競馬の話「大雪で東京競馬は中止となりましたが」

競馬予想TVも口下手3人で進行

週末に関東地方を襲った大雪は競馬に大きな影響を及ぼしました。

大雪で中止というのは京都だと珍しくありませんが、東京開催で土日共に中止というのは記憶が無いレベルです。

東京新聞杯は来週に延期となりました。
それなりのメンバーが登録していただけに春シーズンへの影響も少なくないかもしれません。

安田記念はここ数年はシルポートが引っ張っていたため
「いかにロスなく立ち回れるか」
が勝負の鍵となってました。

----------sponsored link----------


昨年はそんなの関係なくロードカナロアが勝ちましたが、今年のマイル路線の予測は全く立ちません。

きさらぎ賞は武豊騎手が上手かった

きさらぎ賞は例年スローの上がり勝負が多く、ディープインパクト産駒だけ買っていればいいという風潮がありました。

ところが昨年外伸び馬場で逃げ馬が外を回したために差しが届きませんでした。

そこをどう考えるかですが、自分は昨年の再現を考えてビークトラムを本命にしました。
何故ならバンドワゴンの和田騎手は昨年のタマモベストプレイと同じ乗り方をすると考えたからです。
だからその横を走るビークトラムが有利だと考えました。

バンドワゴンの和田騎手は必死に外を走ろうと馬を制御しますが、スピードに勝ってハナに行ってしまいそのままラチ沿いを走りました。
前走も内にささるような仕草をしたのでこの馬の特性かもしれませんね。

一方勝ったトーセンスターダムはスタート早々に内枠なのに外中段のベストポジションの獲得。
以前の武豊騎手ならサトノルパンみたいな「最後尾まで下げて届かない」競馬をしていたのですがお見事でした。

----------sponsored link----------

2 Responses to “競馬の話「大雪で東京競馬は中止となりましたが」”

  1. くればぁ より:

    こんばんは。

    東京新聞杯は安田記念並の高メンバーが揃っていただけに、楽しみにしていたので、中止は残念でした。ダノンシャークが回避との事なので、尚更残念です。

    確かに、きさらぎ賞は武豊騎手の上手さが際立ったレースでしたね。あの測ったような差し切りは見事ですよね。
    私はブラックカイトに期待していたのですが、道中は勝ち馬と同じような位置にいたのに、直線は全く伸びませんでした。残念です。

    競馬予想TV、私も視ています。大の大人が子供の口喧嘩みたいに討論する雰囲気が私は好きです。
    ちなみに私は、亀谷さんの予想を参考にさしてもらう事が多いです。

    今週は重賞が4つもあり、中でも東京新聞杯や京都記念には強い馬が多数出走するので、予想しがいがあり楽しみです。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      ダノンシャークは阪急杯に行く噂ですが、阪神芝1400の前傾ラップのレースはした事がないので、下手に追走すると安田記念で折り合いを欠く心配があります。逆に自分のペースに徹すれば本番に向けていい調教になると思います。

      競馬予想TVは今シーズンこそ不調ですが、近年は予想家がしっかり進化していて乗っかる所を心得ていればあの番組を見るだけで競馬は勝てます。
      そういった意味ではパチスロより楽です(・∀・)。

      亀ちゃんの近年は「クラシックでは来れないサンデー血統」が好走するレースが得意で、ヒロシさんと予想が被った時には切りですよねw。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ