にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

今回紹介する記事はパチンコ日報様の「故岩田社長追悼。メーカーは任天堂哲学に学べ」という記事です。

パチンコ日報様より引用
任天堂の岩田聡社長が55歳の若さで亡くなられた。自らがゲームを開発する天才肌の経営者ともいわれた。
(中略)
岩田氏の経営判断の理念がこれだ。
「性能だけを追い求めると、ゲーム市場は縮小してしまう。興味のない人にいかに遊んでもらうかが重要」
この理念の下に「脳トレ」や「ウィーフィット」は生まれた。
パチンコ業界の遊技機の開発の仕方は、マニアックになりすぎてじり貧になって行ったPS3の姿とオーバーラップする。

「PS3のウリは映画を見ているようなリアルなCGだった。そのために開発費に占めるグラフィックスのコストが倍々ゲームで跳ね上がり、本来のゲーム性にかけるコストが削減され、ゲームの質が落ちた。ゲーム自体がつまらなくなってしまった。なぜ、パチンコ業界は任天堂の成功、ソニーの失敗をなぜ学ぼうとしないのか!」と話のは元スロットメーカー関係者。

今業界が突き進んでいるのがソニーのPS3路線だ。
ゲームとパチンコは違う、と前置きした上で、この元関係者はパチンコの開発のヒントをこう示唆する。
「ゲームは頑張ればクリアできる。将棋は強い人が100%勝つ。マージャンは運と実力。
ところがパチンコやパチスロは釘を読む、設定を読むというプロセスがあるが、勉強する要素が小さい。ゲームとしての奥の深さが浅い
310個ある出目のサイコロを振っているようなもので、達成感、成長感が感じられない。そこにトバクという禁断の果実を入れて、面白い、と錯覚させているだけ。将棋は頑張れば強くなれるが、パチンコは頑張っても強くなれない」
サイコロを振るだけのゲーム性から脱却し、女性客でも興味を持つような機械を開発しないことには市場規模は先細るばかりだ。

----------sponsored link----------


言っている事は概ね正しいと思いますが、大事なのはその賭博の要素です。
今のパチンコをゲームに例えると昔流行った改造マリオくらい無理ゲーで、そこにお金を賭けるのが馬鹿らしいだけです。

それとウィーがPS3に勝っていて、あたかも任天堂は優良企業という前提で話を進めていますが、その認識は間違っています。

任天堂は昨期4年ぶりの営業黒字を達成したというニュースが先日流れましたが、その中身を見てみるとあまり改善されていません。
販売台数・売上高が右肩下がりなのに突然黒字化したのは、会計処理上のマジックです。

具体的にはその1個前の期にWiiUの在庫を損失として計上しています。ほぼ無価値と会計処理したそのWiiUの在庫を次の期に販売すると「販売価格≒粗利」となり、数字上営業黒字になっただけ(´・ω・`)。
今問題となっている東芝と違って合法的な手法なので全く問題ないですが、任天堂が窮地に立たされているのには変わりありません。

ただ、パズドラと組んだり、健康分野に手を出したりと新たな収益源を模索しているので、会社が立て治る可能性は大いにあります。志半ばで亡くなった岩田社長はさぞ無念だったはずです。ご冥福をお祈りします。

任天堂が駄目な本当の理由

ゲームというのもパチスロの新台と一緒で常に新しいモノが求められます。
でも新しいゲーム性というものは中々出来るものではありません。

任天堂はWiiフィットのような体感系の商品を出して巻き返しましたが、それも8年前の話。
新しいゲーム性や新しい基軸というのは毎年ポンポンと出てくるようなものでは無いのです。

つまり、それ以外の要素を煮詰めなかったのが任天堂没落の原因だと自分は思っています。
具体的には「新しいキャラを開発しなかった事」です。
任天堂の主力キャラは30年前から殆ど変わっていません。
ポケモンですらもう20年近く前です。

ディズニーだってサンリオだって、昔のキャラに頼らず常に新キャラを開発しています。

一方任天堂は新たなキャラが育たないので、
ピカチュウ総選挙
みたいに単一キャラで人気投票するハメになるのです。

ピカチュウ総選挙

オラに電気
くっそーwww

新しいゲーム機や新しいゲーム性を投入する場合は既存の人気キャラを使うのもいいですが、それとは逆でゲーム性はマイナーチェンジでも新しいキャラを開発する試みを平行してやっておけば、状況は違っていたと思います。

おそらく過去のゲームがHITした理由を「キャラクターが良かった」のか「ゲーム性が良かった」のかきちんと分析してないように見えます。マリオじゃ無くても売れていたゲームなら、マリオを投入せずに新しいキャラを使っていれば5年・10年先への財産となっていたわけです。

パチスロの場合も同じで

「4号機のオリジナルキャラがウケた」と勘違いして5号機でリメイクしても、結果は即通路の繰り返しとなっています。

番長2のように新しいゲーム性を客に提示出来れば4号機の時のようにHITしますが、そういう台があまりに少ないです。
新しいゲーム性を開発する事が最重要ではありますが、それが出来ない状況で見飽きた版権やキャラクターを使いまわしているから余計に閉塞感が漂います。

 

ちなみに近年の台のパチスロオリジナルキャラで唯一HITしたと個人的に思うのが、

クレア様
クレア様(*´∀`*)

何で他のメーカーもこのベクトルで勝負しないのか不思議です。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事

[list cat=”134″ num=”5″]