シンザン記念・フェアリーステークス2013

シンザン記念は先週と同じ傾向で攻めました。

メンバーを見渡す限りウインフルブルームとかミッキーアイルの先行争いとなりそうだと考えました。
血統的にはウインフルブルームは中山から京都外回りへと変わるのがプラスです。
ミッキーアイルはディープインパクト産駒なので厳しい流れにならなければ、まあ有利です。

こういう場合、どちらかを本命にしてどちらかを3着づけか切るようにしています。
逃げ馬2頭共に残る事ってあまりないですから。

といった形で外しました。まあ後続のペース判断ミスです。

とりあえず少頭数でペースが緩みやすい若駒の京都外回りはディープ産駒が強いという教科書みたいなレースでした。
でも教科書みたいなレースで外すのがメタボ教授のヘッポコなところです。

----------sponsored link----------


フェアリーステークスは例年通り神頼み

フェアリーステークスは毎年「正月の無礼講」という感じのレースです。仕上がってない馬も沢山いますし、馬場も内外の有利が丁度ない時期で、とにかく何が来るか分からないので適当に人気薄を買ってお祈りするレースです。

という事でオメガハートロックはイノイチバンに切りました。
一番人気でなおかつ東京の新馬戦上がりの競馬で勝っただけの2戦目中山なんて普通は買えないですよね。

恵まれて勝ったわけではないのでこのメンバーの中では強かったという評価となります。
桜花賞へ向けては栗東滞在すれば解りませんが、現状はJF上位組優勢でしょうか。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ