本当に解るスロット初心者講座その7「パチスロの払い出し役について」

前回と同じ事を言いますが、パチスロはレバーを叩いた時に抽選され、当選すれば払い出し役を揃えられます。
払い出し役については主に「リプレイ」「ベル」「チェリー」「スイカ」の4種類が存在します。
今回はこれらについて勉強しましょう。

リプレイ

リプレイは「再遊技」の役で、揃うともう一回プレーが出来ます。
青色の図柄を採用する台が多いです。

ripurei

----------sponsored link----------


ここで一つ注意して欲しいのは
「リプレイが入賞すれば一時的にコインの投入を受け付けなくなる」
事です。

コインを入れたり、MAXBETボタンを押さなくてもレバーを叩けば次の抽選を受けられます。
リプレイ入賞後にコインを入れて受け付けて貰えずに戸惑う事は初めてパチスロを打つ誰もが通る道です。

「リプレイが揃った後はレバーを叩くだけで次ゲームの抽選が受けられる」

と頭の片隅に入れておきましょう。ただ、2013年になってリプレイの直後にコインを受け付ける台が出て来ました。
今後は他メーカーも追随すると考えられます。

ベル

ベルが揃うと払い戻しがあります。
黄色い図柄を採用している台が大半です。

kiiroisuro

ボーナスやARTに入るとこのベルが頻繁に揃います。
払い戻しされるメダルは台の中に一旦保留されるので、MAXベットボタンを押して次のゲームを回すのにあてて下さい。

内部に保留されるのは最大50枚です。
それ以上の払い戻しは台の下からコインが出てきます。

ちなみに払い戻される枚数は揃う形によって異なるケースがあります。
「斜めに揃えば12枚で、横に揃えば4枚」といった感じです。
中にはベルが揃ったのに払い戻しがなく、リプレイの代わりとする台もあります。
しかし、特に気にする必要はありません。

ちなみにジャグラーは他のメーカーの台の傾向と違う独自の図柄を採用しています。
ベルは緑色のブドウ、リプレイはオレンジ色です。
上のオレンジ色の動物はサイ(再)遊戯という意味です。

チェリー

チェリーは払い出し枚数は少ない役ですが、「ボーナス」や「ART」につながりやすい役です。
チェリーを引いた後はそれらが当たっている事を祈りましょう。

tyeri-

一般的にチェリーは図柄を目押しをしないと入賞しません。
そこがベルやリプレイと違います。

大抵の台は左リールにチェリーが止まれば払い出しを受けられます。
ちなみに入賞しなくてもボーナスやARTの抽選は行われるので上手く止められなくても心配ありません。

それとチェリーは停止形によってボーナスやARTの当選期待度が違うケースが多いです。
次の写真を見て下さい。

tyeri-iti

上側は「角チェリー」、下側は「中段チェリー」と言います。
基本的に角チェリーは冷やかし、中段チェリーは期待大と考えて下さい。

この他にも3リールのチェリーが直線上に揃う「3連チェリー」というものもあります。

また、ボーナスやARTにつながりにくい冷やかしチェリーを「弱チェリー」、つながりやすいアツいチェリーを「強チェリー」と呼ぶ事もあります。

スイカ

スイカもチェリーと似たような役で、ボーナスやARTにつながります。
チェリーは赤い図柄、スイカは緑色の図柄で表現されるのが一般的です。

suikasurotto

チェリーと違うのは左・中・右と全てのリールに図柄を狙わないとスイカは入賞しません。
そして払い出し枚数がそれなりにある役なので、取りこぼすとそれなりの枚数を損します。
もちろん取りこぼしてもボーナスやARTの抽選はしてくれますが、出来るだけ取得するように努力しましょう。

スイカとチェリーがどうゲームに影響するかは台によって違います。
説明書にきちんと記載されてないものは雑誌やネットで調べてみて下さい。
基本的にはスイカやチェリーを沢山引く事が勝利へとつながります。

打つ時にはリール配置図を見よう

という事でパチスロにおける4つの役を紹介しました。
リプレイとベルは目押しをしなくてもOKで、チェリーとスイカは目押しが必要というイメージを持って下さい。
写真はリール配置図と言います。

ri-ruzu

今ホールにある殆どの台は左リールはチェリーを狙うのが基本となっています。
この配置だと左リールは11番の黒い塊を目印に10番のチェリーを狙うのがベターです。
チェリーが成立していれば、枠内にチェリーが停止しますし、そうでなければ、13番、12番、11番のベル・リプレイ・黒塊の出目で止まります。

もしスイカが成立していれば14番のスイカが枠上から滑って停止します。
その場合、中リールや右リールもスイカを狙いましょう。

実践上スイカ図柄を目視するのは難しいですから、大きい図柄を目安にします。
上の場合だと中リールに黒い塊を狙って、右リールに赤7を狙えばスイカが揃うはずです。

というようにリール配置図を見て「何処を狙えばスイカやチェリーが取得出きるか」を考えながら打てば全ての役が取得出来ます。

ちなみにチェリーやスイカが成立時には液晶演出が派手になります。

次回その8「メダルが沢山出た時には

本当に解るスロット初心者講座目次へ

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


[list cat=”134″ num=”5″]