ジェンティルドンナもウインヴァリアシオンも敗因は明確なので秋に巻き返し可能

事前の予想はこんな感じ。

池添よおやったあああああああ(*゚∀゚)。
カレンミロティックも加速力が足りない馬なのですが、3コーナーから無理やり動いたのが功を奏しました。最後の最後で何とか前を走る馬を交わしました。
ゴールドシップに交わされて走る気を無くす展開でしたが、騎手も馬も諦めずよく頑張りました。

この馬は加速力がないため直線が長いほうが適正があるはずです。
だからきちんと休養を取るなら秋天やJCも買おうかと思っています。

発表は良馬場ですが、直前に雨が降ったりして水分が残っていたのだと思います。
スローで流れても後ろの馬が速い脚を使えない馬場でした。
ゴールドシップはステイゴールド産駒のため、路面適性も向いたわけです。

----------sponsored link----------


ウインヴァリアシオンの敗因は純粋に後ろから行った事です。
前に馬を置かないと折り合えない馬なのでこればかりは仕方ありません。

それと気になったのがパドックです。
久々に競馬をリアルタイムで見ましたがパドックで元気がありませんでした。
JRAが「スーパー出走表」で過去のパドックと比較しても違いがあったように思います。
岩田騎手が乗ると気合が入ったのでウインヴァリアシオンの馬券は予定通り買いましたが、状態が悪かったかもしれません。

メタボ教授はワイド・馬連を取りましたが、3連複も買っていてそちらはハズシました。

3連複の3頭目には前に行くヴィルシーナも考えましたが、過去のレースを見る限りジェンティルドンナより加速力が無い馬なので、ジェンティルを切る以上買えませんでした。福永騎手なので逃げても縦長の馬群は作らないという予測もありましたし、逃げない可能性も十分あったわけです。
あれだけ溜め逃げしても残ってしまうあたり、今回は位置取りのアドヴァンテージが自分が想定した以上に大きかったと思います。

ジェンティルドンナの川田騎手の騎乗は悪くなかったと思いますが、加速力がない上に路面も向かなかったので、逃げない限り馬券圏内は無理だったと思います。秋は巻き返して来るでしょう。

デニムアンドルビーも同じような敗因です。カレンミロティックがコーナーで加速したため膨れて、そこに出来たスペースに潜り込みました。
その時点で本来なら優勝なのですが、この馬も加速力が全くないのでそこから伸びませんでした。阪神内回りだと加速力がない馬はカレンミロティックみたいに大回りして距離ロスしてもコーナーから仕掛けていかないと間に合いません。

結局内から突き抜ける脚があったのはホッコーブレーブだけだったのですが、運悪く前が詰まってしまいました。

といった感じで秋はゴールドシップで安泰という話でもないと思いますが、濡れた路面なら東京でも買います。おそらくフランスに旅行して有馬なんでしょうけど。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ