にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

目次

基本ゲーム性解説

一言で片付けると新内規で作った鬼武者再臨。

初打ち感想

良台だった鬼武者のシステムを
パクるのはいいとしても、
世界観が被っている
忍者外伝で出す必要は無かったと思います。

設定1の初当たりが1/475で
天井が999+前兆と低いため
ンゴロポポスに近い天井到達率となりそうです。

----------sponsored link----------

天井狙いでしか打って無いですが、
CZにすら当たりません。

それなのに弱レア役が入賞しただけでも
派手な効果音が鳴ります(´・ω・`)。

通常時は黙々と天井を目指すだけの作業ゲーです。

ハイエナで打つ分にはいいですが、
おそらく平打だと
ゲーム性が崩壊しているはず。

鬼武者と違う点として
継続率が一定ではなく
シナリオ管理になっています。

最低継続率は50%だそうですが、
悪い方の50%しか引けません( ;∀;)。

おそらく継続確定役(1/655.4)や
バトル中のレア役込みの継続率50%だと思います。

それは別に構わないものの、
テーブル示唆はどうなっているのでしょうか。

AT突入画面のランプの色で
上位示唆をするそうですが、
それだけなら
「テーブルを推測しながら打つ楽しさ」
が全く無いわけです。

他にも示唆はあるのかもしれませんが、
ATを楽しむには真っ先に公開されるべき情報だと思います。

天井・ゾーンハイエナについて

通常時999+前兆でAT当選となります。

いちおう200ゲーム、400ゲーム、600ゲームで高確移行(CZの当選に影響)してCZが当たりやすくなっています。

600は天井狙いの通過点で、200、400はピンポイントで拾えるなら拾っておきましょう。

天井狙いについては
800ハマりで高確移行が無いという嫌らしい仕様となっています。

メタボ教授は500ハマりから拾ってますが、
現実的には400の高確抜けで捨てられている台ばかりです。

いくら初当たりが重い台とはいえ、
400過ぎから打つのはあまりオススメしません。

あとAT後も高確に移行するため即ヤメ厳禁です。

転落契機であるリプレイを
複数回引くまでは
回す事をオススメします。


スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

関連記事

機種解説記事

NINJAGAIDENブログ記事まとめ(スロットブログ&パチンコブログまとめ)様

メタボ教授パチスロ研究室新着記事