緑ドンVIVA2「ビリゲ高確ゾーンのゲーム数」から見るユニバの哲学

イマイチ確証が持てずに補佐的な立ち回りにしかしていませんでしたが、メタボ教授の独自調査通り(緑ドンVIVA2)REG後100ゲームがアツかったようです(土下座謝罪しなくてよかった)。

【緑ドンVIVA2】ビリゲ高確ゾーン分布(パチスロ突破口様)

立ち回りに関してはリンク先で説明されている通り
前回が普通にハマったREG後よりも100ゲーム以内のREG後の方が、いいモードである可能性が高い
事になります。
追記:パチスロ突破口ぼぶ様より「テーブルは15種類のようなので100G以降のREGでも100までC以上のテーブルになると解釈しています。」とご指摘いただきました。

REG後70ゲーム前後の台を1Kだけの勝負に徹すれば時間効率的にかなり優秀な立ち回りになるはずですが、実践上はガセ前兆や高確率示唆に引っ張られて2K目を入れる事になります。それは仕方ありませんので、せめてモードBの時(70ゲーム以降何もざわつかない)はきちんと1K以内に撤収するように心がけましょう。

ビリゲ高確ゾーン分布を見て

----------sponsored link----------


ユニバは
嫌らしいテーブルを作るのではなく、客にバレにくいテーブルを作る
傾向が顕著だと最近感じています。

嫌らしいテーブルというのは常に投資を誘うような作りで、結局はどのゾーンを打っても期待値が薄いというような作りです。
そういうのが最近のトレンドだと思いますが、ユニバは少し違うように思います。

バジリスク絆のモード移行も複雑怪奇ですし、ハーデスはミリオンゴッドなのにゾーン設置という奇襲をかけてきました。そしてまどマギでは穢れシステムというブラックボックスを用意したのです。
「同じようなゲーム性やテーブルを作ると、すぐさま客に見抜かれる」という意識がはっきりと台に出ていると思います。

ユニバは昔から内部の作りこみが無駄に凄い台を出すことがたまにありました(ミズホ名義が多いです)。でも最近はメーシーだろうが、エレコだろうが単純な台を出してこない傾向があります。

今回のビリゲ高確のテーブルを誰が想像出来たでしょうか。

最速最先端で攻略を考えるスロッターは
「ユニバは他のメーカーと少しだけ違う」
という意識を持った方が良いかもしれません。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


----------sponsored link----------

4 Responses to “緑ドンVIVA2「ビリゲ高確ゾーンのゲーム数」から見るユニバの哲学”

  1. kaijhdr より:

    ミズホの難解台と言えば銀英伝ですよね、あんなん今出しても複雑なのに当時の単純な五号機の中で異彩を放ち過ぎでした。

    0
    • メタボ教授 より:

      kaijhdr様
      確かに銀英伝は凄かったですよね(^ ^)。知れば知るほど味が出る良台でしたが、5号機最高難易度の目押しwとエウレカセブン人気のせいで不遇台だったと思います。あれの高設定打ってみたかったです。

      0
  2. ぼぶ より:

    紹介ありがとうございますヽ(´▽`)/

    わかりづらいのですが、テーブルは15種類のようなので100G以降のREGでも100までC以上のテーブルになると私は解釈しています。

    ユニバ、サミーさんあたり最近の台は他メーカーより上手く作っていると思いますねー
    とくにユニバさんは、解析でないとはっきりと狙い目確信が持てない、絶妙だと思いますね(^_^;)

    0
    • メタボ教授 より:

      >>ぼぶ様
      ご指摘ありがとうございました< (_  _)>

      自分も確信までは持てませんでした。
      もっと早くビリゲ高確率示唆演出解析を出してくれて、もっと遅くテーブル移行率を出してくれてたら、それなりに稼げていたのですが(ワガママ過ぎですw)

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ