シルクロードステークス2014振り返り【懐かしの競馬】

デムーロ弟も空気が読めるいい奴

シルクロードステークスは連勝中のレディオブオペラに注目が集まりました。

血統的にはとても短距離には見えませんが、ここまでの内容はなかなかなものです。
そして藤田騎手にとっては久々にいい馬が巡ってまいりました。

この馬はハナに行くスタイルがゆえに他の馬との兼ね合いが重要です。
その駆け引きにおいて藤田騎手が男藤田であるが所以を見せられるかどうかがポイントでした。

結果的には男藤田が睨みをきかした瞬間にデムーロは手綱を押さえました。
これで仕事は終了です。
古きよき?懐かしの競馬を見ました。

----------sponsored link----------


調子に乗ってペースを緩ませ過ぎてストレイトガールの末脚に屈してしまいましたが、これは岩田騎手が全てを読みきった好騎乗でした。

G1だと流石にここまで緩ませるのは不可能なのですが、厳しい流れはレディオブオペラにとっては寧ろプラスのように思えます。
ロードカナロアという絶対王者が引退して群雄割拠のスプリント路線です。
レディオブオペラの中京特性には少し疑問がありますが、本番でも押さえたいと思います。

根岸ステークス

こちらもG1への前哨戦という意味合いが濃いレースです。逃げ馬が前走1200Mを使っている馬が多く、オーバーペースを避けようとかえってスローになるパターンが多いです。
だから末脚タイプのダートサンデーを毎年買うのですが、2番人気のドリームバレンチノ以外はそんな馬ばかりです。

逆を言うとドリームバレンチノは今回全く不向きのレースでしたので、見限る必要はありません。
足抜きのいいダートなら経験を積み重ねてまだまだやれると思います。

----------sponsored link----------

2 Responses to “シルクロードステークス2014振り返り【懐かしの競馬】”

  1. くればぁ より:

    初めまして、こんばんは。

    色んな方のスロットブログを見て回っているのですが、私が見てる中で、競馬ネタとスロット、両方を扱っているブログは殆ど無いので、振り返り楽しみにしています。
    私はスロットも好きですが、競馬も同じ位好きです。因みに、中学の頃にスーファミのダビスタ3にハマり現在に至ります。

    根岸のドリームバレンチノ、私もいらないと思い切りましたが、まだ見限る必要はないとの事なので、次走以降、人気が落ちればおいしいかもしれませんね。

    では、長文失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      ありがとうございます( ゚∀゚)。
      自分もダビスタで競馬を勉強しました。
      そしてパチンコで出ました。競馬を全く知らないあのサンセイさんなので心配でしたが
      スペックは面白そうなので釘がいい内に遊びたいと思います。

      ドリームバレンチノは次走岩田騎手で驚くことにフェブラリーSに行くそうですね。
      4コーナーからの加速が出来ない分、引き離して逃げないとノーチャンスだと思いますから
      初の芝⇒ダートスタートというのが致命的だと思います。
      そもそも距離が伸びていい血統構成だとはとても言えません。
      そして次が宮杯だとしたらダート1400や1600で手綱を押さえる競馬をしていきなり芝の1200のG1という理由で少し買いにくいです。
      いつになったら買えるか解りませんが、連戦連敗で来てくれればオッズも上がりますのでまずは怪我なく春を迎えて欲しいです。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ