パチスロの話その65「私がパチスロのプロを名乗らない理由(後編)

前回、「パチスロでいくら勝った?」と聞かれたら本当に勝っている人はどう答えると思いますか?
という問いかけで終わっていました。
答えは何ら変哲がないですが、
・ 身内には、実際の額かそれより少なく答える
・ 公には、収支を出さない
です。パチスロが上手いかどうかの判断基準はいくら勝ったかではなく純粋な立ち回りで判断すべきです。よくいる「自称プロ」の方々は年間500万勝ったとか1000万勝ったとか言いますが、今のパチスロのシマの状況でそれは不可能です。それすら理解出来てないのは2流である証拠です。私も勝ち額を盛る事がありますが、それは人様と連れ打ちに行って、その人が凹んだ時です。稼働終了後の酒代を奢る口実を作るためにその日の勝ち額を盛ります。

そして公に収支を出さない理由は単純明快。私は法律上で支払うべき税金を納めていないからです。自称プロの方々、パチスロブロガー、パチスロライターはそれを理解していません。
ちなみにまともに納税している打ち手はパチンコ・パチスロの歴史上1人もいないはずです。何故ならパチンコ・パチスロで勝てば、支払い不可能なレベルの金額を納税しないといけないからです。ここまで書けば競馬をやっている人はピンと来るでしょうが、パチンコ・パチスロオンリーの人にも具体的な例を挙げて説明しましょう。

例えばパチスロで1年間に1500万円をコインサンドに入れて、2000万円の払い戻しを受けて差し引き500万プラスだったという人がいるとしましょう。彼が本来支払うべき税金はいくらになるでしょう。
パチンコ・パチスロで勝ったお金は一時所得となり、その金額に基づき税金が決定されます。一時所得金額とは(収入金額)-(収入を得るために支出した費用)-(特別 控除:最高50万円)を計算したものです。出てきた数字の半分が課税対象金額となり、それに税率をかけたものが本来支払わないといけない税金です。計算してみると彼が支払わないといけない金額はおよそ320万円となります。
「えっ、おかしいだろ。20万円くらいになるはずじゃあ・・・」
って思った人は駄目です。
コインサンドに入れたお金は「収入を得るために支出した費用(経費)」にはならないのです。ご存知のようにパチンコ・パチスロは風営法と三点換金という仕組みの下で合法となっています。店横の換金所であなたに渡されるお金は、「特殊景品を買い取る」対価として支払われるものです。その特殊景品をあなたがパチンコ屋から購入したなら経費として認められます。でも、実際そうではないですよね。パチンコ屋で遊戯をした結果、景品として出されるモノです。
つまり、コインサンドにお金を入れるという行為はパチ屋に遊戯料を支払っているだけであり、特殊景品を直截購入しているわけではありません。それゆえに換金所で特殊景品を売って得た収入に対しての「費用」にはならないのです。
それを知らない人が多すぎます。パチスロライターにも勝ち額報告をする人が多いですが、きちんと税金を払っているのでしょうか。某雑誌で数ヶ月前に行われた「第2のし○けん発掘」という企画には応募者が「年間1000万勝ち」とか「年間700万勝ち」とかありえないレベルの収支を自称していました。そして彼らは顔写真と実名を晒しています。年間1000万勝ちがもし本当なら、累積で億にも届く申告漏れがあるはずです。税務署は早急に回収しに行くべきでしょう。
見る人から見れば脱税自慢しただけのお馬鹿さんが今のパチスロ雑誌には多く出ている事になります。雑誌の編集者ですらそれを知らないというのは大きな問題です。

このようにパチンコ・パチスロには他の公営ギャンブルと同様に、勝ち分に対する課税問題があります。プロフェッショナルとは「職業的な」という意味です。脱税など非社会的な行為が許される職業なんてありません。だからスロプロと名乗るならきちんと税金を治めてから名乗るべきだと思います。周りから見れば私は「スロプロ」ですが、自ら「スロプロ」とは名乗りません。どんなに稼いでも社会的身分はスロッカスなのです。

----------sponsored link----------

6 Responses to “パチスロの話その65「私がパチスロのプロを名乗らない理由(後編)”

  1. 通りすがりのモタスポ板住民 より:

    税金とか取られたらギャンブルする意味一つも無いじゃん(ないじゃん)。
    どうも通りすがりのモタスポ板住民です。以前もテラ銭が云々って話をコメしましたが、税金が欲しいならそこから取れば良いのにといつも思います。
    最近自分はオンラインポーカーに興味を持ち始めています(金賭ける気は一つもありませんが)。株とかやっている人もそうですが、やはり税金関連の不明瞭さというのは課題になっていくのかなぁと思います。
    オンラインポーカーなら株と同じ感じで良いのかな?もしかしてF1にCM出しておきながらオンラインカジノもアウトなの?もうこの部分からして良く分かりませんw

    0
  2. oyajito より:

    通りすがりのモタスポ板住民様訪問コメントありがとうございます。
    株取引も立派な民間ギャンブルですが、税金については証券取引法にきちんと定義されています。勝ち負け全てを含めたトータル利益から20%を国に収める事になっています(暫定措置で10%)。利益が上がれば証券会社が源泉徴収してくれるので、申告しなくても大丈夫です。他のギャンブルも見習うべきですね。
    一方、オンラインカジノであげた収益はおそらく競馬やパチスロと一緒の税金になるはずです。オンラインカジノ自体は日本で公認されておらず、海外のサイトでやる事になります。どういう仕組みのサイトであっても、口座に払い戻しがある毎に「海外から得た一時所得」と扱われると思います。
    海外のオンラインカジノをする事を規制する法律は存在しないので、実質合法だと思いますが、あまり大きい額をやり取りすると税務署に狙われても仕方ないので気をつけて下さいw

    0
  3. ogahi7seven7 より:

    競馬の裁判がどうなるか見物です。
    自分は去年500ほどのスロプーでしたが、記録に残らない自営業的な収入の得方をしたものについては、基本的に税務署はお手上げでしょうね。
    競馬勝てる人はネットで買わなければいいだけ。
    スロの場合、いざ、徴税となった時、どうやって調べるのか見物です。
    自分は見栄張って嘘ついてました!すみません、って言います。

    0
  4. oyajito より:

    ogahi7seven7様訪問・コメントありがとうございました。
    まあパチスロ打ちにとってはまだまだ対岸の火事ですよね。ただ、お上が本気で我々スロッカスから税金を徴収しようと思った場合どうするか?私は既に想定出来ています。
    それはCR機導入と同じ手口です。CR機の説明はすっ飛ばして、具体的な方法だけ。18歳以下とかナマポ受給者を排除するという名目でパチスロを打つのに身分照会を求めるようにします。その代わり6号機の認可で規制緩和です。身分照会はTASPOみたいなカードだけではなく、スマホのアプリがメインになるでしょう。で、その下地が出来れば、続いてやってくるのが特殊景品の電子化です。特殊景品を電子化すればお上の利権である景品交換所のコストが大幅に削減されます。自浄化と効率化はいい事ですよね、パチスロ業界にとっては。打ち手にとっては・・・。

    0
  5. ogahi7seven7 より:

    なるほど!そうなったら、完全に徴税されますね。とりあえず、競馬の裁判の結果がどうなるのか楽しみです。

    0
  6. oyajito より:

    ogahi7seven7様再訪問・コメントありがとうございます。
    私も競馬の裁判の結果が非常に気になります。被告は馬券で億単位稼いだ点で私より遥かに優秀な馬券師ですが、2011年にWIN5が始まった時に「IPAT限定」と限定した時点で、何も勘づいてなかったのはギャンブラーとして鈍いと思います。
    同じように、パチンコ・パチスロで特殊景品の電子化という話が出てきたら、細心の注意が必要だと思います。

    0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ