釘調整をさせないためにホルコンデータを提出せよとの事

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

昨日は熊本で地震が起こりました。

パチ屋の様子はこんな感じになっています。

【熊本地震】パチンコ屋入り口のガラスが地震によって完全に破壊された画像が公開される・・・ その他パチンコ関連の被害状況まとめ(パチンコパチスロドットコム様)

凄まじい地震だった事が解ります。

----------sponsored link----------


ツイッターでは地震直後の店内の様子も

あとマジックライアンが日本で唯一打てる店でお馴染み、つる健軍店さんも大丈夫のようです。(廃屋廃人物語様)

これからが大変だと思いますが、頑張って下さい。

本題

昨日からこういうニュースも話題になっています。

簡単にまとめると
「設置した台の釘をいじってないかホルコンデータをチェックさせろ」
という話です。

パチンコパチスロ情報島様より引用

日本遊技機工業組合(日工組)は7日付でホール関係の業界団体に対し「ホールコンピュータのデータの開示等のご協力について(ご参考)」と題した文書を発出した。日工組は3月31日付の文書「新たな流通制度に関しての依頼事項等」(「日工組発第214号」)のなかでホール関係団体に対し、4月1日から施行している「製造業者遊技機流通健全化要綱」および「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」で定めた「部品交換確認書」に関わるパチンコの点検作業において点検確認者がホール営業者に対しホールコンピュータのデータ開示について協力を求めていた。今回の文書ではその具体的な開示内容を伝えた。

日工組が開示を求めるデータの項目は、通常時の出玉率(B)、確変もしくは時短時の出玉率(BA)の2項目。売上などの機密情報の開示を求めることはないとしている。ホールコンピュータの画面上、もしくは印刷物などから点検確認者が目視で開示データを記録する。データを確認できない場合、もしくはホールコンピュータを導入していない場合には点検確認の際に点検確認者が通電作業により、取扱説明書の設計値と各社で決めた時間の“実射した値”で比較する。なお点検確認者には身分証として遊技機取扱主任者証の提示が義務づけられており、提示がない場合には当該点検確認者への提示の要請を求めている。

日工組がデータの開示を求めているのは、取扱説明書にベースの基準が記載された4月1日以降に新台として設置された機種に対してのみが対象となる。4月1日以前に設置された型式のくぎ交換の場合には、従前と同様の確認方法が適用される。

ホルコン開示要求はごもっともですが、まだ違法機問題は何も解決されてないだけにホール側はどう出てくるでしょうか。

それとホルコンデータを出さないなら
点検確認者が実射で測定とあります。

ボッタ店なら
わざとホルコンデータを出さずに
点検時に釘を戻すだけです。

それと設置された段階で
取扱説明書に書かれた数字と違っていた場合はどうなるのでしょうか。

更に言うと釘をいじらなくても
台の傾きで出玉率は変わります。

問題は多くありそうです。

ホルコン開示が健全化への第一歩で
問題はこれから解決していけばいいですが、道のりは険しいと思います。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です

----------sponsored link----------

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ