集中講義パチスロ以外のギャンブル概論第3講「パチンコの釘の見方」

集中講義「パチスロ以外のギャンブル概論」第三回はパチンコについて解説します。

パチンコは有料の情報商材が多いように、無料素材で「これだけ見とけばOK」というものはググッても見つかりませんでした。学習する手間と時間を考えれば、お金を出して上級者からノウハウを学ぶのもアリです。

ちなみに自分はこの方からパチンコを学びました。

和泉純

パチンコ攻略マガジンの和泉純様ですね。

----------sponsored link----------


写真を見て、もし違う人の名前を思い浮かんだのならインターネット病ですので

お薬増やしておきますねー(´・ω・`)

彼のパチテレ(有料チャンネル)のレギュラー番組を見ているだけですが、とても勉強になります。

釘の見方

まずは初歩中の初歩であるヘソ釘のサイズです。
上から覗き込むように見るとヘソ釘が開いているかどうか解ります。

ヘソ釘を見る人は多いので、開ける事でお客に優良店をアピール出来ます。
逆に開いて無ければ「店は出す気がない」と単純解釈してもほぼ問題ないでしょう。

個人的には上記の動画で言う13.5くらいのハの字じゃないと触りたくないです。

現実的には「ヘソ釘は開けるけど他の部分で削っている」事が多いので、開いているからという理由だけで打つことはありません。
そこを見極められる能力が釘読みの実力差だと思います。

釘読みをする時に一番大事なこと

まずこれから釘を学ぶという人に知ってほしいのは「機種ごとの特徴を考える」事です。

ヘソに入賞するルートは大きく分けて3つに分類されます。
全体像
1が通常ルート、2がワープ・ステージルート、3が左からの跳ね返り・右打ちルートです。
この重要度が機種毎に大きく異なりますので、それに合った釘の見方が問われます。

ヘソ釘の例

ヘソ釘は開いている方がいいですが、下の写真のように右の釘が下がっているとよくないと一般的に言われています。
海釘右下がり

何故なら玉は通常ルートだと左上から飛んでくるので釘が右肩下がりだと入りにくくなるわけです。
こういう調整をしている店は多いと思います。
ただ、上ルートからや右ルートからヘソに絡むケースが多い機種だと問題ありません。

また、通常ルートでも道釘の角度と障害物の有無によって変わってきます。
盤面
図表素材元AURA’S WEB

図表の4番の地点(風車)と7番(ヘソ)の地点を結んでその角度が大きければ大きいほどヘソの到達する玉の弾道は高くなります。
逆に角度が浅いと弾道が低くなります。
弾道が低い場合は右肩下がりのヘソ調整が大きくマイナスになるわけ。

また緑の◯で囲った部分の構造も大事です。
ここに障害物がある機種だと通常ルートの弾道が低くなります。

逆に障害物がない機種ならば通常ルートからステージへの乗り上げが多くなります。
ステージへの乗り上げが多い台なら道釘(5番)やジャンプ釘(6番)のマイナス調整を気にしなくてもいいわけです。

といった感じで機種によって釘の調整の影響が違う事を知って下さい。

近年の傾向としては「こぼし」「はかま」「風車」などいわゆる寄りで削るケースが多いので、そこをしっかり見ることが重要です。
釘の見方としてはググッテ出てくる情報で十分だと思います。
あとワープのマイナス調整もよくあります。

言うまでもなく「こぼし」「はかま」「風車」は通常ルート、「ワープ」はステージルートに関わります。
つまりこちらもマイナス調整の影響は機種によって大きく異なります。
そういう視点で釘調整の評価を行って下さい。

釘調整以外のマイナス要因

パチンコでマイナス調整と言えば釘だけではありません。
いわゆる「寝かせ」という台の傾きファクターも重要です。
カイジの沼攻略みたいに建物が傾いているケースもありますし、店側が意図的に台を傾けて設置している事もあります。
特にステージは水平状態という前提で設計してあるので、変な方向に傾くとヘソに向かわなくなります。

以前の高尾の台は寝かせがあるとほぼ100%ステージから入賞しなくなるので寝かせボッタクリ店炙り出しとして価値がありました。でも今は改善して高尾の台の存在価値がなくなりましたw。

一般的に寝かせとは台を奥に寝かせる事を指しますが、奥・手前だけでなく左・右に傾いている事もたまにあります。
特に台が左下がりになるのが最悪です。
左下がりだと通常ルートは玉の勢いが死にますし、ステージルートだとヘソに向かう直通ルートに行って入賞するかと思いきやヘソの左釘で弾かれるケースが多く出てきます。

寝かせを見抜くのは基本試し打ちするしかありません。
どうしても無駄銭を使いたくないのなら他の客が打っている様子を後ろからベガ立ちで観察するしかないです。

以上の視点を身に付ければ台選びにも格段の進歩を遂げるはず。
釘1本1本にそれぞれ意味があり、「店側がその釘を曲げる事に何の意図があるのか」をひたすら考えて下さい。
そうすれば試し打ちで3000円打って54回転(1K18回)だったとしてそれが「上ムラ」なのか「下ムラ」なのかまで察せるようになります。

平打ちで喰うとなると右打ち時の釘の評価や止め打ちなどの攻略要素も重要です。
ただ自分のような潜伏ハイエナ中心の人間は右側の甘さ辛さをそんなに気にしなくていいと思いますので、まずは左側をちゃんと見れる努力をしましょう。

あとパチンコには羽根物という別世界も存在します。これも相当奥が深いです。
右打ち時や羽根物についてメタボ教授は超ド素人なので語ることはありません。

他のブロガー様にお任せします。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
バナーポチのご協力お願いします。

-----sponsored link-----


ギャンブル概論目次

----------sponsored link----------

22 Responses to “集中講義パチスロ以外のギャンブル概論第3講「パチンコの釘の見方」”

  1. 青田がりぃ より:

    パチンコは本当に難しいですね!

    見分けつく人はすごいと思います、全部一緒にみえます^q^・・・

    お手軽に見分ける方法はあるんでしょうか?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>青田がりぃ様
      店の人も忙しいので沢山の釘を少しづついじるよりも少ない釘を大きくいじるケースの方が多いと言われています。
      釘を上下左右正面全ての角度から見て何もいじってないように見えるならおそらくいじってないと思います。

      本当に激アツイベントならばヘソが解りやすく開いていますし
      超絶ボッタ店ならこぼし・ワープ・アタッカーの釘がひん曲がっていますので
      そういう解りやすい状況から見ていけば大丈夫です。

      0
  2. 海月 より:

    パチンコの釘読みは基本にして、1番難しいですよね。

    たまにパチンコの島に行くんですがよくわかりません。
    自分は風車の右左とヘソ位しか読めませんね。
    (それも大分、大雑把にですし)

    見ただけで何回転位するのか判別出来る位になりたいものです。

    ちなみに、画像見て違う人を想像してしまいました。

    お薬下さい。ww

    0
    • メタボ教授 より:

      >>海月様
      やはりインターネット病の方がいらっしゃいましたか。
      お薬処方しておきますねwww。

      最初はなかなか解りにくいと思いますので、難しく考えずに試し打ちをして理解を深める事が重要だと思います(・∀・)。
      試し打って回らなかった時に何が原因なのか玉の動きを追いながら考える作業の繰り返しです。

      0
  3. end より:

    パチンコ打ったことがありませんw
    釘講座、ためになりましたm(__)m
    良釘とされる台でどれくらいの割りが期待できる
    ものなのでしょうか?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>end様
      ありがとうございます(^O^)。
      期待収支計算というのを専業の方々はやっていまして、ネット上にやりかたの解説はありますのでそれを参考にして下さい。
      ただ、右打ちのスキルがないメタボ教授は出玉が最低でも5%は削られると見積もって考えています。
      ゆえに等価地域でボーダー1K17~18回の機種で1K20回る台でも日当1万円行くか行かないかという程度です。
      スロだと設定4前後ですが、パチンコの場合はスロで言うところの設定がすぐ解りますのでスロの設定狙いよりかは全然いいと思います。

      スロットのハイエナだと今の機種設置状況で日当1万~1万5千円くらいだと思いますので
      等価でボーダー+3以上回るなら打ってもいいですが、+1~+2程度なら時間つぶし・気休めだと思って打っています。

      0
  4. ミスター山形 より:

    潜伏を打つ比率が高い=大当たり確率が高い(右打ち比率が高い
    ので右釘のほうが重要なのでは?!
    と見せかけて潜伏の可能性があったら結局打つんで釘を読む事自体の意味が薄いということですねw
    先週なぜかいまさら信長の野望ミドルが導入されましたw
    潜伏台に関してだけはニューギンが神に見えるwwwwwww

    0
    • メタボ教授 より:

      >>ミスター山形様
      簡単に言うと潜伏の可能性の問題となります(・∀・)。
      潜伏時のモード抜け率が解らない以上、正確な潜伏確率が解りません。
      100%潜伏している台(潜伏濃厚のモード中の止め)なら釘を見なくてもいいですが、そうじゃないケースも多いので潜伏を拾うときにはどれだけ回るかも重要です。
      特に潜伏狙いでお馴染みニューギンのクルクルパチンコの場合、ボーダー1K26回でも18回以下しか回らない台も沢山あります。信長は盤面の性質上そこまで酷い台はみかけませんでしたが、GOGOピエロ、麻雀EXなんかは酷い台が沢山ありました。潜伏期待度の高い台が拾えてもあまりに釘が酷いと潜伏ループ中に軽く死ねますw。もちろん潜伏してなく通常だった場合も考慮すれば、「回る台かどうか」というのはかなり期待値に影響してくると思います。
      一方右の釘はよく削られても10%程度なので、左の方が大事という書き方になりました。

      0
  5. Saya.k より:

    捕捉?というより蛇足
    寝かせに関しては今地面に対して垂直に台を置く店はほぼねーっす。
    大手はもちろん中型だろうと個人だろうとかなりの店舗でやられてます。確か全体の70%くらいの店舗で寝かせを意図的に行ってます
    これはきちんとした理由がありまして人間工学的に目で玉を追っかけテンションがあがる速度にするのに寝かせがある程度あると良いとされているかるです。
    また新台などでスタートやT1Yを削るにあたり釘をあまりさわりたくないとき等に角度を調整する事があります。故に新台初日回った釘で翌日パット見変わってないからゴー!というのは場合によっては危ない可能性もあります。
    寝かせをいじられやすいのは羽根物、ステージの優秀な台(今だとSANKYO系)、鎧釘や風車回りが叩きにくい台(すこし古いけどGARO鋼、アレジン)、ゲージが左右対称またはそれに近い台(海)。また等価店ではない店舗等も寝かしをかなりしますね。

    駄文失礼しました

    0
    • メタボ教授 より:

      >>Saya.k様
      「人間工学的に目で玉を追っかけテンションがあがる速度」まで考えているのですね。
      確かに言われてみれば最近の台のステージはいい感じのスピードで左右に動きます。
      勉強になりましたm(_  _)m。

      牙狼金色はもしもの事があった時に危ないから寝かせるようにお達しがあったように、今後は牙狼金色のような前方にせりだした台が多くなれば寝かせ具合もドンドン酷くなりそうです。

      0
  6. しょんべるマンDX より:

    ベガ立ちでステージ強くて回る台見つけたら客が席立った好きに写メ撮るんだ
    翌日もし打ってた奴が前に並んでたらダッシュで追い抜いてでも狙い台キープするんだぜ
    昨日撮った写メで釘チェックしたらあとはマイカップ使って1玉単位で挙動監視
    店員が見てる前でフンガー捻り決めれば完璧だぜ
    万一に備えて水平器はくれぐれも忘れるなよ!
    ぐらい書いてたら神でしたねw

    0
    • メタボ教授 より:

      >>しょんべるマンDX様
      長らくパチンコ屋に出入りしてますが、マイカップや水平器持参した人はまだ見たことがありません(*´∀`*)。
      下皿やドル箱⇒上皿に移す時に手でやろうが台上にあるカップでやろうがよくこぼすメタボ教授なんてマイカップ云々以前のレベルですがw。
      言うまでもなくダッシュ力はおばちゃんにも余裕で負けます。

      0
  7. 無知無能 より:

    パチンコ関係で効率の良い順にすると

    天井ハイエナ>ゾーンエナ>潜伏ハイエナ=良釘狙い>設定狙い
    という認識なのですがメタボ教授はどう思いますか?

    設定狙いは全6とかよっぽど強いイベントがあるならまた変わるのでしょうが。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>無知無能様
      自分の考えとしては
      天井ハイエナ=ゾーンエナ=潜伏ハイエナ>良釘狙い>超えられない壁>>>設定狙い
      という考えです。

      上3つは機種構成によりけりですのでいちおう序列はつけない事にして
      ハイエナ>良釘狙い>超えられない壁>>>設定狙いの序列は普遍的だと思っています。

      0
  8. じゅん より:

    写真を見た瞬間、
    『マジかよー!教授もキ〇シ信者だったのかー(>_<)』
    と思ってしまいましたw
    良かった、別の人でw
    お薬くださーい!w

    1+
    • メタボ教授 より:

      >>じゅん様
      やはり病が順延してますね。
      それではお薬出しておきますwww。

      誤解がないように念のため書いておきますが、キ〇シ塾長様もパチンコの実力はお弟子様のブログを拝見する限りちゃんとしていると思いますので、彼の関わるパチンコ商材が駄目だと言っているわけではありません(・∀・)いちおう。

      0
  9. ぉぢさん より:

    今のパチンコは、大当たり確率が低いので、デジタルの回転率を追求するのが虚しくなります。
    釘が良ければOKという時代が、懐かしいですね。

    それでも釘の良し悪しで判断するしかないですが、本当にそれだけで収支が上がるんでしょうか?
    と考えると、店が出す気があるか無いか?を、もっと重視する必要があると思います。
    というわけで、パチンコ屋の選択をどうすればいいのか?を、別項で考察しては、いかがでしょうか。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>ぉぢさん様
      過去記事でちょこっと書きましたが、根本的な部分を怪しむのでしたら自分は世に出回っているパチンコの解析を疑っています。
      ただ明確な証拠がないですからね(^O^)。
      パチンコの場合スロットほどの信ぴょう性はありませんが、サイトセブンの出玉データでD評価の台は回る調整でも割り引いて考えています。

      0
  10. カマシ より:

    こんにちは。詳しく書いてありますね。

    寝かせや釘読みも大事ですけど、一番大事なのは自分で良いなと思った調整の台を玉の動きを注視しながら身銭を切ってめげずに試しつづける事です。

    何故回るのか、何故回らないのか。これは全て玉の動きにあります。千円でステージに何個乗ったか、ステージの溝に何個決まったか。などアナログな部分を感覚として身体に刻む事が大事だと思います。慣れてくると期待値計算をする前に台から金の匂いを嗅ぎ取る事が出来ます。

    汚い釘でも良い玉の動きをする台もあります。理論よりも感覚が大事なんじゃないかなぁと思いました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>カマシ様
      ありがとうございます(*´∀`*)。
      おっしゃる通り玉の動きの確認作業は大事だと思います。
      例えばパチンコライターさんの中には
      スロットの小役カウンタを用意して
      ワープの通過個数とそこからの溝にハマった回数、
      道釘からの乗り上げ個数
      をしっかりカウントしてステージ性能を確かめている方もいらっしゃいます。
      流石に自分はそこまでしていませんが、それくらいステージ性能の役割というのは大きいですし、とりあえず打たないと解らないですよね(・∀・)。

      0
  11. しょうた より:

    パチの釘読みは難しいですね・・・
    以前攻略サイト(?)でTOKIOデラックスの良い釘の例悪い釘の例を比較して見たのですが、全く違いが判りませんでしたw
    ただし今後ハイエナの状況が悪くなればそうも言ってはられなくなる訳なんですよね。
    マイホの羽モノが良いと仲間内で言われてますので勉強後に試しに打ってみようと思います。
    そういえば「キ○シさん」はyoutubeに動画をアップされてますけど、自分の中では謎の存在でした。
    自分も「キ○シさん」に見えたのでお薬処方してい頂きたいですw

    0
    • メタボ教授 より:

      >>しょうた様
      デジパチはヘソへの入賞を見ればいいですが、羽根物はそれプラス羽に向かう釘まで重要なので難しいと思います。
      最初は実際打ってみてどれだけ寄るか試すしかないのではないでしょうか。
      通常時から数発打ちをして羽の開閉のタイミングに合わせて再打ち出しを出来るようになれば期待値はかなり稼げるそうなので、自分はあまりやる気はありませんが、練習する価値はあると思います。

      お薬処方しておきますので頑張ってくださいw。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ