中山記念・阪急杯振り返り

中山記念

まあトウケイヘイローの出遅れに尽きるでしょう。
自分が見る限りはわざと出遅れました。

逃げスタイルには限界を感じて、控える競馬を試したのだと思います。
結果は暴走してペースを乱しただけでした。

トウケイヘイローは末脚が切れるような血統ではありませんし、そういった調教もしてないので騎手だけで修正しようとしても無駄だと思います。
次のレース、どういう戦法を取るかが注目ですが、今回の結果を踏まえおそらく逃げ一辺倒に戻して来るのではないでしょうか。

ジャストアウェイはもちろんハマッただけなのですが、馬群突破する競馬で勝ち切った点は評価します。

----------sponsored link----------


阪急杯

東京新聞杯を取り消して阪急杯を使ったダノンシャークがどういう競馬をするか注目して観ていましたが、普通に競馬していました。
騎手が手綱を押して無理矢理前傾ラップを追走した結果、バテてしまいました。

この敗戦は陣営も想定内でしょうが、問題なのは次戦以降です。
このまま安田記念で府中のマイルを使っても阪急杯のペースで走ろうとする可能性が高いので折り合いを欠きます。マイラーズカップならスタート後ある程度前に行っても大丈夫なので、そちらを使うことを陣営にはオススメします。

勝ったコパノリチャードは先週の風水力が残っているのでしょうかねえ(・∀・)。
距離を延長したらパフォーマンスを落とすタイプだと思いますが、大逃げを打てば安田記念でもチャンスがあるでしょう。

宮杯の場合はどうでしょうかねえ。
適正は高いのですが、1200Mの経験がないですし、他に速い逃げ馬がいます。
外枠なら自分のペースで走れるのでチャンスはあると思いますが、内枠だと厳しいはずです。

----------sponsored link----------

10 Responses to “中山記念・阪急杯振り返り”

  1. いかふらい より:

    こんにちは。

    先日、コメント頂いた潜伏確変で一戸建てを建てるブログのいかふらいと申します。

    相互リンク、RSSをお願いしたいのですがよろしいですか?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>いかふらい様
      もちろん大丈夫ですよ(^O^)。
      今からサーバー移転をして改装しますので明日の夜までにはきちんと設置しておきます。
      ブログ頑張って下さい。

      0
  2. いかふらい より:

    ありがとうございます。

    メタボ教授さんも改装頑張ってください。

    RSSを忘れていました。
    RSS http://senkakuhouse.com/?xml

    よろしくお願いします。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>いかふらい様
      ありがとうございます(・∀・)。
      久々の大改装なので緊張しております。
      スマホの方は変わらず来週までに頭の広告サイズが変わるだけです。

      0
  3. end より:

    教授さん、こんばんわ。
    過去記事を拝見していて、昔は競馬のほうが
    得意だったと書かれていたのですが、最近は
    いかがでしょうか?
    また予想スタイルについてはどういったもの
    でしょうか。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>end様
      競馬で飯が食えるほど稼いでいたのは10年くらい前まででした。
      血統予想がメインでしたが、今ではサッパリですね。
      自分の中では2011年のダービーが一番大きい事件でした。
      出走馬に全てサンデーの血が入っていて血統予想しようがないという・・・。

      オリジナルの理論を引っさげて馬券戦線に復帰する事も考えてますが、膨大な作業量が必要なので現状楽に勝てるパチスロメインとなっています。
      でもいつかはまた5号機ベニヤのような時代も来るでしょうから競馬をやめる事はありません。

      0
  4. end より:

    返信ありがとうございます。
    食えるレベルというのは凄いですね。
    SSだらけになって確かに血統予想も
    難しくなりましたね。ただマンハッタン
    カフェ、キングカメハメハがリーディング
    とった頃よりは今のほうがわかりやすいと
    考えております。
    ちなみに勝てる券種の選択はどうお考えで
    しょうか?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>end様
      まあ確かにマンハッタンカフェがリーディングを取ったのは事故ですよねw
      券種は基本馬連と3連複です。
      明確な着順根拠がある場合のみ2単と3単を買います。
      ただ6月から払い戻し率が変わりますので、買い方は少し変わります。
      そこらあたりはまた後日ブログで語ろうと思います。

      0
  5. くればぁ より:

    こんばんは。

    なるほど、わざとですか。そういう考えもありますね。
    ただ、新しい試みをする場合はリスクが付きものです。もし教授の考え通りなら、1番人気の時には試さないでほしかったってのが、馬券を買ってた側としてはそう思います。
    また、武豊騎手の日記には、ゲートの中で落ち着きを欠き、まだ開いていない扉に突進してしまい、はね返されて下がったところでゲートが開いてと、最悪のタイミングになってしまった結果でした。 ゲートのタイミングというのは非常に微妙なもの。出たい気持ちが強い馬ほど、今回のようなケースにはまりやすいということも知っておいてください。
    と書かれていたので、スタートの良い馬のリスクを考慮して予想しなければいけない事もあるのだなと思いましたが、正直そこまで考えて予想するのはめんどくさいですね。

    ジャスタウェイは強かったですね。
    競馬予想TVで市丸さんが、ジャスタウェイは天皇賞を境に覚醒したと言ってましが、同じ天皇賞馬で横典騎手が騎乗していたということもあり、個人的には、カンパニーをほうふつさせるものがありました。この先が楽しみです。

    コパノリチャードは風水の力が働いてたとはいえ、逃げなければ力が発揮出来ない馬を、他の騎手はどうして簡単に逃がしてしまうのかが疑問ですね。
    宮杯は浜中騎手がドバイに行くため、Mデムーロ騎手になるとの噂です。

    ダノンシャーク、私もマイラーズCに賛成です。

    では、長文失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      パトVTR見なおしてみたら武豊騎手の言っていた事は多分あってます。
      すみません、m(_ _)m地面スリスリ。
      自分は通常アングルでしか見てませんでしたので、ゲートから手綱を前に押す仕草が全くなかった理由でそうかいてました。

      こういう馬は次も出遅れの危険性があります。
      次どこ使うにしろ中山1800程は1コーナーまでの距離は短くないでしょうから外枠を引けばリカバーも効くとは思いますが、内枠なら押さえ評価までだと思ってます。
      トウケイヘイロー自体は強い馬なので見限る必要はないですが、基本ロングスパートレースを作る馬なのでそういう適正がある馬を買うようにしています。
      ジャスタウェイもそういう部類の馬なのでドバイもペース次第だと思っています。

      コパノリチャードはデムーロですかあ。
      というかデムーロはドバイに行かないのですね。
      ヨーロッパ系の騎手が日本の1200のG1を走った記憶があまりないのですが、
      上手に捌けるかどうか楽しみです。
      自分は他の馬を買いますけど。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ