にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

昨日の話の続き

スロット解析ブログが生き残る理由

ついついパチスロ詐欺一代の話をしてしまいましたが、他にも大事な部分があります。

パチスロ馬鹿一代様より引用>
解析記事を掲載する時って、
意図的に数字を間違えてみたり、
書き方を工夫して釣るのが、
結構当たり前なんだそうです。

----------sponsored link----------


ここを突っ込む必要があります。

当たり前の話ですが、解析情報は金に関わる重要な部分です。
それを意図的に数値を間違えて伝えるとかあってはならない事だと思います。
しかも金を取って情報を流している雑誌メディアがです。

何でこの話が今の今まで問題になってないのか、疑問に思います。
まとめサイトやスロメディアの認識はどうなっているのでしょうか。

解析サイト云々という話も結局のところはパチスロ雑誌の既得権益を守りたいだけにしか見えません。
サクライターを生み出すだけの今のパチスロ雑誌を存続させる価値は何処にも無いように思います。

んでこのブログはどうなんだって?。間違いだらけの記事を書くことがたまにありますよね。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいm( _  _ )m。

きちんとした業界にしたいなら

メーカーが責任を持って解析を公表すべきです。
メーカーが自社で発表したものを雑誌やスロットサイトやスロットブログが横一線の用意ドンで取り上げるのが情報公開の理想像だと思います。
最近だとKPEは雑誌により先にインターネットで独自情報を公開したりしていますし、他のメーカーもその流れに乗るかもしれません。

ただし、解析情報を事細かくメーカーが発表する事はないはずです。
それには理由があります。
これは元パチスロ開発者であるパチスロバカ一代がしきりにほのめかしているように、今流れている解析情報には意図的な嘘が混じっているから。

つまり保通協を通したモノと異なる数値をメーカーが公式に出してしまうと、普通に考えればお上に怒られます(●`ε´●)
だから解析情報の大半はパチスロ雑誌の独自調査という建前で出てきます。

以前もお話しましたが、パチンコ・パチスロにおける正しい情報は台に書かれている情報だけです。最近のスロットだと配当表しか存在しません。
逆にそれ以外は全て詐称の可能性があります。

クリーンな業界にするなら、まずそこから改めないといけません。
本来なら保通協が試験から3年後に本当の数字を公表すべきです。

まあ天下り組織がそんな面倒くさい事するわけないので現実的な話をしますと、個人的にはメーカーは解析を無理に発表しなくていいと思います。まどマギの穢れの解析が1年半経ってもまだ完全に出てないように、解析を出すことが稼働につながるなんて根拠が無い都市伝説ですから。

もちろん店側が知らないと困るもの(スペック・コイン単価)などはメーカーが責任を持って公開すべきでしょうが、打ち手にとって必要な数値は出来るだけ公開しない方がアレコレ妄想出来て楽しいです。
加えて低設定を粘ってしまう「間違った判断」につながりやすくなります。
ハイエナだって期待値がない所を「期待値がある」と勘違いして打つケースが出てくるでしょう。

スロで食べている身からするとブラックボックス化してくれた方が他を出しぬきやすくなるので稼げるチャンスが生まれます。ゆえに個人的にはそういう方向になっていって欲しいと思います。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事