関屋記念2014振り返り

雨の降り方が中途半端で難しい予想でしたが、縦長の馬群を作りそうな逃げ馬がいなかったので加速力比べと考えました。

こういう馬場ならステイゴールド産駒を買いたかったのですが、出走していません。
素直に神様仏様ディープ様を買うのが正解だと考えました。
しかし、ダノンシャークは「コスパが悪い馬」というイメージが強く、エキストラエンドは横典騎手が乗っているため軸には買えません。

結局馬券の購入を見送りましたが、直線に入って直ぐに加速力で抜けだしたダノンシャークは残り1Fで失速してクラレントが差しきった形となりました。

エキストラエンドはおそらく出遅れるつもりだったと思います(あそこまで出遅れる気はなかったはずですが)。
道中は最内ピッタリに走って最後の直線で大外に出すという遊び心一杯の騎乗をしてました。
ただ、サトノギャラントの走りを見る限り外に出す必要は無かったようです。

3歳馬タガノブルク

----------sponsored link----------


NHKマイルでは「ペースが厳しくなる」という前提で買っていたように、加速力が求められる局面では分が悪いので買いませんでした。それに古馬との初対戦でペース的に慣れてない側面もあります。

ヨハネスブルク×スペシャルウィークの配合なのでこれからの成長力に少し疑問がありますが、経験という伸びしろと適正ペースとなれば近々穴をあける可能性もあると思います。

勝ち馬クラレント

血統配合的に糞重い配合です。加速力も相対的にないのですが、実力的には古馬G1で馬券になるだけの力は持っていると思います。

ただマイルチャンピオンシップは厳しいと思います。
先行してしまうと直線の立ち上がりから加速しないといけないので、後ろの馬に直ぐ捉えられてしまいます。今回のように後ろから行けば「下り坂終了直前にスピードに乗せる」というやり方も出来ますが、今度はトップスピードで他の馬に負けると思います。
今回のようにラスト1Fで失速してくれれば、この馬が突っ込んで来ますが、京都外回りは失速する事が少ないコースです。
チャンスがあるとすれば凱旋門で有力馬不在となる秋天かもしれません。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ