「喰える台」評価基準

喰える台評価の☆は以下の評価を元に付けています。

「知識介入度」
知識レベルの差が立ち回りに影響する台かどうかです。
誰でも簡単に拾える台はライバルが多いですし、
そもそも前任者が期待値プラスの状態で捨てません。

「稼働や店での扱い」
看板機種扱いの台は設定が入る事もあります。
だからと言って設定を狙うわけではありません。
ハイエナでも設定2以上の台に座る事があれば
期待収支はシミュレート値より上がるのです。

「機械割詐称」
雑誌やネットに載っている機械割はあくまで
独自入手値です。正しくない事も多々あります。
そのため割詐称台をハイエナしても実質的な
期待値は下がります。

以上の3項目ですが、もちろん「知識介入度」に
比重を置いています。

知識介入度の補足として
店の傾向や客レベルを判別する台も
「立ち回りに使える」
という意味で評価を高くしています。

稼働や店での扱い、機械割詐称という指標
は自分の稼働範囲にあるデータ取得可能店を
「繁盛店」と「ベタピン放置店」に分けて
分析しています。
それだとサンプル数が少ないので
サイトセブンの出玉評価も参考にしてます。

ちなみに以前は「マイナー機種」も評価してましたが、
今は殆どの人が初打ちの台でもスマホで解析情報
を見ます。そのためあまり考慮してません。

☆は5段階あります。大体の目安は下記の通りです。

☆☆☆☆☆(満点)
年に1台あるかないかの本当に喰える台です。
2013年だとウルトラマンウォーズだけでした。
こういう台がある時は

「他の台をハイエナしようとすることは機会損失」

だと考えて下さい。兼業の人は有給を取ってでも
打つべきです。

☆☆☆☆(4点)
ハイエナ主力台扱いです。4点の台が拾えない状況なら
打つ店や地域を変えたり、いい台が登場するまで
無駄銭を使わないようにしましょう。

☆☆☆(3点)
いわゆる一般的な台です。
客レベルが低い店でない限り
ハイエナ出来ないと考えて下さい。

☆☆(2点)
知識介入があまりなく
ベタピン放置濃厚な上に
割も若干詐称気味の台です。

☆(1点)
知識介入があまりなく
ベタピン放置濃厚な上に
割詐称が酷い台です。

以上が評価の目安です。
4点以上の機種の設置がホール選びの基準となります。
逆に3点以下の台しかない店は
余程お客さんのレベルが低くない限り用がありません。

天井・ゾーン機種別目次へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ