ギャンブルで勝つために必要なたった1つの精神論

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

パチンコ・パチスロは負けてくれるお客様がいるから商売が成り立っています。

ギャンブルの中では比較的勝ちやすいパチンコやパチスロでも、負けている人の方が圧倒的に多いです。

 

負けている人は勝っている人に
「どうやったら勝てるの?」
と聞きます。

さて、皆さんは何と答えるでしょうか。

----------sponsored link----------


 

一般的な正解は
「期待値」という概念を知って、期待値通りに行動する事です。

パチンコ・パチスロはそれだけで勝ててしまいます。

でも現実はパチ屋が営業出来ているように、期待値通り立ち回れずに負けてしまう人の方が圧倒的に多いわけ。

ギャンブルで負ける人の思考

一言で表すと
「自分の費やした行動に対して、間違ったリターンを求める事」

これは全てのギャンブルにおいて共通して当てはまります

大事なので絶対に知っておきましょう(・∀・)。

例:
店に入ると、打てそうな台は北斗の拳強敵の700ゲームハマりだけでした。

という場合、当然打たずに「店移動」か「店内待機」が正解となりますが、その北斗をついつい打ってしまう人は案外多いです。

これは「店にやってくる労力」を過大評価している事に原因があります。

本来は打たなければ金銭的にプラマイ0なのに、「打たないと店にやってきた労力分だけマイナス」と考えてしまいがちです。

メタボ教授のような無職ではなく、会社員で休みの日に打ちに来た方々なら「打たずに帰る」のは難しいでしょう。

更に上級の養分様は

確率は必ず収束すると考えて
「昨日までは不ツキだったので、今日はツキが溜まっている」
と思いがちです。

この思考に陥ると
台選びが極端に甘くなります。

「今日はツイているからどの台座ってでも勝てそう」と思って台を選ぶ人も少なからず居るのが現実です。

これも
「自分の費やした行動に対して、間違ったリターンを求める事」
です。

要は
「自分がお金をサンドに入れた行動に対して、期待値以上のリターン(幸運)」
を見込んでしまっています。

このブログではよく
「確率が収束して平均の引きが出来る、と思うのは甘え」
という表現を使いますが、この世に居る半分の人間は平均以下の引きに落ち着きます。

台選びの根拠に「ツイている」「ツキが良さそう」という基準を入れてしまうと、養分様から一生卒業出来ません。

大事なのは

「費やした行動や時間に直接的な対価を求めない」
事です。

例えばメタボ教授の場合、
パチ屋に行くのは「食料の買い出しの寄り道ついで」という感覚で捉えています。

だから打たずに帰ってもプラマイ0です。

もっと言うと
その店での「過去積んだ期待値」を「訪問回数で割る」と期待値を稼いだ事を実感出来るでしょう。

店内でもマッサージ機に15分座れば
「+1000円の期待値を稼いだ」
と感じます。

シマを徘徊して拾えなくても、
携帯電話の万歩計を見て
「100Kカロリーの期待値を稼いだ」
と考えるようにしています。

ホールの漫画を読むのも
漫画喫茶に行くことを考えれば期待値プラスの行動です。

カワイイ店員さんやコーヒーレディをソファーに座って眺める事も期待値プラスだと言えます。

そういう思考を持つと、台選びのハードルを高く保つ事が出来るはずです。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事

----------sponsored link----------

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ