は、『遊技機メーカーの不手際』により回収・撤去されました。今しばらくお待ちください。全日本遊技事業協同組合連合会」と記した。

全日遊連と日工組では、一連の問題を話し合う場として定期連絡協議会を毎月開催しているが、関係者によると、最終リストに記載された年内回収機の補償問題などで協議は平行線の状態が続いているという。今回の「統一表示」は、回収機問題におけるメーカー対応の不満が全日遊連サイドに高じていることを、あらためて窺わせるものとなっている。

攻めのベニア買っても意味無かった
ここに来てホール団体側の怒りが爆発しているようです。

%e7%8c%ab

第2次リストまでは
順調に撤去されたようですが、
第3次リストにある台については
まだ揉めています。

全日遊連会見、3次リスト回収に伴う補償問題は平行線(同じく遊戯通信WEB様)

1次2次は検定が切れている台なので、
保証を求めるというのも
現実的に難しいわけですが、
3次以降はまだ検定切れしてない台です。

その違いがあるので
スンナリとはいかないのでしょう。

今更遅い

撤去までのタイムリミットは案外残っていません。

牙狼魔戒のリユース処理返却は約1ヶ月後に迫っています。

Re.designの中の人様より引用

ようやく魔戒リユースの情報が出ました。

10月28日までに返却した魔戒は、12月18日週にXX‐XXからXXX‐Xになって納品されます^^
*返却期限は11月4日まで ←ルパン2週目で外すホール向け!?

 

牙狼の返却期間中に「上記のポスターを貼れ」という事かもしれませんが、リユース機を入れてしまえば保証の話は終了となるはずです。

更に金色のリユース機にあたる「闇を照らす者」はもうすぐ導入されます。

そういう状況で、保証云々の話をしても遅いはず。

去年からこうなる事は解っていたわけですから、メーカーや警察の責任がはっきりするまで最初の撤去にも応じる必要はありませんでした。

今からやるなら台の入れ替えを完全にストップして話し合いをすべきです。

それくらいやらないと何も変わりません。

 

結局は客から搾り取った金で
メーカーの私腹を肥やす結果となります。

業界の膿を出してユーザーの信用を勝ち取る最後のチャンスだと思います。

それなのに、今頃ベニアにポスターを作って来店客にアピールする準備とか「やる気あんの?」と言いたいです。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です

----------sponsored link----------

10 Responses to “「パチンコメーカーの不手際により台を撤去」と書かれたポスターが出回る事が決定”

  1. 匿名 より:

    これがユーザーの信用を勝ち取る最後のチャンスだとは思いません。信用なんてちょっと釘開ければ1日で取り返せるのがこの業界の悪しき体質の根源だと思います。

    2+
  2. メタボブログ常連 より:

    もうマックス撤去までそんな近いんですね。
    私個人ユーザーとしては、爆発力がある台を打てなくなるのは悲しい気持ちもありますが、それ以上に世にはびこるパチプロ達が飯を食うためにどう生活していくのかが楽しみです。
    別にプロがいなくなってほしいとかではないのですが、自由を求めて脱サラしました!とか言ってる人がどんな人生を歩んでいくのか、目をそらす訳にはいかないようです

    1+
    • メタボ教授 より:

      >>信用なんてちょっと釘開ければ1日で取り返せるのがこの業界の悪しき体質の根源だと思います。
      信用なんて要らないと考えているから釘をあけないわけですね(・∀・)。

      >>メタボブログ常連様
      パチプロはどうするのでしょうね(他人事w)。
      全く勝てなくなるわけではないですから、バイトとパチプロの兼業になるのでしょうか。

      まあそういうのを見越して既に沢山のスロプロがブログをはじめましたが、残っている人はほんの一握りです。

      具体名は挙げませんが、スロプロ上がりでブログで生活出来るくらい稼いでいる人って数える程しかいません。

      バイトならスロプロでも雇ってくれるはずですが、問題は生活レベルです。

      僕はアパート賃貸で車持ちでも年間200万円弱で暮らしていますし、実家ぐらしの人なら年間100万も使わないでしょうから少々収入が減っても普通に貯金が出来ますが、年間300万以上使う人はアルバイトの時給ベースでは厳しいでしょう。

      実体験として、詰む人って連絡取れなくなり末路が解らないので、僕もよくわからない世界です。

      1+
  3. これは全日遊連の上の連中が考えた事です。
    うちの法人も、その全日の組合員である事が恥ずかしい。

    「全然ユーザー目線じゃないんですよね!」

    こんな考えにしかならない連中が上に立っていれば、そりゃ業界も廃れますわw
    この人たちや、メーカー側の上の連中を引きずり下ろす事から始めないと、業界の未来は無いですね。

    1+
  4. 匿名 より:

    釘さえ開けてくれる店があればマックス機なんかなくても普通に食っていけますよ。
    問題はまったく釘調整出来なくなった場合だけ。
    スロットも5.9号機になっても割110%くらいの台作れるんだからまだまだ安泰

    1+
    • メタボ教授 より:

      >>じゅんたプリ様
      おっしゃる通り、メーカーに鉄槌を下さないとこの右肩下がりの状況は終わらないと思います。
      全日遊連の対応もしっかりしないと来年にも第5次リストが出て、ミドル以下の入れ替えも求められる可能性があり、ベース的に北斗無双ですらリストにあがってもおかしくないわけですし。

      >>「釘さえ開けてくれる店があればマックス機なんかなくても普通に食っていけますよ」
      MAX機が無くなって困るのは打ち子組織ですよね。
      ピンの人は関係ないと思いますが・・・。
      それよりも先日記事にしたように適法機は時間効率が下がるのが大きな問題です。
      割110%が次々ツモれるならそりゃ食べていけますが、そんな事言っている人は既に淘汰され気味ですし(・∀・)。

      1+
  5. メタボブログ常連 より:

    コメ返ありがとうございます。

    私もいろんなスロットブログ読んでますが、特定のブログしか読みません。
    逆に言えば、特定のブログしか読まない人が、新規参入ブログの似たようなスロブログを誰が読むというのでしょうか?
    それこそ個性を出せば認められるのでしょうけれど、その個性をそもそも見てもらえないでしょうし。

    スロットがダメなら別ビジネスでせどりだぁ!ブログだぁ!とか言ってる人、甘すぎンゴわろたって感じがします。

    社会的信用ゼロの無職に成り下がる時点で、ある意味そーゆー覚悟を持ってるわけですからどうなろうが本当に文字通り知ったことじゃないですしどうでもいいですが、私も気になるんですよね。その類の方の末路が。

    スロプロの方にはたんまり稼いだお金で精一杯幸せに生きてもらいたいです(にんまり)

    1+
    • メタボ教授 より:

      >>「メタボブログ常連様」
      そうですね(・∀・)。
      個性が無いと先行者には基本勝てないです。
      もっと言いますと個性があっても需要が無ければ成功しません。
      せどりにしろブログにしろ成功するには1年・2年は絶対にかかります。
      成功しても5年後10年後どうなっているか解りません。
      まあギャンブルで生活する人はろくな死に方をしないのが定説なので、僕もその覚悟はしています。

      1+
  6. メタボブログ常連 より:

    メタボ教授はメタボで死ななければもうすでに十分ろくな死に方をまぬがれていると思います。

    更新楽しみにしております。

    これからも既存ブログにとらわれない尖った記事期待しております。

    1+

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ