昨年パチスロ研究室で「カジノ法案が通ってもカジノなんて今更流行らない」という話をしました。
今年7月のブログ全損事故でその記事が行方不明になったのでwもう一度要旨だけ紹介します。

  • カジノで行われる種目は単調過ぎてツマンナイので世界的に随分前からオワコン。だからラスベガスはショーを強化して、マカオは風俗を強化して、モナコはF1を走らせている
  • 生き死にをかけたレベルの金額のギャンブルならカジノのような単調な種目の方が面白いが、そういう客はリピーターになりようがない。生かさず殺さずというパチンコ業界のやりかたがビジネスとしては正解。
  • よって世界各国のカジノはコストがかからないオンラインカジノに生き残りをかけているのが現状。戦略性が高くリピーターが付きやすいテキサスホールデムポーカーが今後の中心になる

といった世界的情勢から日本でカジノ法案が成立しても客引きの目玉が『リゾート』では100%失敗するという話をしました。

それを踏まえて今回は「カジノは廃業相次ぐパチプロ・スロプロの受け皿になるのか?」という話をします。

まず当たり前の話ですが、どんなギャンブルにも勝ちネタが必要です。技術介入がない既存のカジノ種目で勝ち組になるのはまず不可能です。
可能性があるのは戦術性が高いテキサスホールデムポーカーとなります。

テキサスホールデムポーカーについて戦術的なものはググッて自分で調べて欲しいのですが、必要とされる能力は麻雀に近いものがあります。
メタボ教授は脳の瞬発力や感情のコントロールなどが一般人レベルですので、おそらく勝ち組に回るのは不可能だと思います。逆に優秀なプレイヤーは海外の大会に参加して稼ぐ道があるわけです。

----------sponsored link----------

オンラインポーカー

で一つ注意して欲しいのは日本における法的立ち位置です。
一般的にはオンラインギャンブルは海外の会社、海外のサーバーだから大丈夫という認識ですが、これは正しくありません。
法律に書いてある事を判断すれば一見合法のように見えますが、法律に書いてあることが全てではない事を知って下さい。

ご存知のように六法全書を丸暗記しても司法試験には受かりません。
裁判官は法律に書いていることだけで判決を下してないのです。

代表的な事例として競馬の課税訴訟があります。
NAVERまとめのリンクを貼っておきますが、もっと噛み砕いて説明します。

競馬で28億7000万円分馬券を買って30億1000万円の払い戻しを受けて差し引き1億4000万円の利益を得た人がいました。
競馬の払い戻しは一時所得にあたり、納税の義務が生じます。
日本の法律上、当たった馬券の購入費用はその払い戻しに対する費用として認められますが、一方で外れた馬券については費用として一切認められません。

そのため28億7000万円の馬券購入費用の内、経費として認められるのは「当たり馬券の購入額である1億円1000万円」であり、それで計算すると彼は5億7千万円の納税義務が生じます。

1億4000万の利益に対して5億7千万の納税義務があるのはおかしいだろということで裁判となりました。

裁判は最高裁まで行くようですが、1審・2審共に原告側の主張を全面的に認めて「所得は実際の利益である1億4000万円であり、必要な納税額は追徴含めて約5000万円程度」という判決が出ました。

このように法律に書いていることとは全く違った判決が出ることもあるのです。
法律なんて何十年も昔に出来たもので現状に則してないものもあるわけですから、裁判官は法律だけではなく過去の判例や社会通念も重視して判決を下しています。

警察も最近だと、海外サーバー・海外名義会社のFC2に捜査のメスを入れたように、実質日本人対象のオンラインカジノはいつパクられてもおかしくない状況です。
ゆえにオンラインカジノを始めるのはオススメしませんし、やる人はそれなりのリスクを覚悟してやって下さい。
もちろん海外で現地開催されるポーカーの大会に行って稼ぐといった事は全く問題ありませんので、才能ある人は頑張ってください。

カジノ法案の本当の争点

カジノ法案(通称IR法案)は今国会も成立断念となりました。
何年も前からやっていてどうして決まらないの?
と皆様お思いでしょうが、成立しない理由はとても簡単です。

「カジノ利権を得れるかどうかの駆け引きが水面下で永遠続いているから」

特に死活問題なのは警察側です。
ご存知の通りパチンコ屋の換金をはじめ、パチンコに関わる利権は全て警察が握っています。
そのためパチンコ⇒カジノへの移り変わりは警察としては阻止しないといけません。
カジノも警察側が牛耳ってしまえば問題ありませんが、他の議員や他の省庁側も目を光らせているのが現状です。

風向き的には警察から利権を奪えという方向になっています。
パチンコ合法化で税金徴収という話題が出てきたのもその一環です。
こういった状況の中、最近どのパチンコ業界団体の声明にも
「風営法の下で発展」という言葉が見られました。
これは警察への絶対服従アピールだと言えます。

一方でカジノ推進派であるユニバやサミーへはスロット規制という警察側の制裁が入りました。
という事でカジノ推進派が歩み寄ったのか、10月24日に「カジノ利権を警察にも開放」となったそうです。

このことでいちおう決着がつき、法案通化へ前進する事となります。

カジノ法案が通ったら

我々は何の種目を鍛錬すればいいでしょうか。
やはり技術介入の要素が多いポーカーなのでしょうか。

自分の答えは違います。
養分様が多く参加しそうな、ある種目に注目しています。

まず何故サミーやユニバーサルがカジノを推進しているのかを考えてみて下さい。
法案が通過して全国10数箇所にカジノが出来ても、いくらの利益が上がるのでしょう。

カジノだとパチンコみたいに1台40万の台を頻繁に入れ替えるような事はないと思います。運営に参加できても公設民営みたいな形でしょうから莫大な利益はあがりません。

サミーやユニバの本当の狙いは

カジノ解禁を足がかりにオンラインカジノへの取り組み

これしかないと思います。

サミーはここ数年サミータウンに力を注いでいますし、今年になってユニバもサミータウンの仲間入りを果たしました。
「IR法案=オンラインカジノ解禁」とはなりませんが、カジノ自体が合法解禁されれば競馬や相場と同じ手順でオンライン化の道が開きます。

つまりカジノが合法化されて将来的に一番稼げそうな種目は『オンラインパチスロ』だとメタボ教授は考えています。

言い換えればスロッターとして10年後も生き残っていればビッグチャンスが訪れると自分は思っていますので、今から新しいカジノの種目をやろうとは思っていません。

-----sponsored link-----

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ