にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

昨日知り合いのスロプロから「最近厳しいから引退しようと思う」という相談を受けました。
話を聞く限り、拾える台の質が低下したのと強烈な下振れが来て心が折れたようです。

それは仕方ないとして、その席で「競馬や株はどうなの?」と聞かれます。
自分は
「パチスロと一緒で最近は勝てないわ」
と回答しました。

というのも彼の普段の言動や生活を見る限り「競馬や株では通用しない」と思ったので、あえて「勝てない」と嘘を付いたのです。

おそらくこのブログの読者様にも「パチスロが駄目なら競馬や株で」と考える人もいると思いますので、こういうスロプロは他では通用しないというテーマでお送ります。

----------sponsored link----------


スロプロから転向して成功できる割合

相互リンク先の「きまじめゆっきーの日常」様がこういう記事を書かれていました。
パチプロからせどり・ネットビジネスの転向は成功するのか

記事によると

パチプロ(スロプロも含む)からせどり⇒30%
パチプロ(スロプロも含む)からネットビジネス⇒10%
成功を月収30万だとした場合

だそうです。

ちなみにメタボ教授が考える株(FX)と競馬の転向成功率
パチプロ(スロプロも含む)から株⇒20%
パチプロ(スロプロも含む)から競馬⇒5%
成功を年間トータルプラスだとした場合
となります。

数字的根拠は「ググッて出てきた株と競馬の勝っている人の割合」をそのまま当てはめました。
つまりパチプロ・スロプロの経験はあまり活きません。

パチプロ・スロプロで一番大事な能力である「期待値の算出」が通用しないからです。
勝つためのアプローチが違うため、パチプロ・スロプロでの成功が邪魔になる可能性すらあります。

もちろん、技術的な事については実際勝っている人から学べば何とかなるはず。
でも技術以外にも必要な事があるので、株や競馬で食っていくのは難しいです。

他のギャンブルで成功しないスロプロの特徴

それはズバリ「サラリーマンや学生の感覚で資金管理をしている人」です。

知り合いのスロプロは「パチスロで月平均40万~50万稼いでいます」と言っている人でした。
まず月収という感覚は捨てないと駄目です。

株や競馬で毎月プラスを叩こうとする人間は大抵負けます。
正確な期待値が算出不可能なのに、収束を求めて試行回数を増やすと結果としてマイナスの立ち回りを選択する事が多くなるからです。
それと今から始める場合は勉強期間の生活資金を確保しておく必要もあります。加えて下振れなどにも耐えるだけの資金となればかなりの金額です。
月々出て行くお金は一緒ですが、入ってくるお金はかなり不安定となります。そこを耐えられる人じゃないと成功しません。

その知り合いはスロプロ歴4年で貯蓄が500万しかありませんでした。
500万というお金は何を始めるにしても十分な資金ですが、4年で500万の貯蓄だと年間平均400万円くらい使っている事になります。
嫁と子どもが居るならともかく、独り身でそれは使い過ぎです。

競馬や株は自分で賭ける金額を決める事が出来ます。
賭け金が多ければ多いほど勝てる金額が大きいです。

そのため勝って手にしたお金は次回以降の勝負資金に回すのが基本となります。
レートが固定されているパチスロには無い考え方です。

その一方で、掛け金を上げ過ぎると今度は破綻のリスクが付きまといます。

「自分は持ってない人間」
「確率が収束して平均の引きが出来ると思うのは甘え」
だと考えているメタボ教授は投資金額を引き上げる事に対してかなり慎重です。

いずれにせよ出来るだけ多くの資金が必要となります。「月々の生活費は最低限に抑える」事が何より重要です。

メタボ教授は単身でアパート借りて、年金や保険、車の費用を計上しても年間200万以内に抑えています。

それこそメタボ教授より稼いでいる専業系スロットブロガーの方々は親と住んでいる(住んでいた)人が多いそうです。

「ウン億円稼いだ個人トレーダーも昼飯はカップ麺」、というような記事を目にした人も多いでしょう。

ギャンブルで成功する人は生活費を節約して、浮いたお金を次への資金に回します。

知り合いのように年間400万も使うような人間が、競馬や株に転向したいなら資金が最低1000万円無いとお話になりません。

逆に親と住んで年間100万も使わない人なら、株・競馬などの勉強時間をしっかり取った上で、出来る限りスロプロを続けて貯金を増やした方がいいでしょう。

そういう意味でスロット専業よりも社会人兼業が最強なのは言うまでもありません。

ただ社会人スロッターの方々も、一般社会人の金銭感覚では他のギャンブルだと通用しないので、そこの意識を変える必要があります。

あと株や競馬よりもせどりやネットビジネスの方が稼ぎやすい可能性もあるでしょう。
どの分野が向くかは人それぞれです。色々とチャレンジすればいいですが、どれをやるにも資金と時間の使い方には十分注意して下さい。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事